RSS

記事一覧

Google、基本無料アプリを「無料」と表示しないことを決定。Appleもこれについてコメント。

tree_wood_6
Forbesの記事によると、Googleは自社のアプリストア「Google Play」にて、「アプリ内課金があるゲームアプリを無料と呼ばない」ことを決定した。
現在は基本無料も、無料ゲームも「無料」の表記だが、2014年9月までに表示が変わる見込みだ。
ただし、表示が変わるだけなのか、新たにカテゴリが新設されるのか、具体的な対応はまだ不明となっている。

欧州では無料ゲームアプリを子供がプレイし、勝手に課金することが問題となっており、Googleはこの問題について European Commission(欧州委員会)に勧告を受けていた。
欧州委員会の勧告は以下の通りだ。

・ゲーム広告は、「無料」と称して実際のプレイにかかるコストを消費者に誤解させてはいけない。
・ゲームは、ゲーム内アイテムを購入のために子どもが親を説得するよう勧めてはいけない。
・消費者に、購入の支払い規約について十分に通知されなければいけない。また、明示的な同意のない初期設定によって購入させてはいけない。
・販売者は消費者からの質問や苦情を受け付けるメールアドレスを公開する。
今回の「無料表記」の禁止はこれらを守るための一環となり、それ以外にも、アプリ開発者用に子供がアプリ課金することを防ぐガイドラインも用意されるとのこと。
Google これらの勧告に従って、2014年9月までに改善することを発表しており、アプリ開発者は急激な変化の波にさらされることが予想される。

また、欧州委員会は「Appleはまだ具体的な解決に取り組んでいない」とコメントしており、Appleはそれに対して自社の取り組みを説明し、最後にこうコメントを残している。

「私たちのゴールは顧客に最良の経験を供給し続けることです。
私たちはEC加盟国の要求を満たすために仕事をし続けるでしょう。」

ライバルの対応に対し、Appleも追随することが予想される。

昨年から欧州にてアイテム課金制ゲームに「無料」表記を禁じる議論が巻き起こり、2014年7月に入って
Amazonが連邦取引委員会に提訴され、いよいよ基本無料ゲーム問題が本格化してきた。
これに対応しても、顧客保護の厚い欧米ではさらなる規制がもたらされる可能性が高い。
おそらく、次は「ガチャ」がやり玉に挙がる番だろう。

関連リンク:
Google To Stop Labeling Apps With In-App Purchases As 'Free' - Forbes
欧州にてアイテム課金制ゲームに「無料」表記を禁じる議論発生。
Amazon、連邦取引委員会に提訴される。

 コメント一覧 (16)

    • 1. うん
    • 2014年07月20日 19:20
    • ゲームはフルに遊べるが広告が出て、それを除去する課金のみがあるような個人制作のタイトルも無料と表記できないなら、迷走としか言いようが無い。元の意味通り「基本無料」でいいじゃん。間違って払う奴はどうなってても払っちゃうよ。よく読まない性格なんだし。
    • 2. まあね……
    • 2014年07月20日 22:20
    • ※1
      昔みたいに無料版と有料版を別のアプリとして登録することになるんじゃないかな
    • 3. アデ之新
    • 2014年07月20日 22:52
    • 広告除去とフリーミアムとアイテム課金は微妙に違ってきますよね
    • 4. まないた
    • 2014年07月20日 23:08
    • やっと正常な世界が垣間見れたような……ちょっとスッとしました!
      基本重課金ですね!
    • 5. [O_o]
    • 2014年07月20日 23:10
    • 本当に無料の作品の中に出てくる広告バナーの先が、基本無料だったり買い切り有料だったりする場合はどうなるのだろうか。

      広告を導入するしないは当人の意志によるところだから、そのゲームの1要素とみなされて無料扱いされない?

      無料を掲げるんじゃなくて一部有料・有料の要素を含むとかにするんじゃダメなのかね。
    • 6. PSY
    • 2014年07月20日 23:28
    • スッキリ分かりやすくポチる時のみで有料・無料がいいわ。
      後から広告外すにはーとかフル機能にするにはーとか面倒。
    • 7.
    • 2014年07月20日 23:54
    • 基本無料と完全無料でいいじゃん。
      Basic FreeとPerfect Freeね。
      基本無料って間違って無いと思うんだよね。
      基本的には無料なわけだし。
      英語表記はfreeと書かれてるだけだから仕方ないと思うけど
    • 8. 名無し
    • 2014年07月21日 01:10
    • 間違って課金したなんてありえないんだよなあ…
      ただ基本無料を撲滅するのはガチャを撲滅するのと同じぐらい難しい
    • 9. hart
    • 2014年07月21日 06:43
    • 新規カテゴリが作られるとしてどういう名前になるんでしょうね。
      今はFree-to-playとかFreemiumという言葉がありますが
      片や婉曲的で片や専門的で子供には分かりにくい気がしますし。
    • 10. 名無しさん
    • 2014年07月21日 10:35
    • この問題は青天井の課金が可能な点である以上
      これで解決するとは思えないけどね

      1日最大1000円までとかの制限がほしい
    • 11. 774
    • 2014年07月21日 12:28
    • 3 子供の課金問題の解決にはならんわなぁ
    • 12. ry
    • 2014年07月21日 12:53
    • 「そのアプリの全機能を利用するのに必要な金額を表示」だったら、ソシャゲとかは「∞」になるんだろうか
    • 13. 773
    • 2014年07月21日 13:21
    • 解決にはならないけど
      予防にはなるわー
    • 14. eee
    • 2014年07月21日 14:29
    • 現状、2014年9月までにストアが変更されるのは欧州のみで、それが全世界共通になるかはまだ決定してないのでは。欧州のみのピンポイント対応ではないかと考えられます。
    • 15. 通りすがり
    • 2014年07月21日 15:27
    • >9
      Free-to-playとかFreemiumぅて単語は「Free」を含んでいるから使えないでしょ。同じ理由で日本語の「基本無料」も使えない。

      有料カテゴリにまとめられるか、新たに「課金あり」カテゴリが新設されるのか。
    • 16. 無名
    • 2014年07月22日 23:44
    • 無料(広告除去含む)と課金有りと有料でランキングが分かれるのならランクインするソフトも増えて
      新しく評価されるソフトも出てくるかもしれませんね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント