RSS

記事一覧

Paint it Back - 美術館を蘇らせる演出と、アートのセンスが抜群なピクチャーロジック。

paintitback
『Paint it Back』は、絵画から絵が消えてしまった美術館を舞台に、画家なって絵画を修復するピクチャーロジックパズルだ。
ピクチャーロジックとは、ヒントを元にマスを塗りつぶしてイラストを完成させるクイズの総称で、『ピクロス』という名前で親しまれている人気ジャンル。
AppSotreでも多くのアプリが出ているが、ゲーキャスとして現在最高と思わせる1本がこの『Paint it Back』である。

基本となる操作性が良いのはもちろんだが、ゲームの舞台設定を活かして付加価値をつけ、単なるピクチャーロジックパズルの域を脱したゲームとなっている。

『Paint it Back』は2つの点でとても優れている。
1つは、パズルを解いて完成する絵画のクオリティ。
いずれも良い感じのピクセルアートで、完成品を見たときの満足度が高い。
IMG_3408

もう1つは、美術館という設定を活かした演出。
プレイヤーが絵画を修復すると、取材陣が写真を撮りにくる演出があってかなり気分が良い。
IMG_3376

完成させた絵画は額縁に入れて美術館に飾られ、美術館の展示を見るかのように眺められる。
問題をたくさん解くと、美術館を眺めるのが楽しい。
IMG_3384_r

ピクチャーロジックについては、『スマピク』の記事で書いているので、そちらを参考にどうぞ。
IMG_3385

内容はピクチャーロジックに慣れた人向けだが、こちらも初心者でもゲームのルールが把握できるようにしっかりとしてチュートリアルと、その場で間違いを指摘してくれるヒント機能「Helping Hand」が用意されている。
ただし、「Helping Hand」を利用するとクリアしたことにならないので、しっかりと上達していかないと先に進むことはできない。
IMG_3371
▲画面右下のボタンでヒント機能のオンオフができる。

もちろん、長所があるだけでなく、操作性もそれなり以上に優れている。
問題もバラエティに富んでおり、5×5マスから、30×30マスといった巨大な問題までガッツリ楽しめる。

マスを塗るときは、ペンボタンをタッチしてからマスを直接タッチするだけ。
まとめて塗りたい時は、タッチした場所から指をスライドすればそのまま塗りつぶせる。
IMG_3382
▲スライドすると一気に塗れるので、いらないマスを塗らないように注意。

このとき、キャンバスにインクが飛び散るのがとても気持ち良い。
また、塗るにつれて絵画が完成していき、その過程を見ているのも楽しい。

塗り間違えたときは、塗ったマスをまたタッチすれば消せる。
IMG_3400

なお、オプションでパッド操作も選択できる。
こちらは塗ったマスの数を数えやすいが、ボタンのサイズが小さめなので、iPhoneでは少し操作しづらいかもしれない。
IMG_3444

iPhoneで巨大な問題を遊ぶ配慮もばっちりだ。
問題のサイズが10×10以上になると、巨大な問題を小さく分割する【Nomalモード】で遊ぶか、大きなサイズで遊ぶ【Proモード】で遊ぶか選択できる。
Normalモードでは、難易度が下がってプレイしやすくなる。
IMG_3392

Proモードでは巨大な盤面に挑むが、ビンチ操作で問題を拡大できるので細かい塗りもできるし、拡大してもヒントの数字が隠れない仕組みもある。
まとめて塗るときには塗っているラインの色も変わり、十分遊びやすい。
IMG_3398

なお、超巨大な問題はProモードでも4分割され、Normalモードではさらに細かく分割される。
例えば、20×16の問題はNormalでは10×8の問題4つに分割されるが、Proモードではそのまま。
40×24の問題はNormalでは10×12の8つに分割され、Proモードでは20×12の4つに分割される。

自分が知る限り、これだけ操作しやすくてイラストのクオリティーが高く、本格的な問題が遊べるピクチャーロジックはほかに存在しない。
なので、ピクチャーロジック好き、パズル好きの方はぜひ試してもらいたい。

ゲームは無料で30ステージが遊べるので、そこまで遊んでプレイし足りないと思ったら300円払って完全版(合計150ステージ)にするのがおすすめだ。
iCloudでのセーブデータの共有にも対応しているので、外ではiPhone、家ではiPadの大きい画面で遊ぶこともできる。
IMG_3405

なお、『Paint it Back』はやや難易度が高めとなっている。
なので、ピクチャーロジック初心者の方は『スマピク』をプレイしてからこちらを遊ぶとスムーズに遊べる。
『スマピク』も良いピクチャーロジックアプリなので、このアプリが気に入った方は合わせてどうぞ。

評価:3.5(かなり面白い)

おすすめポイント
大きな問題でも遊べる操作性
その場でミスを教えてくれるヒント機能付き
美術館の絵画を修復する演出
150ステージの大ボリューム

気になるポイント
大型のパズルはiPhoneだと少し操作が面倒。

課金について
追加ステージ1セット100円(各30問を4つ)
全ステージセット300円

(GCドラゴン Ver1.3)

アプリリンク:
Paint it Back (itunes 体験無料 iPhone/iPad対応)

動画:

 コメント一覧 (1)

    • 1. 916
    • 2014年11月13日 16:24
    • これいいっすね、個人的にはスマピクより操作しやすいように感じました
      でもやっぱりピクロス系はiPhoneだと見づらいですね、iPadでやりたいです

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント