RSS

記事一覧

8月3日(土)21時より、旅人でゲームデザイナーの木村祥朗さんにオンラインでゲーム話を聞く「木村祥朗ナイト」実施しますを行います

WS000166
『Million Onion Hotel』や『勇者ヤマダくん』など、ゲームキャストにたびたび登場しているインディー開発者、木村祥朗さん。
「木村祥朗ナイト」が、8月3日(土)21時よりゲームキャストのDiscordにて行われます。
もう、さんざんインタビューしてゲームの話は聞いたよね……ということで、今回はざっくばらんに「スクウェアの面接ってどんなだったの!?」とか「雇われプロデューサーってどんな仕事だったの?」、「アプリの値段、どうやってきめた?」など、わりと個別のゲームタイトルと関係ない話をバラバラします。

市長さん、シムシティ系『TheoTown』が初セールですよ! 『DQV』も映画情報公開記念で33%引き -8月2日の値下げゲーム

Android版は、セールしているもののみ価格明記。

注目
TheoTown (itunes 840円→480円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
シムシティ系の都市建設ゲーム。
見た目はソーシャルゲームだが、実際に遊んでみると配置から市民の幸福度まできっちり気を配らないと破滅する買い切りゲーム。ただし、英語なのでシムシティ4やシティーズスカイライン経験者が遊ぶのが良いと思う。Android版は広告や課金があるようだが、詳細は不明。

『Rance』シリーズTADAさんの30年とこれから、ゲーム『戦姫コレクション』が予告なしの長期メンテへ - ゲームニュース

『フォーゴットン・アン』App Storeで配信開始。忘れられたものが行きつく世界を、豊かなアニメーションで描くアドベンチャー


ss3

【ゲームの企画書】エロゲー業界の重鎮アリスソフトのTADA氏が駆け抜けた現場30年。平成に始まり平成に終わった『Rance』シリーズを完結させた「作り続ける人」が向かう先

スマホゲーム「戦姫コレクション」突然のメンテ突入から早10日―― サイトも消滅、ユーザーからは「夜逃げでは」と諦めの声も - ねとらぼ

自分も「文章の防御力上げた方がいい」と使うけど、それは単純なネット時代の予防線であると思っている。教養とか資質じゃない(あと、防御力は編集者が上げてくれるもの)

『フォーゴットン・アン』App Storeで配信開始。忘れられたものが行きつく世界を、豊かなアニメーションで描くアドベンチャー

フォーゴットン・アン (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
ss5
古いおもちゃ、片方だけの靴下、いつか出した手紙……そんな、人間に忘れ去られた物が行きつく世界フォゴットンランド。
そんな世界で暮らし、いつか思い出してもらえることを夢見る住人たちを描いたアドベンチャー『フォーゴットン・アン』の日本語版がApp Storeで配信開始となった。
本作はデンマークの開発会社ThroughLine Gamesが開発し、コーラスワールドワイドがパブリッシュする作品。美しいアニメーションと、おとぎ話のような世界観を楽しめる1作だ。

だまし絵パズル『Monument Valley』新作始動。ustwoが『Monument Valley 3』の開発スタッフ募集を開始

IMG_8877
だまし絵の世界を旅する『Monument Valley』シリーズに、新作がやってくる。
Ustwoは『Monument Valley 2』に続く新作『Monument Valley 3』の開発を始めたことを発表し、Twitterで求人の告知を行った。

『ガンダムブレイカーモバイル』サービス開始。自分だけのガンプラを作って、プラモスピリットで戦え!

ガンダムブレイカーモバイル (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss3
オリジナルのガンダムプラモデル(ガンプラ)を作成し、それを操作して戦うアクションゲーム『ガンダムブレイカーモバイル』がApp Store と Google Play 向けにサービスを開始した。
現実でもガンプラのザクにガンダムの頭などを乗せる遊びがあるが、本作はそれを認め、動かせるようにしてしまった公式ゲームシリーズ。
見栄え的にもスマホゲームとしてなかなかで、ガンダム好きとしてはかなり期待している1作だ。

『Five Nights at Freddy's』リマスター版がiOS向けに配信開始。今後はスマホ全シリーズリマスター&シリーズ新作もリリース予定

Five Nights at Freddy's (itunes 360円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss3
そのピザ屋のマスコット人形は閉店後に動き回り、見つけた人間を殺してしまう……。
恐怖のピザ屋に深夜の警備員として雇われ、警備するどころかアニマトロクス(マスコット人形)から逃げる羽目になるホラーゲーム『Five Nights at Freddy's』のiOS版がアップデートで大幅に進化した。
アップデート版は原作者ではなく Clickteam が行っているが、これがもう完璧。
PC版の素材を利用して映像が美しくなっただけでなく、より操作しやすい改良がくわえられ、はるかに遊びやすくなった。
追加課金でアニマトロクスの位置などがわかるチートモードなどが購入できるようにもなり、満足度大幅アップ。

『ヒューマン フォール フラット』、App Storeで配信開始。タッチでも十分遊べる操作性で、最大4人のオンラインマルチも対応

ヒューマン フォール フラット (itunes 600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
軟体人間を操作して工事現場などを歩き回り、奇妙な動きを笑いながら楽しむパズルアドベンチャー『ヒューマン フォール フラット』がApp Storeで配信開始となった。価格は600円。
Android版に関しては近日予定となっており、事前予約を受け付けている。

『Nintendo Switch Lite』は売れる。『Hyper Light Drifter』が面白いので紹介記事を見てくれ、など - ゲームニュース

Nintendo Switchは、Liteの発売で3DSの後継となり、さらに売れるのではないか
業界の人間として当たり前すぎる意見を書いてしまった。据え置き機能を使ったソフトが少なくなるほどに売れてしまう気がする。
3年ぐらいしてパワーアップ版を出し、その携帯版を出し……というサイクルがいいかな、とか思う。


hy-7

今、中国でのゲーム出せるの!? 8月2日20時30分より、中国パブリッシャーに直接質問するイベントを実施します

d9172ee3
ゲーム開発者にとって近くて遠い国、中国。
言語、表現、政府、あらゆるものがリリースを阻む中国で、今はインディーからゲームを出せるのでしょうか?
そんな疑問を抱いている方に、応えるイベント「中国ゲームパブリッシュどうでしょう」が、8月2日(金)20時30分よりゲームキャストのDiscordにて行われます。
ここでは、中国のローカライズ・パブリッシュ会社、QualityArts Gamesの部長さんによって中国パブリッシュの現状が語られ、質問を受け付けます。
そして、彼らのパブリッシュサービスの説明会も行われます。

メインは開発者向けの説明会となりますが、中国のゲームの実情やパブリッシュや広報のことを知る良い機会になると思いますので、興味があればぜひご覧ください。
また、今回の説明会に参加した開発者の方は特別に無料ローカライズサービスが受けられる可能性があるため、そういった意味でもお得です。

7月30日の新作スマホゲー感想。『Hyper Light Drifter』やロボットに乗って戦うバトロワ『機動都市X:スーパーメカシティ』など14本

半月ぶりの新作一覧なので少し古いゲームもあるけど、新作まとめ。
『Hyper Light Drifter』、『Sky 星を紡ぐ子どもたち』、『機動都市X:スーパーメカシティ』など、結構いい感じのゲーム盛りだくさん。

おすすめゲーム
Hyper Light Drifter (itunes 600円 iPhone/iPad対応)
hy-2
『ゼルダの伝説』のような探索要素と、小気味よく手ごたえのあるバトルを味わえるアクションアドベンチャー。
荒廃しつつも美しい独自の世界観、音声を使わずイラストだけで語られる物語がプレイヤーの想像力を掻き立てる。
さらに、最初から好きな場所に行って自由に隠しアイテムを探せて、好きな順番でボスを攻略できる自由度とバランス調整もなされており、完成度は非常に高い。リリースセール中で960円のところ600円で、超おすすめ。

それが世界の選択か。『STEINS;GATE』がiOS/Androidで33%オフのセール開始 - 7月30日の値下げゲーム

Android版は、セールしているもののみ価格明記。

注目
STEINS;GATE (itunes 3,000円→2,000円 iPhone専用 / GooglePlay 3,000円→2,000円)
STEINS;GATE HD (itunes
3,000円→2,000円 iPad専用)
STEINS;GATE
過去に干渉して現在を変えていく、時間をテーマにしたSFアドベンチャーゲーム。
過去を変えたと認識できるのは主人公のみで、試行錯誤し苦悩しながら未来を変えて以降とする孤独な物語は引き込まれるとやめどきが見つからないほど面白い。
Android版はアプリ内購入の完全版が値下げしている。

ゲーム内では2chのネットスラングが飛び交い、アニメやゲームのコアな話が頻繁に出てくるので、そういったものが苦手な人は少し注意したほうがいいかもしれない。
アニメ以上に密度の濃い内容が楽しめるので、アニメのファンにもおすすめ。
紹介記事:レビュー:Steins;Gate(シュタインズゲート) プレイして気づくと朝。止まらないノベルゲー

『アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実』サービス開始。元『幻想水滸伝』スタッフが関わるエンディングありきのRPG

アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
さまざまなキャラクターが拠点に集まり、その中から6人を選んで戦い、ときには兵士を引き連れての戦争を行うRPG『アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実』がサービス開始となった。
本作は、終わりゆく世界にとどめを刺し、物語を終わらせるRPGとされている。最初から終わりが定められており、エンディングに向かうゲームとして設計されているという。
さらに、世界観設定やメインのシナリオ・キャラクターデザインを河野純子さん(『幻想水滸伝』のキャラクターデザイン、『幻想水滸伝4』プロデューサー)が、原作・企画原案に『幻想水滸伝ティアクライス』のディレクター小牟田修さんが名を連ね、『幻想水滸伝』スタッフが参加するRPGとして注目されてもいる。

Nintendo Switchは、Liteの発売で3DSの後継となり、さらに売れるのではないか。

2019-07-10_21h19_16
突然に発表された携帯向けNintendo Switchこと、『Nintendo Switch Lite』(以下、Lite)。
「魅力的なハードで、当たり前に売れそうだな」と思っていたのだが、他所で「売れなさそう」という意味の記事を見かけて驚いたので、ここで自分が売れると思っている理由を書いておきたい。
(その記事はやや炎上狙いとも思えたので、リンクははらない)

『Hyper Light Drifter』レビュー。好きなように戦い、自由に歩き回り、気の向いたときにボスと戦う異世界の旅。

Hyper Light Drifter (itunes 600円 iPhone/iPad対応)
01
「SFC『ゼルダの伝説』の探索と『ブラッドボーン』のバトルを足して2で割ったようなゲームがあるから、やって欲しいんだ」

私に『Hyper Light Drifter』をすすめた知人は、たしかそんなことを言っていた。
ゲームをクリアした今に振り返ってみると、その表現も間違っていなかった気がする。だが、私がこのゲームを気に入った理由は違った。
私は、同じゼルダでも最新作『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』(以下、ゼルダBotW)のような面白さをこのゲームに感じていた。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント