RSS

記事一覧

タイトー冬の新作、アルカノイド VS スペースインベーダーを遊んできた。出落ちじゃなかったよ!

invader1
タイトーさんに伺って今冬リリース予定のゲームを遊んできた第3弾。
『アルカノイド vs スペースインベーダー』を紹介しよう。
往年の人気ゲーム、『アルカノイド』と『スペースインベーダー』が融合した超豪華ゲームは…出落ちではなく、ちゃんと遊べるスマホゲームになっていた。
※テスト版の感想なので製品版は変わっている可能性があります。

本作は、アルカノイド宙域に攻め込んできたインベーダーを、『アルカノイド』の自機、バウスで迎撃する「全反射迎撃アクション」だ。
このゲームは2種類のフェーズがある。
まず、インベーダーの弾幕を受ける【インベーダーフェーズ】からゲームは始まる。
弾を受けきれずに画面下に落としてしまうとダメージを受ける仕組みだ。
invaderr1

そして、弾を受けてエネルギーがチャージされると【アルカノイドフェーズ】に移行!
invader2

アルカノイドフェーズでは、指をスラッシュ(スワイプ)下方向に玉が発射され、普通にアルカノイドが始まる。
必殺の角度を見切って発射し、効率良く反射させてインベーダーを倒すのだ。
invaderrr1

敵弾を受け止める忙しいアクションと、角度を見切って弾を発射するアルカノイドな反撃とが合わさって、かなり楽しく遊べた。

巨大ボスが登場したり、懐かしいキャラクターが登場するのも見ていて楽しい。
invader3

まだ未完成とのことだったので、実際に出てくるときにはだいぶ異なるゲームになっている可能性はあるが、懐かしくも楽しく遊べるゲームとなっていた。

唯一難点と感じたのは「これ、アイテム課金式らしいけど、どこに課金するの?」というところ。
正直に感想をぶつけてみたところ、「課金より、面白くするのが先」と当たり前のことを言われてしまった。
ちょっと課金ゲーに毒されすぎて反省したゲーキャスであった…。

ということで、さらに磨きをかけて出てくるであろう完成品が楽しみな1作だ。
なお、冬の新作は『バブルンマーチ』も含めて4作発表されているが、今回は「ゲーキャスがやりたいものだけやらせてください!(スゴいお願いだ…)」で遊びに行ったので、コレにて終了。

わざわざ発表会をやるだけあって、どのゲームも「誰か」に刺さるゲームとなっていたように感じる。
個人的には『アイドルクロニクル』(すっげーグラフィック!)と、『Wizrogue』(渋すぎるッ!しかも音楽は土屋昇平さん)の2つは特に気になっている。
はやく、iOS で出ますように!

関連リンク:
タイトー冬の新作、ウィズローグの話を聞いてきた。あれ、魔法名が…!?
タイトー冬の新作、アイドルクロニクルを体験。ただのアイドルゲーで終わらない映像美。

(c)TAITO CORPORATION 1978, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.

 コメント一覧 (2)

    • 1.  
    • 2014年12月07日 22:08
    • 「課金より、面白くするのが先」

      素晴らしい。
      面白くするより課金が先の奴らには反省して頂きたい。
    • 2. 魔
    • 2014年12月08日 02:07
    • 2 うーん・・・
      「課金より、面白くするのが先」
      面白いのはゲームを作る上で当たり前の大前提の話で・・・

      むしろテスト段階とはいえ、課金のしどころがアイテム課金なのに見当たらない・伝わってこないのはサービス開始後の展開に不安を抱くレベル。

      どんなに面白かったとしても次に繋がるだけの売上を稼げないなら、商業ゲームとしては失敗作です。
      (趣味の同人ゲームなら一発屋で良いんだけれども)

      うまくその辺りまで磨き上がってくれると良いんですが。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント