RSS

記事一覧

戦火の中で娘を守る父の物語。『This War of Mine: Stories』がiOS/Android向けにリリース

aar-1
戦時下を生きる市民として封鎖された街で生きるサバイバルゲーム『This War of Mine』。
そのシステムを使いつつ、ゲームを通じて物語を語る『This War of Mine: Stories』が App Store / Google Playに登場した。
本作は3シリーズが予定されている物語の1つで、タイトルは“父親の約束”。
戦火の中で母を失って病気に倒れた娘アメリアと、過酷な状況下でそれを守る父アダムの物語を体験できる。

『牧場物語』がスマホゲームに。マーベラスがテンセントとライセンスを締結

001
あの『牧場物語』のスマホゲーム展開について、テンセントゲームスとライセンス契約を結ばれたことが発表された。
『牧場物語』は、自然いっぱいの牧場で、作物を作ったり動物を世話し、里に住む人たちとの恋愛・結婚をして人生を楽しむほのぼの生活ゲーム。
今回の取り組みではマーベラスが素材を提供し、テンセントゲームスが開発・配信・運営を担当するとのこと。

有料RPG『エバーテイル』が10万DL達成、レトロゲーム本の問題を指摘する記事など - ゲームニュース

「レトロゲーム本」発行ラッシュの影に潜む由々しき問題(鴫原盛之) - 個人 - Yahoo!ニュース

スクエニ1人用RPG『グリムエコーズ』のダウンロード開始。28日サービス開始もチュートリアル部分はプレイ可能

有料RPG『エバーテイル』リリース4日で10万DL達成。有料なのにヒットしすぎてオンラインは接続困難に

『PUBG』と『荒野行動』の類似による訴訟、PUBG CorpとNetEaseが和解に合意

スクエニ1人用RPG『グリムエコーズ』のダウンロード開始。28日サービス開始もチュートリアル部分はプレイ可能

グリムエコーズ (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
01
スクウェア・エニックスの新作RPG『グリムエコーズ』が配信開始となった。
本作は童話の世界を舞台としたRPGで、βテストなどの話を総合すると『アナザーエデン』のように1人用になっているとのこと。
サービス開始は3月28日だが、現在はチュートリアル部分をプレイ可能。
少し遊んでみたが、雰囲気が出ていて、昨年末に出ては消えていったスクウェア・エニックスのスマホゲームにはない良さを感じるものだった。
これは少し、期待できそう。

有料RPG『エバーテイル』リリース4日で10万DL達成。有料なのにヒットしすぎてオンラインは接続困難に

DX1OF1iVAAA7C0_
ゲームキャストでも何回かおすすめしているモンスター育成RPG『エバーテイル』が、発売から4日で10万ダウンロードを達成したことをTwitterで発表した。
これは、それなりに広告した基本無料ゲーム並みの速度。
120円(Androidは99円)の有料RPGであることを考えると、かなりのヒット。
ただ、有料ゲームなりにサーバーを見積もっていたのか、クリア後のオンライン要素に接続しづらい状況も続いているようだ。開発としては嬉しい悲鳴といったところか。

『PUBG』と『荒野行動』の類似による訴訟、PUBG CorpとNetEaseが和解に合意

pubgmobile
バトルロワイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』と、NetEaseの『荒野行動』及びRules of Survival』が酷似しているとして訴訟になっていた件について、PUBG CorpとNetEaseが和解に合意したことが明らかにされた。
和解の条件は明かされていないが、4月12日までに両社の合意に基づく対応がなされれば和解が成立し、訴訟が完了するとのこと。
この時期までに『荒野行動』などのアップデートが入り、変更があればそれは訴訟に関わる要素の可能性が高いだろう。

PS4版の『ANTHEM』が2,000円に、『侍スピリッツ』最新作がえらくかっこいい-ゲームニュース

01
買ったので道連れを増やすべく宣伝。

Apple、追加課金なしの定額ゲームプレイサービス発表、『フライングガールストライカー』が面白そう - ゲームニュース

スマホで最高の実績を持つ開発者を独占したアップル。Apple Arcadeラインナップの異常な豪華さを説明する

Flashのサポート終了のため『Imperial SaGa』サービス終了を発表。html5で製作される続編も発表

2019-03-25_09h38_20

iPhone AC 番外レポート : 【ニュース】ゲーム定額制サービス「Apple Arcade」発表

稀代のゲームプロデューサー「シブサワ・コウ」襟川陽一氏(中)ゲーム作りの大原則 | 【es】エンタメステーション

スマホで最高の実績を持つ開発者を独占したアップル。Apple Arcadeラインナップの異常な豪華さを説明する

 
Appleが新たに発表した定額ゲームプレイサービス“Apple Arcade”。その発表が、あまりにすごかったので、今回は記事でそれを説明したい。
そもそも「あのサービスは本気なのか?」と考える方もいるだろう。それに関しては「間違いなく本気だろう」と言っておく。
一説によれば、ソニーはPS Plusの会員サービスだけで4,340億円を2018年で売り上げたという。
mobile indexによれば、『Fate/Grandorder』の2018年の売上が1,050億円。
最も稼ぐソーシャルゲーム以上の売上を期待できる分野がゲームの月額サービス。だからこそ、GoogleもMicrosoftも必死になってそこに向かっているわけだ。
Appleだってそこに向かっていくし、その本気度はゲームのラインナップから完全に伝わってきた。

Apple、定額で100以上の新規・独占ゲームを遊べるApple Arcade発表。広告・追加課金なし・オフラインプレイ可。坂口さん他有名クリエイターの新作も


Appleは2019年3月26日の発表会において、定額ゲームプレイサービス“Apple Arcade”を発表した。
これは、毎月一定額の購読料100以上の新作・独占ゲームが定額で遊べるというサービス。
広告なし、追加課金なしで、アプリはすべてオフラインで楽しめ、多くのゲームはコントローラーに対応する。
iPhone / iPad / Mac / Apple TVに対応し、どのハードで遊んでもほかのハードで続きを遊べる。
これだけで魅力的だが、Appleはここに更なる魅力を付け加えた。そう、独占開発のオリジナルゲームだ。

Flashのサポート終了のため『Imperial SaGa』サービス終了を発表。html5で製作される続編も発表

2019-03-25_19h59_48
PCブラウザ向けにサービスを行っている『Imperial SaGa(インサガ)』のサービス終了が発表された。
理由は『インサガ』に使用されているAdobe Flash Playerが2020年にサポート終了となり、動作保証ができなくなるため。
ただし、『新インペリアル サガ(仮)』の制作も同時に発表されており、ただゲームがなくなるわけではないようだ。

古参開発者が製作する3Dシューティング『フライングガール ストライカー』2019年4月リリース予定。ロックオンレーザーで戦う質実剛健な1作

2019-03-25_09h38_20
長らく開発中とされていた3Dシューティングゲーム『フライングガール ストライカー』の動画が公開され、2019年4月にリリース予定であることが明かされた。
本作はX68000、メガドライブなどの時代からのゲーム開発者が作る渾身の1作。
硬派なシューティング+女子パイロットという、古えのお約束を継いだ作品となる。

ディライトワークス新作のコンセプト動画公開、スーツ姿の神になって戦うゲーム登場など - ゲームニュース

本日21時より。ラー油さんが出るので見なければ。

ディライトワークス、Unreal Engine 4による新作ゲームのコンセプト動画公開

01
『Fate/Grand Order』の開発で知られるディライトワークスが、新作ゲームのコンセプト動画を公開した。
新作は“3DゲームエンジンUnreal Engine 4”で開発することを強調しており、リッチな3D表現を特徴としていると思われる。

神になり混沌の軍勢と戦え。Foursaken Media新作『ゲーム・オブ・ゴッド』リリース

ゲーム・オブ・ゴッド (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss5
神となって地上に降り立ち、神殿を狙う混沌の軍勢と戦え。
Foursaken Mediaの最新作、『ゲーム・オブ・ゴッド』が App Store と Google Play 向けにリリースされた。
本作は神の力で混沌の手先を倒すリアルタイム戦術ゲームで、押し寄せる兵士の足を雨降らせておし止め、火や雷で焼き払い、ときに植物で絡めとる神様ゲームとなっている。
もちろん、地上には混沌の軍勢から逃げ惑う人間もいるのだが……これは殺しても助けてもいい。助ければプレイヤーは善神となり、殺せば悪神となる。
人間の都合など、神には関係ない。どちらの方向でも神は成長するのだ。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント