RSS

記事一覧

Androidの今までの有料アプリ売上本数より、アメリカだけの2ヶ月分のiPhone有料アプリ売上本数のほうが大きい現状

Distimoのレポートによれば、AndroidとiOSでは市場にまだまだ圧倒的な差があるとのこと。
合計20万アプリを突破し、破竹の勢いでAppleに迫っているように見えるAndroid。
しかし、華やかに見える発表と裏腹に、市場としてはまだまだ寒い状況のようだ。

売れないAndroid
downloads_paid_apps_market_distimo
上の図が何かと言うと、Androidアプリの80%が100以下のDL数、16%が1000未満、50000DLを突破するのは0.1%という非常に厳しいデータ。
世界中の合計で、Android Marketでは96本のアプリが500万DLを達成したが、これらはすべて無料
有料アプリケーションのこととなると、200万DLを超えたものが2本あるのみ。
これは世界全体でのAndroid市場の今までの数値を合計したデータだが、AppStoreだと米国の売上だけで200万DLを超える有料アプリが2ヶ月に6本も出現しているという。

ゲームなし
さらにゲームキャストとしては悲しい事実。
世界合計で25万以上のDL数があるゲームは5つしかGoogle Android Marketにない
そして、iPhoneのアメリカ市場だけでApp Storeは2ヶ月ごとに10本ゲームが25万以上のDL数となる
アプリの売上の比率から言ってAndroidはゲームの割合が低く、iPhoneがゲーム機として認知される一方、Androidユーザーはその他のアプリを好む傾向にあるようだ。

個人的にはAndroidではAngry Birdsなどのゲームが無料の広告モデルで提供されているのも大きいと思う。
無料の良いゲームがあることで、有料のゲームは売れづらくなっているはずだ。
このあたりのビジネスモデルは会社それぞれなので「有料アプリ」という枠でくくるとことさらAndroidが弱くなるということはあるだろうが、それでもあんまりな数といえる。


number_of_apps_in_top_charts_distimo
上の表は1月トップチャートに載るアプリの本数。
Androidはtop300に350程度しか乗らないのに対し、AppStoreは800ものアプリが顔を出す。
つまり、Android Marketの人気ランキングの更新は遅いためユーザーに多様なアプリを紹介する機会を逸しているというのがDinamoの見かた。
16日に改善したとのことだが、効果が出るまではだいぶかかるだろう。
Androidの夜明けはまだまだ遠そうだ。

なお、資料はこちらからDLできる

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント