RSS

記事一覧

レビュー: ハンターアイランド - ゲームは見た目じゃないんだよ!とにかくハマるモンスター育成RPG

ハンターアイランド (itunes 100円 iPhone/iPad対応)
課金:課金専用通貨(なくても十分手に入る)
開発:NTT Resonant
評価:3.5(かなり面白い)
hunterisland10
10体以上のモンスターが総力戦で戦うバトルシステム
能力だけでなく、組み合わせや隊列が重要な奥深さ
ガチャが楽しい
見た目や演出はショボイ

見た目はショボいのに、ゲーム内容は面白い。
「ゲームは見た目じゃないんだよ!」を地で行って大人気になったモンスター育成RPG ドラゴンアイランドBLUE。
その正当な後継と言える ハンターアイランド がリリースされ、これがまたやっぱり面白い。
hunterisland01

まず、スマホ向けに作られた操作と割り切った簡易化でプレイが超快適。
マップは RPG にありがちなアナログスティック・十字キーの移動を排除し、行きたい地点をタッチして進むだけ。
hunterisland001

ダンジョンも行きたい部屋をタッチするだけ。
見た目にも面食らうぐらいチープ感があるが、慣れるとこれが快適。
hunterisland16
▲部屋をタッチして移動。モンスターのいる場所ではバトルが発生する。

さらにいつでも戻れるボタンで簡単に街へ帰れるし、死んでもペナルティが無いので何度もトライ&エラーが繰り返せるお手軽さもまさにスマホ。

モンスターを捕獲・育成して戦う「ハンター」として世界の異変に立ち向かっていく王道ストーリーが用意されており、最低限のRPG感もしっかり残している。
hunterisland03

次に、ゲームの肝となるバトルもいい。
10体以上にもなるスタメン(パーティー)を組み、順番に出撃して戦うパーティーバトルなのだが、特徴的なのはほとんど回復という概念がほぼないこと。
hunterisland05
▲序盤は数体だが、後半になると10体を超えるパーティーを組める。

敵味方が殴り合って消耗し、どんな強いモンスターもいずれ倒れて交代を余儀なくされる。
パーティーメンバーが次々と入れ替り、自爆技などもガンガン使っていける総力戦は新鮮。
hunterisland17

モンスターの行動には全て「TU(待機時間)」という値が設定されており、その行動をした後は待機時間が経過するまで行動できない。
強力な攻撃をすれば次の行動までが時間がかかるので、行動順を考えて戦うとさらにバトルに深みが増す。
hunterisland13

さらにスマホ向けに最適化された操作はここでも健在。
攻撃したい敵を「上フリックすればアッパー」、「右フリックでキック」というようにモンスターの能力に操作が割り当てられており、煩わしさゼロ。
hunterisland08
▲普通のRPGだといちいち「魔法→ファイア→目標」と3回ぐらいタッチするけども、このゲームは一瞬。

やや大味な感じはあるものの、快適操作で戦術を考えたくなる面白いバトルシステム。
バトルというゲームの核が楽しいので、モンスターの収集や育成に熱が入るようになっている。

なお、新しいモンスターを手に入れる方法は基本3通り。
まずバトルで弱らせた後でカードに封じ込めるか、モンスターを合成して進化させかの2通り。
hunterisland15
▲モンスターボールの容量で捕まえる。

最後にいわゆる「ガチャ」だ。
ガチャというと限定キャラが出現してバランスを崩して…というものを連想するが、このゲームは通常プレイでもかなりの回数のガチャが回せるので、普通にプレイして回す事を前提にバランス調整されている。
強いモンスターはいるが、新しいモンスターを提供してゲームに変化をつけるお楽しみ要素として機能している。
hunterisland04

正直、ガチャというシステムはあまり好きではなかったのだが、適切なバランスであれば楽しいのだな、考えさせられた。
このゲームはガチャのおかげで間違いなく楽しくなっている。

全体としてスマホ向けにいらない場所を簡易・快適にし、肝となるバトルをきっちり仕上げた素晴らしいRPG。
いろいろなモンスターを育てて、バトルで思ったような戦術がハマった時が爽快で、モンスターの育成も収集も楽しい。

1人用で足りなければ「オンライン対戦」・「オンラインミッション」という楽しみもある。
こちらは極めたプレイヤー向けかとおもいきや、中盤からだれでも楽しめるお楽しみ要素としての側面もある。

「オンライン対戦」では階級に分かれて対戦を楽しむことができ、勝っても負けてもポイントが手に入ってさまざまな特典と交換できる。
hunterisland12
▲ルーキーリーグなら30LVぐらいでも勝てる時は勝てるし、負けてもポイントは貯る。

「オンラインミッション」に参加すると、誰でもちょっとしたモンスターを手に入れることができ、極めたいプレイヤーは早く攻略攻略すると強力なモンスターを入手できる。
「先着○名様に特典」には少しソーシャル的な煽りを感じるもののゲームクリアには必須でないので、コンプ癖がなければ問題ない。
hunterisland002

1人用で長時間遊べて、それで足りなければオンライン対戦で極めにかかるやりこみ要素もある。
最初は大味なバトルバランスと、見た目に違和感があるが、文句なくハマるRPG。
これで100円は価格崩壊もいいところだ。

やりこみ系のRPGが好きならば見た目で躊躇せず、ぜひ試してみてもらいたい。

(GCドラゴンVer1.02)

アプリリンク:
ハンターアイランド (itunes 100円 iPhone/iPad対応)
ドラゴンアイランドBLUE (itunes 100円 iPhone/iPad対応)

動画:

 コメント一覧 (3)

    • 1. ddtt
    • 2013年11月22日 08:31
    • マジすか
      ドラゴンアイランドBLUEも未だに疑ってる(笑)
    • 2.  
    • 2013年11月22日 09:16
    • RPGで行きたい場所にタッチするシステムって、なんか他人を操ってるみたいで、自分で動いてる気がしないんだよな。
      個人的にはアナログキー一択。
    • 3. ロードラー
    • 2013年11月22日 23:16
    • 楽し過ぎてロードラがおろそかになっている

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント