RSS

記事一覧

乖離性が勢いを増す中、スマホ版の拡散性ミリオンアーサーがサービス終了。

IMG_4058
2014年12月26日本日、『拡散性ミリオンアーサー』(拡散性)のサービス終了が発表された。
12月27日午前0時にメンテナンスに入った後、2015年1月19日にサービス再開。1月末に課金システムを廃止し、3月30日にサービス終了となる予定だ。

なお、PlayStation Vita版・ニンテンドー3DS版・Amazonアプリ版についてはサービスを継続し、「最大限盛り上げていく」という。また、スマホ版の『拡散性ミリオンアーサー』のプレイヤーには、プレイ状況に応じた引き継ぎ特典も用意される。

サービス終了の予兆は、数ヶ月前からあった。
というのも、拡散性に登場する新規カードのイラストレーターの面子が変化し、今までMRカードなどを書いていた絵師が消えたのだ。
絵師が消えた理由は『乖離性ミリオンアーサー』(乖離性)が始まってその理由が分かった。そう、消えた絵師たちは乖離性のイラストを描いていたのだ。

ミリオンアーサーの命とも言えるイラストを注ぎ込み、「正統続編」と言われた乖離性は好スタートダッシュを決めた。反対に、拡散性は命を吸い取られて人気が落ちサービス終了となった形となる。
補足すると、乖離性の人気はイラストの力だけではなく、ゲームが今風の面白いゲームになっているからでもある。
今人気の放置系ゲームの仕組みを取り込み、時流に乗った内容は見事だと思う。

さて、サービス終了の理由は、突如発表された『拡散性ミリオンアーサー』 サービス終了の真相を訊く [ファミ通app]で詳しく語られている。
決定的な理由として、コアスタッフが抜けてプログラムの修正が思い通りに行かなかったことがあるという。
『拡散性』を配信する前後で、とあるどうしようもない事情からコアスタッフが抜けたんです。
コアスタッフが抜けてしまったがゆえに、核となるプログラム部分がブラックボックスのようなものになってしまい、それを手探り状態で更新していたんです。それをなんとか打破しようと考え、運営1年後のタイミングでいまの運営会社に移管をしました。そのタイミングでプログラムを1から作り直そうという話もあったんですが、通常の運営をしながら並行して新規でプログラムを作るのは思った以上の難易度で、想定していた作りにはなりませんでした。結果、運営のしやすさはさほど変わらない状態で、新しい仕組みを取り入れることも難しくなっていました。そのような大きな壁にぶつかったことが、ひとつの要因です。
実際、プログラムの改修はとても遅かった。
「ついに○○ボタンがトップ画面についた!」とか、そんなレベルで話題になるゲームはスマホ版の拡散性ぐらいだろう。
さらに言えば、運営もとても悪かった。詳しくはここにまとめてある → メディア・業界の方へ『拡散性ミリオンアーサー』の不誠実な運営に私は怒っています。
そんな状態がゆえに運営の体力も厳しいものになっていたことです。
逆境の中でイラストを削った結果、体力が削れてサービス終了となったのだろう。
インタビューにあった通り、スクエニには人気絵師を引き上げても2作品同時に運営しようという意思はあったと思う。しかし、予定より開発期間が延びて拡散性が勢いを失いすぎたのだとゲーキャスは想像している。

なお、個人的にはPS Vita版の拡散性が移住先としておすすめである。
PS Vita版は、「スマホ版のプログラムがしっかりしていて運営が良かったらどうなっていたのか」という歴史のIFを見られる貴重なゲームだ。
Vita版は新要素を入れても、不評部分は素早く対応して修正しユーザーに納得させているし、イベントに関しても評判が良い(ちなみに、Vita版は本当に安定しているので拡散性の移住先としておすすめだ)。

では乖離性のはどうなるのかというと、まだ当分流行ると思っているので、やはり移住先にしてもいいと思う。
もともと“『拡散性』の運営はクソだ”という評判があったんですよ。(中略)そんな状態で『乖離性』をスタートさせてみたら、「あれ? 運営いいじゃん」って雰囲気になっていて。
というコメントについては、確かに、と思う部分もある。拡散性で欠陥だらけだったイベントはかなり改善されていて、あとはカードのインフレ調整を間違えなければ長寿間違いなしだ。

ただ、前登録の報酬をいきなり追加してそれまでに事前ガチャを回したプレイヤーに追加負担を強いる後出しを行ったり、公式Wikiに寄せられたバグ報告コメントは表示しなかったり(公式Wikiについては運営しているファミ通の独自判断の可能性がある)と、根本は変わっていないようで、ゲーム内容だけでなく運営も拡散性の正統続編といった感じはある。

しかし、ゲームは面白さがすべて。少し運営が悪くても、ゲームの基本が面白くできていれば運営の小さな欠陥は短期的には小さい。
大きな事故がなければ、ずっとユーザーに娯楽を提供してくれることと思う。

最後になるが、こんな時でも弱酸性はいつも通りで安心した。
単行本はよ!
IMG_4061
▲終わるゲームに「いつでもあなたのミリオンアーサー」とは。

(GCドラゴン)

アプリリンク:
乖離性ミリオンアーサー (itunes 無料 iPhone/iPad対応/GooglePlay)

 コメント一覧 (14)

    • 1. あ
    • 2014年12月26日 23:15
    • ファミ通から引用してるっぽいが、著作権的に大丈夫なのか。
      まあ、それはさておき、プロデューサーの失言が火に油だったな。
      インタビュー読み返すとアホとしか思えん。
      拡散性は、これからの受け皿は作ったが終わるべくして終わっただけだな。
    • 2. い
    • 2014年12月26日 23:19
    • 乖離性もサイレント修正いれて、知らん顔しているよ。
      ファミ通の公式wikiもサイレント修正でゲームも攻略サイトも足並み揃ってる。
    • 3. GCドラゴン
    • 2014年12月26日 23:21
    • >>あさん
      引用の範囲で通ると思っています。
      ファミ通のインタビューはなんですかね、あれはあれでいいかなぁと思いますが。
      私のように「数ヶ月前からイラストレーター引き上げていたよね」とか言う人がいなければ。

      >>いさん
      自分はさすがにガッツリやっていないので、その当たりは把握できていません。
      見ないと何とも、というところなので指摘しようもないですね。クレアバグはもう、何も言えない(笑)
    • 4. ななっしー
    • 2014年12月26日 23:27
    • ネトゲやめられない症候群の私としては、終了と聞いて、
      ほっとしたなぁというのが正直な感想です。

      ただ、各種メディア展開したり、中国で流行ったりしてる
      (アクティブユーザーをフレにしてたらしらぬまに半分以上、中国人になってた)中、
      サービス終了というのは本当に力尽きたんだなぁって気がしますねぇ。

      個人的には乖離性の引き継ぎ特典はいいので、弱酸性の電子書籍データがほしい……。
    • 5.
    • 2014年12月26日 23:47
    • ファミ通がwikiに関わるゲームは全部サイレントしてるでしょうね。
      一応外部が運営してるアピールで、まずいことには蓋をできる環境を整えた感じかと。
    • 6. ハミ通
    • 2014年12月27日 12:51
    • ソシャゲは消費者の立場が弱く、メーカーは平気でかなりあくどいことをやっているのに、商業メディアは裏の面を決して取り上げてくれません。そこをちゃんと指摘してくれるゲーキャスさんの記事は貴重で、いつも感謝しています。

      ただ、
      >前登録の報酬をいきなり追加してそれまでに事前ガチャを回したプレイヤーに追加負担を強いる後出しを行ったり
      ここが何のことを指しているのかわかりません。グレイとパーシヴァルURがガチャに追加されたことですか?それがなぜ追加負担を強いることになるのでしょうか?なにか事実誤認がないでしょうか。
    • 7.
    • 2014年12月27日 15:17
    • ちょぼ漫画を見返していたらMA2周年の時に目指せ10周年!岩野なら出来る!的な事が描いてあった
      今見返すと流石はにょぽみ、毒が効いてていいなw
    • 8. GCドラゴン
    • 2014年12月27日 19:29
    • >>ハミ通さん
      あとから追加されることにより、いったん先行ガチャを終えたプレイヤーがまた先行ガチャを回すこととなったからです。
      最初にガチャを終えたと思っていたプレイヤーに対し、事前に予告なく後付け新ルールをで再度ガチャを要求するという点で良くないと思っています。
    • 9.
    • 2014年12月27日 23:38
    • いや、そんなこと言ったら何も出来なくなりますよ。
      変化していくのもこの手のゲームの醍醐味でしょう。
    • 10. ぽ7
    • 2014年12月28日 15:43
    • 今流行ってる放置系ゲームの~、っていうのは何の事でしょう?探索?

      あと、今流行ってる放置系ゲームというのが何かをよければ教えてもらえないでしょうか。好きなんですけど、最近そんなに見た覚えがないので。
    • 11. う
    • 2014年12月28日 18:08
    • ツイッターで発言しないと余分にガチャ引けなかったからでしょ

      毎回思うけど、流れを理解してない人は絶対にいるから
      過去ログ読め、って対応すれば良いんじゃないかな

      じゃ無いと再度噛み付いてくるし、不毛ですよ
    • 12. GCドラゴン
    • 2014年12月28日 18:54
    • >>ぽ7さん
      放置系ゲームと言うジャンルが流行っているなかで、探索は放置系。
      あまり話題になりませんが、にゃべるの塔やマンボウ、新型中二病など多くの放置系ゲームがダウンロードされており、レビュー数もほかのジャンルとは桁違いです。
      放置系というのが話題になるレベルになったのではなく一昔前の「日本はRPGだよね」というレベルでストアに定着していると感じています。

      探索放置で得た力をイベントという本番で出し尽くす構造は見事だと思いましたね。
      そしてイベントでゲットしたカードは、また放置してチアリーで成長させる、と。
    • 13. ぽ7
    • 2014年12月29日 15:48
    • そもそも放置系の認識に違いがあったようですね。
      個人的にマンボウや新型中二病は、遊んだものの放置系と認識していませんでした。
      僕まか、冒険者ギルド物語あたりを想定していて、その路線で新しくて面白いものが出たのかなーと。
    • 14. GCドラゴン
    • 2014年12月29日 20:17
    • >>ぽ7さん
      なるほど、理解しました。
      確かに放置系ゲームと言うとそういう印象もありますね。
      ゲーキャスではあるぱか兄さん以降、実時間で待つと進む育成系を「放置系育成ゲーム」としております。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント