RSS

記事一覧

ARTIFACT ADVENTURE 外伝、制作者インタビュー。どうだい この プロジェクトに てを かさねぇか?


ロマサガ風のフリーシナリオ(かつ、それがエンディングに大きく影響を及ぼす)で世界で人気を博したRPG『ARTIFACT ADVENTURE』。
その次回作となる、『ARTIFACT ADVENTURE外伝』が現在MAKUAKEで資金調達中だが、現在のところ苦戦しているようだ。

ARTIFACT ADVENTURE』は、ゲーキャスの好きな「短時間で遊べて何周でも楽しめるRPG」だったので、なんとしてもリリースしてもらいたい。
そこで、ゲームを応援するべく開発者のbluffmanさんに突撃インタビューしてきた。資金援助するか悩んでいた方は、このインタビューを見て考えてみて欲しい。

ゲーキャス:
今日は『ARTIFACT ADVENTURE』、短時間で遊べて何周もできるRPGがまた遊びたくてインタビューに来ました。
よろしくお願いします。さて、月並みですが、bluffmanさんがゲームを作り始めたきっかけを教えてください。

bluffman:
ファミコン、ゲームボーイ、スーファミとなぜかRPGばかりを遊んでいました。
ノートにRPG風の物語を書いたり、DQバトルエンピツのMOD(拡張)を自作したりしていたのが、RPGツクールに出会って作られたのが『ARTIFACT ADVENTURE』です。
ゲームが好きだった、ゲームっぽいものを作るのも好きだったので、ゲームを作ることになったのは必然だったと思います。

ゲーキャス:
アツいですね!自分も、高校生の時は似たように作っていました(笑)
そのままTRPGにハマっていったんですが……と脱線してしまいました。
bluffmanさんは、多彩なジャンルのゲームを作っていますが、すべてご自分で作られたのでしょうか。

bluffman:
ゲームによって、メンバーが替わります。ときには、中心メンバーも替わりますね。

ゲーキャス:
ゲーム製作集団と言った形なんですね。『Artifact Adventure』をプレイしたときは生粋のツクーラー(※RPGツクールでゲームを作る人)かと思ったのですが、経歴を拝見するとシューティングもあるし、アクションもある。
海外で評価の高いゲームがあるかと思えば、日本でも評価されている。
やっと疑問が解決されました。
さて、それでは前作『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』についてお聞きしたいと思います。ずばり、外伝を作ろうと思った動機を教えてください。

bluffman:
『ARTIFACT ADVENTURE』はDQやFFが発売している時期に自分がRPGを作れたら、という思いつきから作られたファミコン風のRPGです。
続編なら本来は『ARTIFACT ADVENTURE 2』なのでしょうが本編とは違ったシステム(キャラメイクなし/仲間選択式)で作りたいと思ったので『外伝』としました。

ゲーキャス:
個人的には、ゲームボーイ風というのはややニッチなイメージなのですが、なぜゲームボーイ風を選んだのでしょうか?

bluffman:
『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』がゲームボーイ風なワケはゲームボーイでは本編の外伝的な作品(聖剣伝説)がわりとありそれにならって、です。
もともと自分がDQやFFが出ている時期にゲームを作れたら、という考えからARTIFACT ADVENTUREが作られていますので、それのゲームボーイ版ですね。

ゲーキャス:
なるほど、時代背景を抑えたこだわりが!確かに、SFC時代のゲームはゲームボーイで外伝が出ましたね。だから、ゲームボーイ風を選んだ、と。
では、『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』の魅力とは!?本編とどうかわるのでしょうか?

bluffman:
『ARTIFACT ADVENTURE』が突飛な部分があるゲームですので、『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』もまた突飛な部分があります。

例えばスタート地点の城で同行者を決めるシーンですが、剣聖の称号を持った老騎士(レベル99)を同行者として連れて行けば百人力ですし、お金持ちの貴族を連れて行けば、1000000Gはあなたのものです。
(『ARTIFACT ADVENTURE』世界の王様は1Gもくれないので、大金ですよね)
pic1_r
▲前作では、開始時にものすごいアイテムが1つだけもらえた。今作は仲間になるようだ。

ゲーキャス:
それは、すごい面白そう!何でも買えるっていいですね!貴族を仲間にしたい!

bluffman:
また多数のクエストで様々な選択が出てくるゲームでもあります。変化する未来。その未来はあなたが選択をする事で創りだされます。創りだした未来を旅することで、あなたが下した選択のその後を知ることになりエンディングを迎えることで、さらに先の未来が書かれます。
さあ、あなたの未来の形は……といったところですね。

ゲーキャス:
GB風であることを活かした演出などがあるのでしょうか。

bluffman:
演出といえるかは分かりませんが、曲はゲームボーイ音源で作ってもらいました。
また、携帯機なのでどこでもセーブできたり、本編より遊びやすくはなっているかと思います。
RPGは遊ぶのに時間がかかるため、昨今は敬遠される事もありますがひとつの街に着いたら、ひとつのクエストを遊んで終える、クエスト途中でもセーブしてあとで続きを遊ぶ。
などのように少しずつ遊ぶ事が出来るように制作しています。

ゲーキャス:
なるほど、見た目も音も、プレイも携帯機風になる、と。徹底していますね。そういえば、見た目は魔界塔士SAGA風にも感じましたが、影響はあるのでしょうか?

bluffman:
ゲームボーイのRPGといえばやっぱりSAGAですよね。SQUAREの影響はかなり強いです。
detail4_r
▲スクウェアの影響を感じる画面。

ゲーキャス:
おお、SFC世代のツボを突く発言!
さて、そんな外伝でクラウドファンディングを使うことになったのは何故でしょうか?
200,000円という額はゲーム1本作るには少ないですよね。

bluffman:
主に戦闘シーンのドット絵やBGMの制作資金として使いたいというのが一番ではあるのですが、稲船さんやNIGOROの楢村さんがクラウドファンディングにチャレンジしていたのを見て、さすがにこんな金額を集めるのは無理と思いつつ、「いろいろな立場の人がいろいろな立場のままに」ゲーム制作にチャレンジできると楽しいんじゃないかなと思い、まずはやってみるか!とチャレンジしました。
(20万という額は)少ないですね。まずは小さなところから初めてみようかなと。あまり大きな金額を集めない&集められなくても成立すれば、いろいろ面白そうなゲームが見れそうじゃないですか?

ゲーキャス:
少額集めてゲームを補強して作る流れを作ってみたい、ということなんですね。確かに、そういう時代が来たら面白そうです!
では、クラウドファンディングサイトがたくさんある中で、MAKUAKE選んだ理由は?

bluffman:
稲船さんの『Mighty No. 9』があったこと、『ARTIFACT ADVENTURE』がリリースされているPLAYISMで『Quad Cross』というドラマCDが配布されていて、『Quad Cross』もMAKUAKEを使っていたからですね。
時期がずれていたら、『ghostpia』が載っていたcrowdriveにしたかもしれません。ゲーム専用みたいなので。
MAKUAKEってリアル商品とかが多いので、トップに載っているとゲームは場違い感があるような気まずい気もします。

ゲーキャス:
ちなみに、20万集まらなかったときはどうなるのでしょうか。

bluffman:
集まらなかった場合はですね。
『ARTIFACT ADVENTURE』の選択の結果じゃないですが、多少形が違った状態で(ゲームを)お見せする事になるんじゃないかなと思います。

ゲーキャス:
100%の構想が実現できなくなってしまうのですね。なんとしても20万は行きたいですね。

bluffman:
そうですね。でもまったく知らない方からも支援(結構な額)をいただけたので、可能な限りの形にはしたいですね。
クラウドファンディングって知り合いの方からの支援がすごい重要とのことですが、名前も顔も知らない方からの大きな支援は単純に力になりますね。

ゲーキャス:
知らない人が応援してくれていることが、純粋に嬉しいですよね。

bluffman:
LA-MULANA制作者の楢村さんからも今日支援いただけて(頼んではないのですが)嬉しかったですね。
20万いきたいです。

ゲーキャス:
お話を聞いていて、特にゲームスタート時の選択肢にはワクワクさせられました。
元々、『Artifact Adventure』も選択肢が豊富で面白かったのですが、それがまた姿を変えて出てくるのが嬉しいです。
だから、20万行って欲しい!ボクが支援するのはもちろんなのですが、この記事を見ている方にも何かお願いします。

bluffman:
ゲームキャストに取り上げていただけるとはまったく思っていなかったので気の利いたことが言えませんが、『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』はRPG好きが作るRPGなのでRPGが好きな方にはぜひ遊んでほしいと思っています。

そして『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』以外にもそうくるか!というようなゲームの種がまだまだありますので
これからbluffmanに注目してくださると嬉しいです。

ゲーキャス:
では、これで最後になりますが、なにか言い残したことはありませんか?

bluffman:
「どうだい この プロジェクトに てを かさねぇか?」
ニアはい いいえ

ゲーキャス:
最後のセリフ、ずるい(笑)
ありがとうございました!

いかがだっただろうか。短い記事だが、bluffmanさんのゲームに対するこだわりを少しなりとも伝えられたと思う。
このゲームが100%の形で提供されるには、200,000円の資金が必要となる。
それも、12月26日の18時までに、だ。気になった方はぜひ、急ぎで資金を提供して上げて欲しい。

資金を提供する方法やそれに応じた特典もあるので、下記のページから詳しい内容を確認してほしい。
あのころのRPGをいまの携帯ゲーム機で。ARTIFACT ADVENTURE外伝 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

コメント一覧

    • 1. 名無し
    • 2014年12月26日 10:39
    • もう目標金額まで集まってますね

      宣伝効果すごいですね
    • 2.
    • 2014年12月27日 01:32
    • いつも王様なら全部よこせと思ってしまう。
      ドラクエの王様よりはありがたいんだが…。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント