RSS

記事一覧

Joe Dever's Lone Wolf - ゲームブック?ゲーム?かつてない豪華ゲームブックアプリの最新動画が公開


以前紹介した90年代のゲームブック『ローンウルフ』のリメイクとして開発されている新作Joe Dever's Lone Wolfの最新動画が公開された。

ゲームブックでは想像で補完していた部分をゲームアプリとなったことで、緊張感のある場面がプレイできる豪華なゲームブックとして進化したものとなっている。
茶色いページに白と黒で描かれるゲームブックの世界。
その挿絵が動き、バトルになればイラストが浮かび上がってターン制のバトルとして戦うことができる。
mudai1

バトル移行時には本から登場人物が飛び出してきたかのように描写されており、その瞬間は圧巻だ。
mudai

バトル以外の部分もミニゲームとしてプレイできる。
mudai3

Touch Arcadeによれば今回のストーリーは原作であれば3巻と4感の間に入るオリジナルストーリーとして原作者のジョーデンバーさんが書いた完全新作となっている。
プレイ環境についてはiPad2、iPhone 4S以降で動作することを想定しており、iPhoneとiPadでは本を読むパートぐらいしか差がなくiPhone5以上のスペックがなくても楽しめるとのこと。
mudai2

9月にリリース予定だったが開発が遅れており11月の配信予定になるとのことだ。

ゲームブックアプリと言うとメモやサイコロの用意が必要ない、楽にプレイできるだけのゲームブックになりがちだったが、本作はプレイできるアプリ本という感じの新しいゲームとして楽しめそうだ。
英語でもやってみたくなるだけの魅力を感じる。
日本でもこういったものが出てきて欲しいのだが…。

関連リンク:
Touch Arcade

プレイ動画:

 コメント一覧 (5)

    • 1. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年10月11日 14:30
    • 対して難しい英語じゃないから、高校出てれば出来んじゃない?向こうの中学生が出来るようにできてる訳だし。
    • 2. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年10月11日 15:08
    • 高校レベルで考えて、調べながらなら読めるだろうけど、プレイする前から努力が必要って言われて買うのか?
      というのが問題、日本語で遊べるぽちぽちを選ぶのが大半というのが現実ですよね。
      それが苦じゃない人のが少数だし、できれば日本語にしてほしいかな。
    • 3. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年10月11日 16:06
    • ※1  高卒の平均的な英語力がどの程度なのかを把握してないのは、さすがに世間知らずじゃないかな。それからある程度英語力があっても母語と比較すると負担が大きくて疲れる。仕事ならまだしも、ストレス発散を目的としたただの娯楽で、あえて英語と接してストレスを溜めたがるのは少数派。
    • 4. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年10月11日 16:30
    • 読めるとか読めない以前の問題として
      その国の母国語にローカライズされるかどうかは
      こと、ゲームに関してはやはり大きな部分かと。
      調べたり、遊ぶ以外の部分で頭使いながら
      ゲームしようって人はやっぱり少数派ですからね。
    • 5. GCドラゴン
    • 2013年10月12日 11:58
    • 自分は全く英語が読めないわけではないですが、読むだけで時間がかかってしまうのでやっぱり日本語がいいですね。
      ゲームを楽しむ時は楽じゃないと楽しみづらい気がします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント