RSS

記事一覧

モダンコンバット3を超える映像クオリティ! ゲームロフト最新作、N.O.V.A.3インプレッション


先日、突然ムービーが公開された『N.O.V.A.3 - Near Orbit Vanguard Alliance』(以下N.O.V.A.3)。
開発中ながら、iPad2でプレイすることができたので映像とともにそのインプレッションをお伝えしたい。
N.O.V.A.シリーズは、人類と宇宙人との戦いを描いたSF世界観のFPS(主観視点シューティング)シリーズ。
シリーズ通してその時期でトップクラス…と言うよりも最先端のグラフィック、そして積極的に新しい機能を取り入れるシリーズであり、AppStoreで最初にジャイロセンサーを使った照準システムを備えたFPSシリーズでもある。

今回はモダンコンバット3を超えるものを目指して製作されました

いやいや、昨年出た『モダンコンバット3の時点でトップクラスのグラフィックだったはず。
あれ以上のものとなると難しいと思っていたのだが…紹介されて出てきたものはすごかった。
nova3

ご覧のとおり、モダンコンバット3を超えるグラフィックを実現。
光の照り返しなどの表現が強化されており、実際に動いている画面を見ると更に驚くだろう。
iPad2でも十分すぎるほどきれいだったが、製品版はiPadのRetinaにも対応するとのこと。
new iPadユーザーは必携のタイトルになるかもしれない。

システム面では「スプリント」(ダッシュ)が加わったほか、乗り物の操縦ができるという。
今までは自動で動いていたバギーのような乗り物をプレイヤーが操縦できるらしい。
オンラインでも活躍するのだろうか。

さて、今回プレイしたのは最初のステージと中盤のステージ。
ステージ1の舞台は未来の荒廃した地球である。
市街地から暗い場所へ…と移動して戦っていたが、グラフィックの進化に驚くばかり。
対応機種は明言されなかったものの、iPhone4S、iPad2の性能に合わせて作られているのは間違いなく、iPhone3GSで動くとは思えなかった。
nova2

続いて、砂漠の惑星でのプレイ。
動画公開時にCrysisシリーズとの類似性が指摘されたが、今回も主人公カル・ワーディンはあちこち飛び回る設定で、Crysisのパクリではなかったようだ。
時折砂嵐で視界が遮られるなかでロケットランチャーでしか倒せない敵が出現し、なかなかに苦戦した。
nova1

プレイ中に気づいたのは今までのN.O.V.A.シリーズよりAIが進化していること。
前作まではほとんどの敵は待ちぶせてハンドガンで終わっていたのだが、今回は近づき方も少し嫌らしくなっていた。
前と比べて単調さが減っており、1人用モードも『モダンコンバット3』なみに楽しめそうに感じた。
ただ、AIの進化に加えてこのシリーズは移動しながらの射撃が要求されるため、多少難易度が高い(難易度は調整中のため、製品版は易しくなっている可能性アリ)。

続いて、照準システムは完全に『モダンコンバット3』そのまま。
スコープ視点になるとオートエイムが強力に働く点も同じで、エンジンやプログラム設定の一部を使いまわしていることは間違いないだろう。
『モダンコンバット3』をそのまま持ってきて改良し、内容を差し替えている…と考えるとゲームクオリティの上昇も納得がいく。
今回は見た目だけでゲームがいまいちだった今までのN.O.V.Aシリーズではなさそうだ。

XBOXの初代『HALO』は超え、現役機に近づこうとしているグラフィッククオリティ、進化した1人プレイに体験プレイ中感心の連続だった。
『モダンコンバット3』の次を探していたゲーマーにはうってつけの作品になりそうだ。

リリース予定は今月とのこと。
価格は明かされなかったが、恐らくいつも通り600円になるのだろう。
発売後、できるだけ速くレビューしたい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント