RSS

記事一覧

ソシャゲの宣伝失敗経験が、バズるインディーゲームを作らせた。飼い主を犬が投げるアクション『PlayDog-PlayTag』開発者インタビュー。

01
インディーゲーム展示会“BitSummit 7th”向けに発表された犬のお散歩ゲーム『PlayDog PlayTag』。
元気な犬が飼い主を振り回して凶器にし、建物を破壊しながら進む様子が注目を集め、瞬く間にバズった本作。
その内容と、「なぜ、こんな企画を作れてしまったのか」を開発元のニューロン・エイジさんに伺った。

同人・インディゲーム展示即売会メガビットコンベンション復活。2019年8月25日、エディオンアリーナ大阪にて

megabit_title_600x369
あの暴れん坊ゲーム展示・即売会『メガビットコンベンション』が帰ってくる。
メガビットコンベンションの公式サイトにて『megabitconvention 02』が2019年8月25日、大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)多目的ホールにて開催されることが発表された。

プレイヤーが与えた言葉によって謎の生物が育つアプリ『ことだま日記』、iOS/Android向けにリリース。たまごっちを思い出す懐かしのテイスト

ss1
プレイヤーが与えた言葉によって成長する謎の生物、“ことだまっち”を育てる育成ゲーム、『ことだま日記』がApp StoreとGoogle Playにてリリースされた。
言葉で成長する…とは少し想像しづらいかもしれないが、かわいいキャラに「崖っぷち」を食べさせるとヤンデレに、陰気なキャラに「ハンドスピナー」を食べさるとサイコパスに進化するなど、与えた言葉がそのまま性格に影響するとか。
見た目も作りも『たまごっち』など、懐かしの育成ゲームを思い出すテイストが良い味を出している。

プリニーがよみがえり、『魔界戦記ディスガイアRPG』サービス再開は秋になることを告知


サービス開始後にアクセス不能になり、長期メンテに入っていた『魔界戦記ディスガイアRPG』の再開が2019年秋になることが発表された。
これに合わせて公式Twitterも復活して漫画の掲載を始め、マスコットキャラクターのプリニーもトレードマークの「っス!」という語尾に戻っている。

小さな悪夢を描くダークアドベンチャー『ベリーリトルナイトメア』AppStoreにて配信開始。『Little Nightmare』の前日譚

ベリーリトルナイトメア (itunes 840円 iPhone/iPad対応)
ss1
PCやゲーム機で人気を博したアドベンチャーゲーム『リトルナイトメア』の前日譚、『VERY LITTLE NIGHTMARES(ベリーリトルナイトメア)』がApp Storeで配信開始となった。
開発は『Love You To Bits』や『Bring You Home』など、エモーショナルなアドベンチャーで人気を得ているAlike Studio。
少し遊んでみたころ、映像的にも印象的で操作性もばっちり。物語性の高いアドベンチャーを探していたら、これは鉄板の内容になっている。

スクエニを飛び出したプロデューサーは黒に染まれ…安藤さんプロデュースワルメン育成&リズムゲーム『ブラックスター -Theater Starless-』発表

01
『拡散性ミリオンアーサー』や『ケイオスリングス』のプロデューサーとして、スマホ黎明期に暴れまわった元スクウェア・エニックスの名物プロデューサー安藤さん。
その久々の新作『ブラックスター -Theater Starless-』がDonutsより発表された。
今回のテーマは“ワルメン育成&リズムゲーム”。
大都会の片隅にあるショーレストラン“Theater Starless”からトップスターを目指す男たちを描いたスマホゲームとなる。
ディレクターに『遙かなる時空の中で』『金色のコルダ』など女性向けゲームに関わった塚口綾子さん、メインキャラクターデザインにイラストレーターYSKさんが関わる。

マリカー訴訟の二審で任天堂勝訴、『World for Two』や『リネージュM』など新作ぞくぞく - ゲームニュース

“マリカー”訴訟、二審でも任天堂が勝訴 - ねとらぼ

なめこがお店を経営!? 借金返済自転車操業パズル『まとめてモーケ!なめこ店』iOS/Androidでリリース

01

どんなドット絵も90年代のゲームセンター風にする『Natural CRT』登場。ブラウン管の物理特性から”なつかしさ”を再現したUnity向けフィルター

吟遊詩人が語り、物語が紡がれる幻想世界ゲーム『Heroine Anthem Zero』レビュー。懐かしいファンタジーが、ここにある

月面行きロケットの運転手になろう! リアルな3D映像で味わう惑星突入ゲーム『Solar Explorer: New Dawn』レビュー

ポケモンはさらに人間に近づき、ついには寝床にまでやってくる ── 「ポケモン事業戦略発表会」レポート | AUTOMATON

黎明期のMMORPG初代リネージュをスマホで。『リネージュM』サービス開始 [AD]

Lineage M(リネージュM) (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
ネットゲーム黎明期に圧倒的な人気を獲得した初代『リネージュ』のスマホ版『Lineage M』がiOS/Androidでサービスを開始した。
このゲーム見た目も何もかも古く見えるのだが……それもそのはず。
初代『リネージュ』をスマホ向けにしたもので、ガチャの導入など変更点はあるものの絵素材や基本的なプレイは似たものになっているという。

懐かしのMMORPGがスマホに。『MU:奇蹟の覚醒』サービス開始

MU:奇蹟の覚醒 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
Koramgameより、PCで人気のMMORPGのスマホ版『MU:奇蹟の覚醒』がサービス開始となった。
本作は大陸系のベーシックなMMORPGのつくりではあるが、元となった『MU:奇跡の大地』も当時のゲームとしてオーソドックスなつくりを踏襲していたため、ある意味で原作の空気に近いともいえそうだ。
原作を知っている方は、ちょっと手を出してみるといいのではないだろうか。
なお、ゲームキャストも4鯖で「中川西アラー」という名前でやるので、見かけたらよろしく!
文字数の関係で、フルネームで入らなかった……。

アプリリンク:
MU:奇蹟の覚醒 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

2019年5月31日
けっこうプレイしたのですが、まったく楽しめず、これでアフィリエイトを張るのが申し訳ないためアフィリエイトリンクを削除しました。

なめこがお店を経営!? 借金返済自転車操業パズル『まとめてモーケ!なめこ店』iOS/Androidでリリース

まとめてモーケ!なめこ店 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
nameko-01
あのなめこがお店の経営に挑戦しするパズル『まとめてモーケ!なめこ店』がビーワークスよりリリースされた。
本作は数字のインフレが楽しいタップゲームとパズルを組み合わせた“なめこ”のお店経営ゲーム。
なめこが借金を返済するために店を作って軌道に乗せると、こんどは客が押し寄せて過剰な注文を始めてなめこが逃げ出して新しい店を作る……なめこらしさと、インフレ系の展開を組み合わせたゲームになっているようだ。

命なき世界に、美しき生命を取り戻すゲーム『World for Two』リリース。完全無料・広告なし(寄付課金のみ)のアドベンチャー

World for Two (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
01
命が消え去った世界に、再び生命をよみがえらせるアドベンチャーゲーム『World for Two』がApp Store/Google Playにて配信開始となった。
本作において、プレイヤーは動物の消えた世界に残ったアンドロイドを操作する。
世界に残った唯一の動物である“博士”の指示を受け、世界に残された遺伝子を集め、それらを機械的に合成し生命を作る役割を担う。

どんなドット絵も90年代のゲームセンター風にする『Natural CRT』登場。ブラウン管の物理特性から”なつかしさ”を再現したUnity向けフィルター

01
オリジナル創作物の展示・即売会コミティアC128で、ちょっと面白いものを見つけてしまった。
“ピクセルアート”などと呼ばれる近代のドット絵より、さらに懐かしいドット絵を、現代の液晶で再現するフィルター『Natural CRT』だ。
現代に移植されたレトロゲームを遊んだとき、ブラウン管CRTモニタで遊んでいたころの色合いと何か違うと感じることがある。しかし、そこにあったものは記憶の中の「懐かしのゲームドット」に近いものだったのだ。
なぜ、「懐かしいと感じるドット絵」が表示できたのか、製作者さんのこだわりを聞いてきた。

レオナルド・ダ・ビンチの屋敷の謎を解く『The House of Da Vinci』iOS/Androidで40%オフ - 5月26日の値下げゲーム

本日は『The House of Da Vinci』が一押し。

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のゲーム
The House of Da Vinci (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
The House of Da Vinci
過去にタイムスリップし、巨匠レオナルド・ダ・ビンチの屋敷の謎を解く脱出ゲーム。
ダ・ビンチにちなんだ仕掛けが楽しめるだけでなく、ルネッサンス期の館をモチーフとした館を『The Room』のような美しいグラフィックで楽しめる。
アップデートで日本語にも対応。
紹介記事:『The House of Da Vinci』レビュー - ルネサンス期の館を美しく表現。レオナルド・ダ・ビンチの謎を解く脱出ゲーム

薄汚くて面白い『レミングス』。ゾンビに指令を出し人間を社会を滅ぼす『Zombie Night Terror』iOS/Androidでリリース

Zombie Night Terror (itunes 500円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
シンプルな指示だけを受け付け、かわいいネズミたちがまっすぐ行進する古典パズルゲーム『レミングス』。
でも、主役がネズミではなくゾンビだったら……?
そんな発想のもとに作られたダークなパズルゲーム『Zombie Night Terror』がApp StoreとGooglePlayにやってきた。
しかも、今ならリリースセールで半額(Android版のみセールと明示、iOSもほぼ同価格なのでリリースセールなのかもしれない)だ。

吟遊詩人が語り、物語が紡がれる幻想世界ゲーム『Heroine Anthem Zero』レビュー。懐かしいファンタジーが、ここにある

hero--3
台湾からやってきた、どこか懐かしくも美しいファンタジーゲームの序章編。
それが『Heroine Anthem Zero』である。
“ファンタジーゲーム”とは聞きなれないジャンルだと思う。
実際、私も初めてゲームを紹介したときは“横スクロールのアクションRPG”と表現したが、ゲームを終えた今となっては「ファンタジー世界の表現が本作のメインである」と強く感じているから、あえてこの表現をした。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント