RSS

記事一覧

iPhoneゲーム大賞2011 ブロガー部門大賞発表!歴戦のゲーマー、iPhoneの達人ブロガー達が支持したゲームとは!?

bnr_2011game
iPhoneゲーム大賞 2011」。
ついに大賞発表!
ますはブロガー部門から、個人的な感想と共にお届け。
大賞、ブロガー部門は各ブロガーの意地のぶつかり合い。
事前ノミネートのゲームから変更しないブロガーが多く、かなりの激戦になった。
なんと、3位は2票。
4つのゲームが並んだ。

デススマイルズ

弾幕シューティングの老舗、ケイブ初のiPhone横スクロールシューティングゲーム。
大量の弾!それを得点アイテムに変えた時の爽快感と基本的なところは抑えておりつつ、さらにiPhoneモードではRPGのように装備を持ち帰る楽しみも追加。
成長要素をシューティングゲームに持ち込む冒険を評価したい。

おさわり探偵 なめこ栽培キット

今年を代表するキャラクターなめこ。
一般人気は高いが、ブロガー投票ではやはり「ゲームらしいゲーム」ではないので票を下げた。
ただ、そんな中でも3位に食い込む当たりがなめこのすごさを物語っているといえる。

Tactical Warrior

見た目はともかくやたらにオモシロイ戦術シミュレーション。
キャラ育成の方向性がたくさんあって楽しいし、戦い方もさまざま。
ゲームもきっちり手応えのある難易度。
1ステージが短く、何度もやり直せる携帯向けの戦術シミュレーション。
個人的には単独3位もあり得ると思っていたが、やはり大賞ともなると上位は難しかったか。

Dungeon Raid

同じタイルを3つ以上並べて消すマッチパズル+バトルという異色のゲーム。
単にハイスコアを狙うだけでなく、成長するのが楽しくて繰り返しプレイできてしまう。
毎回成長が異なるプレイ感覚は「ローグライク」(トルネコの不思議のダンジョンの元ゲーム)的な感覚だった。
2月あたりは「今年のゲーム大賞はどうせDungeon Raidでしょ」と@donpyさんに言われていたほど。
なめこの爆発などよりも、アップデートの方向性をミスして失速した感が強い。
パズル&ドラゴンのようなバトル方面に行っていれば恐らく大賞も狙えたと思われる。
残念だ。


と、3位といえどいずれも劣らぬ強烈なゲームが並んだ。
正直、全てオモシロイ。

そして、ブロガー部門投票の2位は…3票でこれ!







モダンコンバット3:Fallen Nation

圧倒的に美しいグラフィック、1人用でも楽しいキャンペーンモード、そしてなにより熱中しすぎるオンライン対戦モード…。
iPhoneのゲームの中でも群を抜いて「ゲーム機のゲームらしい」ゲーム。
FPSというジャンルが嫌いでなければ、買っても損はない。
Appbankベストゲーム39では1位をとっていた。


そして、ブロガー部門の大賞は…前評判通りあのゲーム。
6票を獲得して、堂々の1位!

グルーヴコースター

タイミングを合わせてタップやフリックする太鼓の達人と同じリズムゲームでありながら、1つ次元が違う。
音楽に合わせて画面がジェットコースターのように動いていく。
画面の映像と音が一緒に押し寄せてくる感覚は光と音の洪水。
芸術品でありつつ、面白いゲームでもある。

・映像と音を一体化させる試みの成功
・リズムゲームとしての出来の良さ
・片手で遊べる手軽さ

ゲームとしての新しさ、面白さ、なにより「iPhoneらしい」というところを評価されての1位。
iPhoneを持っていてこれをやらずに何をやるという1作。
実は収録している曲数に比べて値段が安いのでコストパフォーマンスも素晴らしい。
250円の定価に対して初期の曲数が10曲以上というのは太鼓の達人の1曲100円の4倍以上のパフォーマンス。

私自身も大賞に推していたので身びいき的な発言になってしまうが、ブロガーはやはり新しいモノ好きでもあるのでこのチョイスは納得といえるだろう。

全体を通して見ると、やはり3位にとどまったゲームは面白いながらも「iPhoneらしさ」が不足していたり、「面白いけど、華がない」などと決定力不足を抱えているように感じる。
これだけ面白いものに文句を言うのもなんだが。

2位のモダンコンバット3はiPhoneらしさに欠けるが、iPhoneらしさを飛び越えて「豪華なゲームらしさ」を全面に押し出して他のゲームをねじ伏せるだけの力があった。
多分、グルーブコースターがなければ間違いなく1位。
バツグンの完成度と面白さがあったが、グルーブコースターとぶつかってしまったのが不運といえよう。
ブロガーは芸術性も評価する傾向があると思う。

1位のグルーブコースターについては沢山語ったので、特に語らない。

2011年の対象ラインナップを見ると、『428』などの家庭用からの移植作品、『Tactical Warrior』や『ネコアップ』のようなiPhoneらしくオリジナルの楽しい作品、『モダンコンバット3』のようなオリジナルなのに家庭用っぽい作品などなど、昨年と比べるとバラエティ豊かで1ランククオリティが上がった年といえるだろう。

3月は当サイトを通じて購入したアプリのアフィリエイト収入がそのまま全額震災寄付になる「ゲームをプレイして寄付しよう!」キャンペーン中。
気になったゲームがあればどんどんDLしてついでに震災に寄付を!

関連ページ
iPhoneゲーム大賞2011 大賞ブロガー部門投票結果
iPhoneゲーム大賞2011 全投票結果
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント