RSS

記事一覧

iPhoneゲームブックポータル[iGameBook]誕生!新作はあの『展覧会の絵』(追記アリ)

icon_exhibitioniグレイルクエストⅠ・Ⅱ』のFaithが7月31日、iPhoneとiPadで遊べるゲームブックアプリのポータルサイト立ち上げた。
「Read , Play and Cheat」という標語は「読んで、遊んでズルをしろ」というゲームブックの遊び方そのまま。
同時にゲームブックファン垂涎の、今後のラインナップも公開された。
このラインナップ、渋すぎる…!
iグレイルクエストⅠ・Ⅱ』の続編、『iグレイルクエスIII  七つの奇怪群島魔界の地下迷宮』は9月上旬、『iグレイルクエストⅣ  七つの奇怪群島』は10月上旬にリリース予定。
grale01

そして、新ラインナップとして『展覧会の絵』が9月下旬、短編『急げ!ガッコウ』ほか1本を8月中旬に予定しているとのこと。
特に『展覧会の絵』は剣と魔法の冒険物が多いゲームブックでは異色の存在。
ファンタジーの世界観とストーリーを前面に押し出しており、本とゲームの中間であるゲームブックの中で、さらに[小説とゲームブックの中間]という珍しい立ち位置なのだ。
tenran
▲ファンタジーを前面に押し出した緻密なイラストもイイ。

その評価は高く、当時のアナログゲーム専門誌[ウォーロック]の読者人気投票でも高い人気を得ていたと記憶している。
(なお本は2002年に復刻されておりAmazonにて購入可能)

私自身、本棚のいつでも取り出せる位置にゲームブックを置いているゲームブック好きなので、今回の流れは非常に嬉しい。
個人的な要望を言えば、T&Tソロ・アドベンチャーやファイティングファンタジーシリーズなどの人気シリーズの日本語版展開も期待したいところだ。
gb
▲とりあえず本棚から出してきた

追記
さらに、公式ブログにて[Fastgamebook]についても言及。
最初は『iグレイルクエスト』のフーゴ・ハル氏の書き下ろし作品を予定。
こちらは迷路主体(もちろん、最近のゲームなのでマップ付き!)で、ひとひねりしてあるものの深いことを考えずに気軽に楽しめるゲームブックで、価格も最低水準らしい。

ご本人からTwitterで頂いたコメントによると
アプリでないとできない要素も少しばかり入れて(冗長にならないうよう、カウントによる簡単な時間制限とか)、アプリへの単なる文章の移植といいますか、垂れ流しにはしないように勤めておりますです。
とのことで、ちょっとしたフーゴマジックを期待できそうだ。

さらに、今後はゲームブッククリエイターならプロ・アマ問わず参加できる予定とのことで、こちらも大いに楽しみだ。

(ゲームキャスト トシ)

関連リンク:
iGameBook
「平田真夫/森山安雄の挑戦――ゲームブック『展覧会の絵』から小説『水の中、光の底』へ」平田真夫/森山安雄×岡和田晃(1/4)[2011年9月]|Science Fiction|Webミステリーズ!(展覧会の絵作者インタビュー)

 コメント一覧 (2)

    • 1. dogstar
    • 2012年08月03日 00:40
    • ウォーロック懐かしい!
      当時買ってました。こういう雑誌こそ電子書籍で復刻して欲しいけど、無理でしょうねー。
      カザンの闘技場、いいですね。引っ越しの際に紛失してしまい涙…
    • 2. トシ
    • 2012年08月03日 11:37
    • そういうときこそ、いつでも再版できる電子書籍ですよ、やっぱり。
      T&Tとファイティングファンタジーシリーズをほとんど持っているのが私の自慢だったりします。
      T&Tは荒唐無稽かつ、RPGっぽくキャラが成長するのがよかったなぁ。
      どのルートで行けばキャラが超強くなるか計算して最強キャラを作るのが楽しかったです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント