RSS

記事一覧

THE RHYTHM OF FIGHTERS レビュー - SNKの曲を、SNKの過去作のリメイクシステムで、SNKキャラと共に遊べる音ゲー。

THE RHYTHM OF FIGHTERS (itunes 100円 / GooglePlay)
rof_1
SNKの楽曲を使って、SNKの音ゲー『Cool Cool Toon』を超簡略化したシステムで、『King of Fighters』のキャラクターたちが戦う。
『THE RHYTHM OF FIGHTERS』は、まさにSNKづくしのリズムゲームだ。

音ゲーとしてみると質に疑問が残るが、SNK好きならば買って損はない。

このゲームは、リズムゲームをプレイして、結果に応じてキャラクターが戦うリズムゲームだ。
なので、プレイ前には使用キャラクターを決める。
rhyzmoffighters_02

アプリ購入時は【草薙京】、【リョウ・サカザキ】、【雨宮アテナ】の3人が用意されており、【八神庵】、【ナコルル】、【テリーボガード】の3人が別途有料キャラとして用意されている。
キャラクターによって得意技などがあるが、プレイする上でとくに問題は発生しない。

次にサポートキャラクターを2人まで決める。
サポートキャラクターは「ダメージを1.25倍にする」とか「タイミング良く画面をタッチするとHP回復」などの効果をもつお助けキャラクターだ。

サポートキャラは顔グラフィックと台詞しか用意されていないが、かなりマニアックなキャラクターも拾っていてSNKファンにはたまらない顔ぶれだ。
rhyzmoffighters_03

【アテナ】のような有名キャラクターはもちろん、『クイズ探偵ネオ&ジオ』の【ネオ】などマイナーキャラが、ゲームタイトルの解説もなく「SNKキャラだから当然」とばかりに居座っている。
『武力ONE』の【遠野緋名子】なんか、本当にコアなファンしかわからんぞ…。
rhyzmoffighters_04
▲複数タイトルで登場するキャラクターは、基本的に一番古いゲームの絵柄に合わせてある。ラルフは戦場の狼Ver。

さらに、タイトル画面の曲ではNEO-GEOの起動音を取り入れた曲がかかっており、ゲーセン世代にはたまらない。
この時点でSNKファンは買う価値があると思う。
itunesで邦楽を買ったら最低1曲150円からなので、この曲のためにアプリを買うのは普通の曲を1曲買うより安いのだ。

そして、ステージを選んでゲームを開始する。
ゲームモードには【アーケード】と、アーケードでクリアした楽曲を遊べる【フリーモード】の2つがある。
アーケードをクリアすると楽曲が増えることを除き、ゲーム内容は変わらない。
rhyzmoffighters_05

ゲーム画面は一見『Cool Cool Toon』を思わせるが、実際は画面中央の円に配置されたマーカーと、だんだん縮まっていく楕円が重なったタイミングで画面をタッチする普通のタイミングゲームだ。
rhyzmoffighters_06

矢印がある場所はその矢印方向にフリック、ラインになっている場所では1回タップしてから画面を押し続け、ラインの終点で指を離す、一般的なタイミングゲームとなっている。
rhyzmoffighters_08

タイミングに応じて【JUSTHIT】から【MISS】まで4段階があり、入力が成功するとスコアが増えて、背後で敵を攻撃してダメージを与えられる。
rof_1

また、まれに出る金のマーカーを正しく入力できると、超必殺技でダメージを与えることも可能だ。
敵のHPをゼロにするとスコアが大きく増える。
rhyzmoffighters_10

逆に入力をミスすると敵からダメージを受けてしまい、HPがなくなるとゲームオーバーとなる。

で、1ゲーム終了するとスコアに応じて経験値が入り、キャラクターが強くなっていく。
なので、音ゲーが苦手でもキャラクターが強くなれば中盤までのステージは誰でもクリアできる。
rhyzmoffighters_11

全体としてみて、音ゲーとしては普通に遊べる程度だ。
キャラクターの動きが曲とシンクロしていないので、格ゲーと音ゲーを合わせた意味はあまり感じないし、タイミングがシビアだったり、曲が音ゲー向きではないものもあり、質の面ではイマイチ。
100円で14曲遊べるので「まあ、ありかな」といった程度だ。

しかし、SNKゲーとしてみると評価は変わる。
作品が極端に偏った選曲は気になるものの、すべてSNKの資産で作り上げており、SNK度はすごく高い。
マニアックなサポートキャラたちが、往年のSNK格闘ゲームのようにゲーム中にしゃべる演出にはニヤリとすること請け合いだ。
rof_2
▲サポートキャラが画面左上の枠でしゃべる

なので、音ゲーマーにはそこまでおすすめしないが、SNKファンが懐かしさで買うなら大いにおすすめする。
登場キャラを見て、「ああ、忘れられていなかったんだな」と懐かしむなら100円はとても安い。

自分はメインシステムと楽曲で『Cool Cool Toon』が登場したことに驚き、【ネオ】が登場して喜び、【マッドマン】が「オホッオホッ」と喋っているのを見て「ああ、買って良かった」と思った。
そんなおっさん向けのゲームである。

評価:2.5(価格分は楽しめる)

課金について
追加キャラ(1人300円)
追加サポートキャラ(3キャラで100円から200円)
追加楽曲(3曲300円)

おすすめポイント
キャラクター、楽曲、システムまでSNKづくし
マニアックなキャラクターまで出演している

気になるポイント
格闘ゲームと融合した意味はあまりない
一部、曲が音ゲー映えしていない
妙にタイミングがシビア

(バージョン1.0、GCドラゴン)

アプリリンク:
THE RHYTHM OF FIGHTERS (itunes 100円 / GooglePlay)
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント