RSS

記事一覧

チョコバットに年齢の限界を感じる:iPhoneゲーマーな日々6

choco_001微妙にむかつく顔のパッケージで、ビニールを破ると菓子パンをチョコレートでコーティングした棒状のワンダフルなお菓子が出てくる。
おっさんならば間違いなく食いつく懐かしのお菓子、それがチョコバットである。
今回はこのチョコバットが iPhone 向けゲームになり、さらに総計5000本があたるキャンペーン中ということでチャレンジしてみた。
起動すると、いかにも打撃系のゲームっぽいタイトル。
cho01

まず、打者を選んでゲームスタート。
このキャラが微妙にむかつくチョコバットくんだ。
cho08

投手の球がちょうどバッターボックスに届いたところでボールをタップするタイミングアクション。
cho01

ちょうどドンピシャのタイミングと位置で叩くとカットインが入り、ホームラン。
単発の企画物にしては手間がかかっている。
cho05

10球勝負で、売った飛距離や打率に応じてEXPが入って得点となる。
cho02

それがそのまま能力に割り振れ、チョコバット君が成長する。
cho03

チョコバットがもらえるのはチャレンジモード。
初回プレイで9割の打率が出たし(しかも9ホームラン)楽勝だろう。
cho06
▲FacebookかTwitter連携は必須で、プレイすると1日1回自動で連動したものに連携するので注意。


いくぜ!
cho07


…3本しかバットに当たらねぇ!
cho09


その後、何度やっても打率が上がることはなかった。
ランキングを確認すると、上位は8000expオーバー。
俺には…無理だったんだ…。
cho10

30代の反射神経には限界かある。
チョコバットの夢は儚く消えた。
思い出と共に現実を知ったのであった。
一応、expを貯めて強くなればなんとかなるかもしれないが、ランキングを見て心がへし折れた。
反射神経に自身のある方はチャレンジして大量のチョコバットを目指すのもいいかも?

関連リンク:
チョコバットスタジアム〜ホームラン王への道〜 無料

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント