RSS

記事一覧

レビュー:パワフルプロ野球TOUCH2013 無料にしては満足、しかし1人用の充実が欲しい

パワフルプロ野球TOUCH2013 基本無料
課金:選手クラッチ&選手ガチャ・体力回復薬など
開発:KONAMI
評価:3.0(面白い)
pawa2
プレイしやすい選べる操作方法
12球団・全 480 名の選手が実名で使用可能
対戦が快適
コナミゲーの名曲をアレンジした応援歌を収録
活躍時の演出が物足りない
オンライン要素がぽちぽちに近い
毎年アップデートされているパワプロの2013年度版が登場。
2012に引き続き基本無料だが、日本プロ野球全12球団・全480名が無課金で最初から使うことができるのが特徴。
pawa9

初期から遊べるモードはCPUやBluetooth機能を利用して友達と戦う“対戦”、2013年のペナントレースの優勝を目指す“ペナント”の2つ。
これにkiwi(コナミのオリジナルソーシャルゲーム会員システム)会員登録をしてプレイできるオンライン対戦が加わり全部で3つのモードがある。

対戦とペナントは好きなチームを使用してプレイすることができるが、オンライン対戦はオリジナルチームの初期メンバーと“ガチャ”や“選手クラッチ”で作成した選手のみ使用可能となっている。
pawa12

ゲームの操作についてはこれまでのiPhone版パワプロを踏襲しており、バッティングとピッチングを主に行い、守備はCPU任せ。
ただし、設定を変更すれば走塁や送球の指示はできる。
完全にCPUに任せた状態だと慣れた人だと少し不満が出ると、手間を惜しまず自分で操作することで差をつけられるポイントとも言える。
pawa29

バッティングはロックオン、マニュアル、タップの3種類。

ロックオンは自動で照準を合い、ボールが来るタイミングで画面をタッチするだけの初心者向け操作。
マニュアルは画面をホールドしてマーカーを動かし、球に重ねてから指を離して打つ操作。
タップは直接飛んできた場所をタッチまたはフリックで打つようになっており、本家パワプロよりはかなり簡単。
個人的にはマニュアルが「狙って・合わせて・打つ」という要素があり、一番パワプロらしいパッティングに仕上がっていると感じたので、やり甲斐重視のプレイヤーはマニュアルがオススメ。
pawa25

ピッチングは、矢印やボールをタッチして球種を決めて、その後に投げたい位置にタッチしてスライドさせて投げる操作。
こちらは投げたい位置と指が重なるので狙いを定めるのはちょっと難しいが、対人戦がないので別段気にするほど細かい状況にはならない。
こだわる人はオプションで操作変更すれば、バッティングのマニュアルのような操作で指が重ならないように投球することもできる。
pawa41

その他、携帯ゲーらしい手軽な要素としては“イニングスキップ”や高速試合モードを搭載。
イニングスキップは攻撃か守備どちらかしかしたくない時に、高速試合モードは監督として采配を行って試合が高速で進んでいく監督気分のモード。
試合の流れが決まりきってスキップしたい時にも使える、仮に追いつかれそうならそこから通常の試合に戻すこともできる。
pawa38

基本システムがパワプロなので野球ゲームとしては面白く、対戦ゲームとしては実名の選手が使える野球ゲームとして快適に楽しめる良作と言ってもいい。

個人的に評価が高いのはコナミの名曲をアレンジした応援歌が購入できること。
これをコンプリートする目的だけでゲームをプレイできる人がいるのではないだろうか。
pawa17
▲個人的にはこの応援曲で対戦できるだけで満足!

で、ペナントや対戦などをプレイしていると、成績に応じてノーマルガチャが引けたり、追加の応援曲購入に使用するポイントが手に入ったり、オリジナル選手を作成する際に必要なセンシュクラッチ用のノーマルカードが手に入るようになっている。

オンライン対戦モードは自分のオリジナルチームを使用して全国のプレイヤーと対戦して、ランキングポイント1位を目指すのが目的。
pp6

他のチームと試合するにはスタミナが20必要、スタミナは時間で回復するのを待つか、課金して購入するスタミナドリンクで回復。
対戦は高速試合モードのみで行われるため、監督となってオーダーを組んだり指示を出すことしかできない。
バッティングやピッチングを行うことは出来ず、ほぼほぼ強力な選手を揃えたチームが勝てるソーシャルゲー仕様。
pp4

オンラインモードでは好きな選手を使ってチームを作ることはできず、元となるオリジナルチームにいる選手(弱い)に選手ガチャで引き当た実名選手と、センシュクラッチで作ったオリジナル選手でチームを組まなければならないのがポイント。

選手ガチャは有料プレミアムとノーマルガチャがあり、有料ガチャではシルバー以上のレア選手が必ずでるようになっている。
pawa6
▲ノーマルからでもそれなりにレア度の高い選手はある程度出る模様

センシュクラッチはスクラッチカードを削って出てきた能力を足してオリジナル選手を作成するシステム。
できる選手は完全ランダムではなく、ポジションは指定可能。
pawa27

ノーマルクラッチはハズレが出るか10枚までのシートを削り、能力を合計した選手が作成できる。
なので、強い選手を作りたい場合はカードを10枚貯めるのが必須。
有料のプレミアムセンシュクラッチではより強力な選手を作成することができ、さらにハズレが出ても課金でそれをキャンセルできる要素も…。
ぶっちゃけ、課金すればそれなり以上に強い選手を作り出すことはできる。
pawa33
▲ノーマルでもプロ選手クラスの能力に作ることは可能。


ただ、強い選手を育てるのにそこそこ金が必要な割に、オンライン対戦の報酬は連勝ボーナスのガチャが引ける程度。
告知を見る限りランキング上位になったからといって特になにかあるわけではないようだ。
pp3

全体として、野球を遊ぶゲームとしてはクオリティが高いし、無料で実名選手を使えるのはお得としか言いようがないが、1人用は最初は面白くてもCPU相手に全ての試合をきっちりやっていくには長すぎる。
かといって高速モードでサクサク終わらせても物足りない。
家庭用版にある1選手としてペナントに挑むマイライフモードがあれば長く楽しめたように思う。

オンラインモードについては、選手の調子があると言っても単純に強い選手を持っているもの勝ちという感じで、あまり魅力を感じない。
家庭用版に比べれば物足りないが、試合の実況も雰囲気はよく、iPhoneの対戦野球ゲームとして考えるとかなり出来がいいと思うので今回は3.0としたい。

ただ、やっぱりちゃんとしたパワプロが欲しいな、というのが感想だ。

アプリリンク:
パワフルプロ野球TOUCH2013 (itunes) 基本無料

動画:

コメント一覧

    • 1. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年09月19日 23:38
    • 良いレビュー記事でした

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント