RSS

記事一覧

レビュー: Rayman Fiesta Run - お手軽、気持いいアクションはそのままに、より丁寧に作られた良作アクション。

Rayman Fiesta Run (itunes 300円 iPhone/iPad対応)
課金:ゲーム内通貨(なくても十分手に入る)
開発:Ubi Soft
評価:3.5(かなり面白い)
rayman13
だんだんとアクションが増えて無理なく覚えられる操作
ダイナミックな動きのステージとキャラクター、音楽も良い。
お手軽に楽しめるが、それなりにやり込む事もできるアクション。
前作を細かく改良してより面白くなっている

本日紹介する『Rayman Fiesta Run』は、2012年AppleのiPhoneゲーム大賞を受賞した『レイマン ジャングル ラン』の続編。

躍動感のあるキャラクター、鮮やかなステージと素晴らしいサウンド、ラン系ゲームのお手軽さなのに普通の横スクロールアクションをやっているかのような満足感。
前作の時点で完成されたゲームだったが、今作ではそこにさらに磨きがかかった印象だ。
raymanf2
▲キャラクターの躍動感はピカイチ。

まず、初めての方のためにゲーム内容を説明しよう。
このゲームはいわゆる【ラン系】ゲーム。
ゲームが始まると主人公「レイマン」が勝手に前に走り始める。
rayman02

ステージ上には様々な仕掛けがあり、プレイヤーは画面をタッチしてジャンプし、障害物を避ける。
序盤の操作はこれだけ。
rayman01

だが、躍動感のあるアクションが気持ちよく、プレイしていて純粋に楽しい。
ジャンプ台にのって「びよーん」と飛ぶのは2D時代のソニック・ザ・ヘッジホッグに通じる気持よさ。
rayman11

そしてステージの仕掛けを把握し、ノンストップで走りきった時の爽快感は格別だ。
rayman10

しかし、中盤以降はジャンプだけだとさすがに飽きがくる。
なのでアクションがだんだんと追加されていく。

最初に手に入る能力は滑空。
ジャンプした後に画面を押しっぱなしで遠くまでジャンプできるようになる。
raymanff5
▲飛んでます。

続いて障害物を吹き飛ばす事ができるパンチ。
ブロックが砕けたり、敵が吹っ飛ぶ様子は爽快。
raymanf3

最後に崖を駆け上る脚力。
変化に富んだコースを走破できるようになり、さらに面白みが増す。
rayman09

少しずつアクションが追加されていき、最終的には普通の横スクロールアクションをプレイしているのと変わらない感覚になる。
が、少しずつ能力が追加されていくので、無理なく上達して、自然にプレイすることができるようになる。

ステージを終えると、ステージ中に取得した金色の妖精の数に応じて評価が示される。
raymanff3

そして、クリア時の評価に応じてすごろく状のマップを進むことができ、一定以上先に進むと新しいステージや、新しい能力、そしてご褒美などが貰える仕組みだ。
raymanff1
▲パーフェクトを取ると、ステージの上に骸骨マークの難しいステージが出現。

なお、今回はご褒美の中に「新キャラクター」という要素があるが、外見が変わるだけでゲームのプレイは変化しない。
純粋にファン向けのお楽しみ要素だ。
rayman12

大きな変化といえば、ゲーム開始時にお助けアイテムが使えることぐらいか。
ただ、これもあくまでお助け要素で、プレイしやすくするための改良といったところ。
raymanff1

しかし、今作は確実に面白く進化している。
たとえば、前作では間違ったルートを選択したり、ジャンプ台を使うと前にいた場所に戻される場面があり(あくまで少しだが)ストレスの元となった。
が、今作ではそういった場面はなくなり、ミスすると妖精を取り逃すような形になっている。
raymanf1
▲ジャンプをミスって落ちたらもう1回…というようなシーンはなくなった。

また、ステージの見た目のバリエーションが増え、演出もよりダイナミックなものが増えてここも少し単調さが解消された。
raymanff6
▲ゲームには影響があまりないが、泳ぐ動作なども追加されている。

マップ画面も改良点だ。
マップを進む=上達ということがわかりやすく示されているので、マップを進むためにゲームをやり込みたくなってしまう。
rayman03

前作では比較的簡単な通常ステージと、超高難易度の墓場ステージではっきり分かれていたが、そこに中間ができたのもポイント。
簡単ステージでパーフェクトを取ることで出てくるEXステージ、ラストまで進めると出てくる墓場ステージと、難易度に段階がついてよりプレイしやすくなった。
rayman06

大きく見れば前作と基本は変わらない。
お手軽な操作で、誰でも無理なくプレイすることができ、楽しいという美点は健在。
その上で細かい改良が積み重ねられており、さらに遊びやすく楽しくなっている。

名作の続編は難しいと言われるが、『Rayman Fiesta Run』は前作が好きだった自分も「ああ、楽しい続編だ」と納得してプレイできる。
前作が好きだった方も、前作が気になっていた方も、間違いなく買いの楽しいゲームだ。

アプリリンク:
Rayman Fiesta Run (itunes 300円 iPhone/iPad対応)

動画:

 コメント一覧 (2)

    • 1.
    • 2013年11月08日 12:16
    • 前作がめちゃくちゃ好きだったんで楽しみ!
      >ジャンプをミスって落ちたらもう1回…というようなシーンはなくなった。
      とのことで、かつ墓場ステージは健在…一体どんなステージになるんだろう。
    • 2. GCドラゴン
    • 2013年11月08日 14:23
    • ジャンプ台などで意味なく戻される場所がなくなりました。
      簡単なステージならば妖精を取り逃して先に進む感じですね。
      難しいステージでは死亡するのは健在です。
      ちょっとわかりづらかったですかね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント