RSS

記事一覧

Frederic - Evil Strikes Back - ショパンvs実在有名ミュージシャン…のパチモノな音ゲー。

Frederic - Evil Strikes Back (itunes 400円 iPhone/iPad対応)
frederic04
ショパンが手からビームを出して戦うリズムゲーム、Frederic にまさかの続編が出た!
残念ながら、Frederic - Evil Strikes Back ではショパンビームはなくなったが、代わりに対戦相手がはっちゃけている。

ライバルたちはほぼ全員有名ミュージシャンのパチモノ。
リズムゲームで戦うときの曲もそのミュージシャンを意識して作られたパロディー曲。
相変わらず徹頭徹尾バカゲーである。

ライバルとの対戦前、対戦後はすべてアニメでストーリーが語られる。
アニメパートではストーリーの進行だけでなく、音楽風刺やアーティストに関わるパロディギャグが入っており、ノリはあくまでおギャグ。
今作は日本語化されているので、会話の詳細まで分かるのが嬉しい。
frederic___1
▲ただ、前作より分かりづらいので万人が楽しめるものではないかも…。

また、現代になじんだショパンの描写も注目だ。
前作のショパンはクラシック系の人だったが、今作では昔のショパンのレコードを見て「現代で売るにはアレンジが必要だな」と語ったり、ポップスばかり聴く人々に「だれでも、意思は、自由だからな」とつぶやいたりと、音楽観の変化がうかがえる。
frederic_3
▲ポップスを聴く人々が人形のようになる、演出も…。

そして、アニメパートが終わるとライバルとのミュージックバトルになる。
ライバルはほとんどが近代ミュージシャンのパロディキャラ。
レディ・ガガじゃなくてミレディ・ダダ、キッスではなくキス…などなど、9人のアーティストがショパンを待ち受ける。
frederic02

見た目だけでなく、曲にも微妙にパロディが入っており、知っているプレイヤーならニヤリとできるはずだ。
ゲーム中の動きも作り込まれており、例えばマイケル…じゃなくてマイクなら、スリラーっぽいイントロにのせてムーンウォークを決めるなど、芸が細かい。
frederic_1
▲ぶっちゃけ、一番原形をとどめていないのは主人公のショパン…。

ゲームは上からやってくる音符が、鍵盤と重なったときにその鍵盤をタッチするリズムゲームだ。
通常音符はタップ、緑の尾を引く音符は長押し、矢印付きの音符はフリックと、音符によって要求されるタッチ方法が変わる。
frederic06

タイミング良く鍵盤をタッチできると、画面上のミュージックゲージと左の必殺技ゲージが上昇し、スコアが増える。
逆に鍵盤タッチのタイミングをはずすと各ゲージが減ってしまう。
frederic05

タッチするタイミングは黒鍵の先端当たりがジャストタイミングになっており、そこから外れるほどにゲージ増加量と手に入るスコアが下がる。
鍵盤が広く、目印がないのでタイミングがつかみづらいが、ヘルプを見るとわかりやすく書いてあるので1度読んで欲しい。
frederic10

タイミング良くタッチして、ミュージックゲージが半分以上緑の状態で曲を終えるとステージクリアとなる。

さらに、クリアと関係ない得点稼ぎとして「金の音符」と「必殺技」システムがある。
10連続でExcellent以上のタイミング(上図の青の範囲内)でタッチすると金の音符が出現し、この音符をタッチすると高得点となる。
frederic__1

さらに、ミュージックゲージが半分以上緑のとき、まれに画面に「本体を揺らせ!」アイコンが出現する。
このときに本体を揺らすと…
frederic07

ショパンが必殺技を放つ!
frederic08
▲必殺技は必殺技ゲージが貯まっているほど強力になる。

そして、敵はメロメロになり、スコアが増える。
相変わらずおバカだが、前作は手からビームを出していたりと激しかったので、それに比べると地味なので少し寂しい。
frederic09

音ゲーとしては手堅く作られており、難易度が変わっても譜面が変わらないこと以外気になる点はない。
曲数は10曲と少なめだが、アニメ付き音ゲーとしてみれば全然高くない。

ただ、このゲームの評価は「どれだけネタが分かるか」に左右される。
パロティアーティストの元ネタが分かれば、随所に仕込まれたギャグを楽しめる良作だ。
逆に元ネタを知らなければ「なんだかよく分からんけど演出が豪華で曲が少ない音ゲー」になってしまう。
なので、ある程度洋楽の有名ミュージシャンを知っている方だけにおすすめできる(日本では)ニッチな音ゲーなのだ。
なので、「俺は1980年代からの洋楽をある程度聴く」という方にだけおすすめする。

なお、前作の Frederic: Resurrection of Music は人を選ばないネタゲーなので、こちらは誰にでも楽しめる。
今作とつながっているという意味でも、もしプレイしていないならこちらを先にプレイするのがおすすめだ。

評価:2.5(価格通りに楽しめる)

課金について
なし

おすすめポイント
パロディアーティスト
お馬鹿なノリのストーリー

気になるポイント
前作より演出が地味で曲数が少ない
難易度が変わっても譜面が変わらない

(バージョン1.1、GCドラゴン)

アプリリンク:
Frederic - Evil Strikes Back (itunes 400円 iPhone/iPad対応)
Frederic: Resurrection of Music (itunes 200円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 205円)

動画:

  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント