RSS

記事一覧

そこにあるのは殺す自由だけ。復讐のため外道に身を堕として戦うRPG『シャドウ・オブ・ローグ』レビュー

640
ある日、故郷の村は15人の盗賊に襲われて皆殺しにされてしまった。
その仇を討つため、自らも野盗となって人を殺め、血をすすり、15人全員を殺すまで戦い続けるバトルRPGが『シャドウ・オブ・ローグ』だ。
App Storeには「どこを探索し、誰と戦うのか。全てはあなたの意思で決めることができます」とあるが、この表記はある意味正しく、ある意味ズルイ。
プレイヤーには、人殺しの自由しか認められていないのだ。

ロボット戦術SLG『Codex of Victory』が久々のセールに - 8月9日の値下げゲーム情報

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のセール
Codex of Victory (itunes 480円→360円 iPhone/iPad対応)
552x414bb
Steamでもリリースされているターン制の戦術ゲーム。
多足戦車やロボットの姿や動きが良くできており、ゲームとしても普通に楽しめる。
本格的なSLGを遊びたい方に。

スマホ版『キャンドルちゃん』無料アップデートで完結編配信。グラフィックもより美しく修正

canddle-9
少しの時間だけ明るく光を灯し、燃え尽きる……自らの命を燃やしながら暗いステージを進む“キャンドルちゃん”のスマホ版に無料アップデートがやってきて、追加ステージとエンディングが配信された。
しかも、今回はグラフィックが改善されて映像面(主にテクスチャ)の不満点も解消。
限られた10秒を少しずつ切り崩すたび、明るく美しい風景が瞬間的に映る『キャンドルちゃん(Candleman)』のはかなさをぜひこの機会に味わって欲しい。
また、合わせてレビュー記事もアップデートしてあるので、ゲーム内容を知りたい方は下記からどうぞ

アプリリンク:
Candleman (itunes 600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay / Steam)

ネクソンの無双シリーズ新作『真・三國無双 斬』事前登録開始。画面狭しと敵が出るコーエーテクモ公認の作品

pr-1
今秋配信予定アクションRPG『真・三國無双 斬』のPVが公開され、事前登録が開始された。
本作はコーエーテクモゲームスからライセンスをうけて台湾So-Cayenne Mobile  Entertainmenteが製作した世紀のシリーズ新作。
数多くの敵をなぎ倒す『真・三國無双』シリーズのダイナミックな”一騎当千アクション”を完全再現素したものとされている。

Apple、政府の要請により個人によるギャンブルアプリをApp Storeより追放。無関係のアプリは異議申し立てで復活可能の模様


検索広告を導入したり、アフィリエイト終了を発表したりと動きの多い App Store に、さらなる混乱がもたらされている。
8月9日朝方より、App Store でギャンブル要素があるアプリのうち、個人開発の物を中心にアプリ一斉削除が行われたのだ。
これはカジノ・カードカテゴリにあるもの(特にスロットや麻雀、競馬など現実の賭博と結びつきが強いもの)、レーティングでギャンブルとあるものなど、多くのゲームアプリに影響を及ぼしているようだ。
(当初、ガチャなどと書いておりましたが、情報を集めた結果、レーティングや見た目の方が重要だったようなので訂正いたしました)

理想の駅を作って眺める『えきっと!』紹介、スマブラ新作の物量がヤバい - ゲームニュース

ekitrrcc-3

スクエニ新作PRG『プロジェクト・エコーズ』発表。コミックマーケット94で情報冊子を配布

理想の駅を作って、1日中観察する箱庭ゲーム『えきっと!』レビュー。鉄道好きでなくとも見入ってしまう面白さ

ekitrrccr-1
駅を作って、その様子を観察するのが楽しい駅製作ゲーム……それが『えきっと!』だ。
いやもう、作った駅を見るのが楽しいのなんのって。
駅に施設を自由に配置でき、天候と昼夜のサイクルがあって、大量の客が駅を利用する様子が好きなカメラワークで眺められる……。
経営部分は簡単に(赤字がないぞ!)して、見る楽しさに振り切ったゲーム内容。これは鉄道マニアだけでなく、箱庭的な画面が好きなら絶対に楽しめるゲームだ。

スクエニ新作PRG『プロジェクト・エコーズ』発表。コミックマーケット94で情報冊子を配布

WS000018
スクウェア・エニックスの新作『プロジェクト・エコーズ(仮題)』の公式サイトが公開され、事前登録が開始となった。
今回の作品は、定められた運命を持つ人々が存在する……書物のキャラクターなどをモチーフとしたと思われる世界で、運命にあらがい、過ちを犯した者が主人公となるゲームの模様。
予告動画ではいい感じの3Dグラフィックの映像が見て取れるし、なかなか期待できるのではないだろうか?

地味だけど面白そうな要塞攻略パズル『天空のバルスミラス』の事前登録開始。飾り気のなさがすごすぎる

ten06
カップ型ミサイルを素早く組み立てて発射し、空中に浮かぶ要塞を破壊していくパズルゲームで『空中要塞ラピュータ』のシステムを継承した新作、『天空のバルスミラス』の事前登録が始まった。
本作はダークファンタジーの世界を舞台に、各プレイヤーが城を作り、お互いに攻略し合うパズル戦術ゲームの期待作だ。いや、システムは本当に面白そうなんだって。

カートゥーン風ランゲーム『Bendy™ in Nightmare Run』近日リリース、FALLOUT 76のPC版は独自配信に - ゲームニュース

進むプラットフォーマー離れ? PC版『FALLOUT 76』がSteamではなく独自配信を発表

02

ハマる小さなシューティング『I.F.O』、ホラーゲーム『Emily Wants to Play』が120円に - 8月7日の値下げゲーム

進むプラットフォーマー離れ? PC版『FALLOUT 76』がSteamではなく独自配信を発表

fallout-76-pip-boy_R

2018年の E3 でも最も注目を集めたタイトルの1つ、ベセスダの『Fallout 76』のPC版は Steam で配信されず、独自プラットフォームの Bethesda.net 専売タイトルになることが明らかになった。

本作は核で崩壊した世界を描くオープンワールドRPGのシリーズで、 PS4 / Xbox / PC 向けのオンライン対応ゲーム。
先日も Epic Games が人気タイトル『フォートナイト』の Android 版に対して「30%の手数料は高すぎる」と独自配信の方針を発表したが、誰もが配信基盤をクラウドサービスなどで整えられる現在、30%の手数料は高すぎるものなのかもしれない。

ハマる小さなシューティング『I.F.O』、ホラーゲーム『Emily Wants to Play』が120円に - 8月7日の値下げゲーム

FFシリーズ一斉セールはこちら

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のセール
I.F.O (itunes 240円→120円 iPhone専用)
I.F.O
ゲームウォッチ風のグラフィックなシューティングゲーム。
オートショット+右旋回と左旋回の2ボタン操作で、非常にシンプルな仕組みだが微妙に難しく、かつうまくプレイできるとスコアがぐんぐん伸びて楽しい。
紹介記事:上手くなることが楽しい王道古典シューティング『I.F.O』レビュー。短く太いゲームを探しているあなたに

白黒のスマホにやってくる! ホラーアクション『Bendy™ in Nightmare Run』、8月15日にリリース

576x768bb
古い友人からの手紙を受け取り、主人公ヘンリーが30年振りに訪れたアニメスタジオには、スタジオで創作されたカートゥーンの悪魔が住み着いていた……。
20世紀初頭のカートゥーンのような世界で描かれるホラーゲーム『Bendy and the ink machine』に、スマホ向けの新作が発表された。
ベーコンスープを集めながら恐怖の敵から逃げるランアクション『Bendy™ in Nightmare Run』だ。

ソシャゲじゃないスマホ『シムシティ』系ゲームが出たので人気出て欲しい、岡本さん新作『マチガイブレイカー』事前登録開始 - ゲームニュース

こういうゲームが流行って欲しい。

プレイヤーが金を出して運用されるゲームメディアって作られないのかなぁ……と思うが、それはそれでゲームを悪く言いづらい環境になるのかもしれない。

もう1度、ローテーションバトルがしたい。ポケモン好き男子が作った戦術カードゲーム『ReRotation』配信開始
普通に面白い。敵の能力が見えてもいいんじゃないかとか思うが、進めると違うのかな?

[AD] 7つの視点で描かれる物語PRG『プレカトゥスの天秤』事前登録開始。前田浩孝さんキャラ原案、シックな世界が魅力

マチガイを指摘するクイズRPG『マチガイブレイカー』事前登録開始。『モンスト』の岡本さんの新作

ニコニコが久々に面白い。ソシャゲのキャラメイクぐらい簡単に美少女Vtuberを作れる『V☆カツ』と、『バーチャルキャスト』で1億総Vetuber時代がくるかも

もう1度、ローテーションバトルがしたい。ポケモン好き男子が作った戦術カードゲーム『ReRotation』配信開始

unnamed
『ポケットモンスター』シリーズで過去に採用されていた3体のポケモンと1体の控えを交代させながら戦う対戦形式"ローテーションバトル”。
近年の作品で廃止されてしまったバトル形式なのだが、ポケモン・ローテーションバトルが大好きな男子、アズマゴローさんは廃止を知って「僕がッ!ローテーションバトルで戦うゲームを作ってやる!」と奮い立ち、独自の変更を加えて作ってしまった。そう、それが本日配信されたゲーム『ReRotation』だ。
果たして、ポケモン大好き男子の愛は、世に受けられるだろうか……?
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント