RSS

記事一覧

まだ終わらんよ!世界の『Temple Run』パクリゲー百科第2回:iPhoneゲーマーな日々39

run3
パクりやすそうなゲームが出たら、とことんパクるのがパチモノ業界。
パクったゲームは肩身狭そうにしているかとおもいきや、『パズループ』をパクった『ZUMA』の方が世界的にヒットしてしまったり、あのLINEに『ZOOKEEPER』が元ネタと言われる『LINE POP』が大手を振って登場など、以外に市民権を得ていたりする。
(その後『ZOOKEEPER』もまたLINEに登場したので、さらにその元ネタと言われる『Bejeweled』も出て混沌とした状態にならないかなぁ)

で、iPhoneでパクられゲーといえば『Temple Run』。
さすがに昔のような勢いは薄れたとはいえ、まだまだパクりゲームはリリースされている。
君はどこまで知っているか!?
『Temple Run』パクリ特集第2回スタート!
Ameya Jungle Warrior
run6
半裸の原住民系女子が、奪われたクリスタルを取り戻すために走る!
2012年8月リリースなのに今時Retina非対応、左右移動やジャンプはボタン式と2010年からタイムスリップしてきたかのようなアプリ。
しかし、作りは気合が入っている。

run7
2ステージごとに背景がガラリと変わるステージクリア型。
味のあるコミックでストーリーが進み、使い回しではない。
ゲームだけで見るとそんなに出来は良くないが、簡単にクリアできてどんどん背景が変わっていくので、コンプリートしてやるという気になる変わり種。
パクリ度:★★(もう少しパクりましょう)

アプリリンク:
Ameya Jungle Warrior(itunes) iPhone/iPadの両方に対応

Streaker! - ストリーカー
run1
浮気の現場を見つかった男が、亭主から逃げるという設定のラン系ゲーム。
いちゃついている最中に見つかったので裸。
そして腰にはモザイク。
バナナの皮に乗っかれば滑るし、スライディングすれば尻に火がつくしでユーモラスな演出がたっぷり。
85円でリリースされたかと思ったら、いつの間にか無料へ…。
パクリ度:★★★★(あと一歩で本物!)

アプリリンク:
Streaker! - ストリーカー(itunes) iPhone/iPadの両方に対応

Amazing Runner
run3
パクリと言えば中華。
中華発なのにパクリ度が低い不思議な(?)ゲーム。
左右へ本体を傾けることで道を移動するだけでなく、上下左右のスワイプで重力の方向を変更し、未知に張り付くことも可能。
背景の種類もちゃんと複数あり「オリジナルを作るぜ!」という気合が伝わってくる。
だが、360度移動して張り付くコースが難しすぎたり、頑張りすぎた感あり。
パクリ度:★(オリジナルじゃないですか!)

アプリリンク:
Amazing Runner(itunes) iPhone/iPadの両方に対応


Tinybee Dash
run8
デブ・ハゲのオヤジが、地下神殿やら謎の廃墟やらを駆け抜けるラン系ゲーム。
操作方法は『Temple Run』と同じなのだが、圧倒的なグラフィックのおかげで、逃げているのではなく、ひたすら奥へと探索しているような気分。

320x480-75
また、一定ダメージを受けると死ぬライフ制でダメージを受けすぎると服が脱げるので、気合のあるプレイヤーは女子キャラを買ってみるべし。
なお、操作方法は『Temple Run』とまったく同じなのだが、見えない段差や、手すりに引っかかって死んだり、モンスターに当たっていないのにやられたりといろいろおかしい部分があってプレイ感覚は別もの。
パクリ度:★★★(コレぐらいなら許されるかな…?)

アプリリンク:
Tinybee Dash(itunes) iPhone/iPadの両方に対応


Subway Surfers
run4
列車が走る線路を逆走する『Temple Run』系ゲーム。
停車している列車の上を走ったり、上下の起伏に富んだコースが特徴。
ここまでくるとラン系というよりも別のアクションゲームをやっている気分。
パクリ度:★★★(コレぐらいなら許されるかな…?)

アプリリンク:
Subway Surfers(itunes) iPhone/iPadの両方に対応


Infinity Run 3D
run5
戦士が魔物を倒しながら(攻撃は画面タッチ)進んでいくステージクリア型のラン系ゲーム。
それ以外にこれといった特徴はないが、RPG風な気分で進めるのが嬉しい。

gcwtfmhx
ステージをクリアしていくと装備が強化できたり、新しい装備を変えたりと雰囲気はRPG調。
全体的に作りが荒かったが、度重なるアップデートで普通に遊べるゲームへ進化。
なお、『Infinity Run 3D』という名前だが、2Dや4Dのバージョンはない。
パクリ度:★★(もう少しパクりましょう)

アプリリンク:
Infinity Run 3D(itunes)  iPhone/iPadの両方に対応


走れペンギン!
run2
かわいいペンギンが、しろくまから逃げるラン系ゲーム。
操作方法などは完全に『Temple Run』と同じだが、とにかくペンギンや世界観が可愛い!
ジャンプのモーションやスライディングのモーションだけでも複数種類用意されていて、あざとく可愛さアピール。

ylyxfjua
ペンギンがペタペタ走っているのも可愛いし、ライバルのしろくまだって可愛い。
可愛さだけで押すラン系ゲーム。
可愛いもの好きの方におすすめする『Temple Run』。
パクリ度:★★★★(あと一歩で本物!)

アプリリンク:
走れペンギン!(itunes) iPhone/iPadの両方に対応


というわけで前回の君はどこまで知っているか!?世界の『Temple Run』パクリゲー百科に続いてお送りした『Temple Run』パクリゲー特集、いかがだっただろうか。
個人的には、ゲームの進化を考えればパクって要素を変化させて作っていくのはありだと思う。
ただ、元ネタへのリスペクトが欲しいだけで。
ということで、これらのゲームをプレイする前にはまず『Temple Run』を試してみて欲しい。
ゲームキャストとの約束だ!

記事が気に入ったらTwitter:@gamecast_blogのフォローRSS登録いただければ幸いです。

アプリリンク:
Temple Run(itunes) iPhone/iPadの両方に対応

 コメント一覧 (6)

    • 1. 通りすがりのゲーマー
    • 2012年12月27日 15:38
    • TempleRun系って言ってるけど、そもそもこのジャンル、MIRROR'S EDGEのiPad/iPhone版が元祖だと思うんだけどそこらへんどうなんですかねえ。
    • 2. 通りすがりのゲーマー
    • 2012年12月27日 15:54
    • MIRROR'S EDGEはステージ制でけっこうしっかり作られてたのになぜかあまり評価されてない、、、。
      その後の2D、3Dのエンドレスで逃げまわって結局死ぬゲームの方が人気があるのが腑に落ちない。
    • 3. 通りすがりのゲーマー
    • 2012年12月27日 17:03
    • 走れペンギン!見て思い出したけど
      けっきょく南極大冒険が元祖
    • 4. 通りすがりのゲーマー
    • 2012年12月27日 18:26
    • エンドレスラン系は複雑な操作が苦手とするiPhoneの特性を活かした、一つのジャンルとして確立された感がありますね。
      シンプルで意外と楽しめるのでついつい新作出る度にハマってます。
      レース系の亜種Beach Buggy Blitz、FPS要素ありのInto The Dead、アンリアルエンジンのLast Knightなど多種多様です。
      2012ベストゲームのレイマンジャングルランも2Dラン系なので、この勢いは続きそう。
      なので2Dのラン系ゲームの特集も見てみたいです。
      個人的にはERT2やRat on SnowboadやSuper Mole Escapeにどハマりしたので。
    • 5. 通りすがりのゲーマー
    • 2012年12月27日 18:42
    • プラズマソードをブンブン振り回すのが好きだった。 名前忘れたけど
    • 6. トシ
    • 2012年12月27日 21:38
    • ▼1さん
      Mirror's Edgeは操作系としては似てますが、やはり切るところを切ってシンプルにまとめたのがTemple Runの偉いところだと思っています。
      あと、Mirror's Edgeはchop chopなんちゃらシリーズとかそういった操作系に似ているとも言えるので、あそこに起源を主張するのは難しいですね。
      どちらかというと、Canabaltに源流を求められるような。
      ▼3さん
      全てのペンギンゲーはけっきょく南極に繋がる…。
      ▼4さん
      そのあたり、考えてみます。
      ▼5さん
      Don't run with Plazma Swordじゃなかったでしたっけ?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント