RSS

記事一覧

レビュー ケムコがついにスマートフォンを意識したRPGをリリース 時空のアイネライゼ

 eine05
タイトル 時空のアイネライゼ
ジャンル RPG
価格 800円
アプリ内購入 なし
日本語対応 あり
販売元:ケムコ | Version:1.0 | GameCenter:実績対応 | | 対応機種:iPhone / iPod touch | レビュアー:トシ
評価:2.5(値段通りに楽しめる)
スマートフォン対応のグラフィック
ビットの付け替えが楽しい
時間移動という要素を使い切れていない
ストーリーは説明が足りていない
eine06
故郷の村を滅ぼした黒づくめの男を追って旅するRPG。
ストーリーは時間旅行モノ。
敵の謎を解明するため、時間を移動できる一族のヒロインと共に過去と未来の世界を行き来する。
が、時間移動できるからどうということはなく、過去と未来で同じ場所を見ることはほとんどないし、過去を変えても未来の世界が変わることもほとんどない。
クロノ・トリガー』のように時間を生かした仕掛けを期待していると肩透かしをくらう。
普通の一本道RPGと考えていいだろう。

eine03
最大の特徴はやはり、スマートフォン向けに完全に描き直されたグラフィック。
マップ上のキャラクターも過去のケムコ作品と比べて大きめで、ドット絵も細かいしキャラクターの画像にも違和感がない。

こうしてみると改めて「見た目は重要だな」と思わされる。

eine04
ゲームはワールドマップから行きたい場所を指定し、フィールド画面へ行く方式。
このシステム自体はおなじみのものだが、何故かここは十字キー操作のみで目的地を直接タップできないので戸惑う。

eine07
フィールド画面の操作は十字キー+ボタン方式。
複雑な地形がないため、十字キーだけでもまあまあ満足行く操作感。
周囲の地形をミニマップで常に確認できるのが親切。

eine01
戦闘はターン制のコマンドバトルで、通常攻撃・特技(SPを消費する)・道具などを駆使して戦うオーソドックスなもの。
戦闘中は十字キーでも、コマンドや敵を直接タップでも選択ができるので戦闘中の操作は不満なし。
オートバトルも完備しており、携帯RPGとして十分遊べる。

eine02
また、このゲーム独自のキャラクターカスタマイズシステム、「ビット」がなかなか面白い。
ビットには特殊な技やキャラクターの能力を上昇させる力が備わっており、武器にはめ込むことでキャラクターにその能力を付加することができる。
言ってしまえば『ファイナルファンタジー7』のマテリアそのものだが、同じ武器でも好みによって「一撃がでかい」「通常攻撃がやたらに強い」など変化を付けられるのはやはり楽しい。
その他、敵に応じて効果的な武器が決まっており、マップに出現する敵に応じて適切な武器を選ぶ要素もある。

eine08
戦闘バランスは「ノーマル」と「ハード」が開始時に選択でき、ノーマルならば経験値稼ぎは必要なしでボスだけはそこそこ苦戦する程度、ハードは作戦を練って戦わなければ全滅するちょっときつめのバランスか。
ノーマルならばライトに楽しめるし、ビットシステムが楽しいのでハードならば作戦を立てる楽しさがある。
戦闘については普通に楽しめるクオリティがあるといえる。

eine09
欠点はキャラの掘り下げが弱く、唐突な展開もあるストーリーだろうか。
各時代にチョイ役のキャラがいるが、ストーリー進行用の脇役以上のものではないし、敵の設定も説明不足で納得しづらい。
最初に書いた通り、時間の要素ももっときっちり絡めて欲しかったと思う。

全体として可もなく不可もなくと言った感じの仕上がりだが、GameCenter に対応したことも含め、ようやくケムコのRPGもスマートフォンに対応してきたことが感じられた一作。
クリアまでは10時間弱、クリア後は隠しダンジョンやアイテムコレクションのやり込み要素があり、十分プレイ時間はある。
ライトに楽しむRPGを求めているなら選択肢としてはありだろう。
800円と高額だが、評価はぎりぎり2.5としたい。

スタッフコメント
トシ:
もうフィーチャーフォンクオリティではきついと思っていたところに、ようやくきっちり対応したものを出してきた感じ。
とは言えまだまだ発展途上。
フィールドの移動操作は相対タッチ移動も早く対応して欲しいところ。

時空のアイネライゼの詳細・DLはこちら(itunes)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント