RSS

記事一覧

受験シーズンのセール風物詩『シヴィライゼーション Rev2』が250円、『 Spiral Episode 1』無料化など - 11月26日の値下げゲーム49本

受験の息抜きのためか、毎年この時期大セールが行われる『Civilization VI』。これが92%オフというのが一昨日のニュースだったが、「ちょっとアレは重いんだよなぁ」という受験生のためにライトな『Civilization Revolution 2』が250円で!重めが好きなら『XCOM: Enemy Within』もセール。

注目
XCOM®: Enemy Within (itunes 610円→250円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 580円)
XCOM®: Enemy Within
科学軍事機関XCOMの指令官となってエイリアンと戦うSFシミュレーションゲーム。 兵士が死ぬと蘇らず(それでいて育成要素もある!)、成果を上げられなければ予算をカットされ、経営が行き詰まるシビアさがたまらない。
また、SFストーリーの面白さもあり、始めるとやめ時が見つからないゲーム。日本語も対応していておすすめ。
紹介記事は前作のものだが、内容的には大きく変わらないので参考にどうぞ。
紹介記事:取り返しのつかない死が生む面白さとドラマ『XCOM:Enemy Unknown』

『魔界戦記ディスガイアRPG』、8カ月ぶり2度目のアプリDL正式解禁。サービス開始は今週中を予定

【やり込みRPG】魔界戦記ディスガイアRPG (itunes 無料 / GooglePlay)
ss1
サービス開始と同時にアクセス困難となり、根本的なアプリの作り直しを行っていた『魔界戦記ディスガイアRPG』がついに再びサービスを開始する……!
同ゲームの App Store / Google Play にてアプリのダウンロードページが8カ月ぶりに公開され、サービス開始が今週中となることが発表された。

Apple Arcadeはまだマニア向けだが、普及に向けて急速に発展している。Appleの定額ゲームサービス『Apple Arcade』開始から2カ月、全100本を遊んだゲーマーの感想

01
AppleがiOS13の目玉として発表した定額遊び放題のゲームサービスApple Arcade。

スマホでは無料ゲームに押されて、ゲーム機のような買い切りゲームが苦戦している。そこで、600円で遊び放題のパッケージとして大々的に有料ゲームを提供し、そういったゲームがもっとスマホで気軽に遊べるようにと作られたサービスだ。

だが、その存在は気になっていてもまだ手を出していない方も多いのではないだろうか?

そんな方のために、サービス開始から2カ月がたち、予定通り100以上のゲームが遊べるようになった節目に、Apple Arcadeの全100本以上をすべて遊んだ私の視点から、このサービスの感想を書いていく。

Apple Arcade全100本を遊んだ中から、王道おすすめ5本、癖のあるおすすめ5本を紹介 - Apple Arcade完全ガイド付録

aa
月額600円で、独占の特別なゲームが遊び放題になるゲームサービス『Apple Arcade』だが、ゲームがいきなり多すぎて何を遊べばいいのかわからない……。
確かにその通り。
そこで、9月30日時点でリリースされているすべてのゲームを遊んでみて、自信を持ってお勧めできる5本+癖があって面白い5本、そして絶対遊んで欲しい特選1本を紹介する。
まずは、これを遊んでみて欲しい。

なお、個別のゲームについての感想はジャンルを分けて紹介していて、記事末尾からリンクをたどれる。

Apple Arcade完全ガイド:パズル・アドベンチャー36作と特選おすすめ作品の紹介

aar-3
月額600円で、独占の特別なゲームが遊び放題になるゲームサービス『Apple Arcade』。
どんなゲームがあって、どれがおすすめなのか、ゲームを探している方に“Apple Arcade完全ガイド”をお届けする。
この記事では、2019年11月26日時点でリリースされているアドベンチャーとパズルゲームをまとめて36作品、おすすめと、その他、評価不能(バグなど)に分けて紹介するので、ぜひ参考にして欲しい。

Apple Arcade完全ガイド:アクション・ACTアドベンチャー・スポーツ38作と特選おすすめ作品の紹介

iOSrc-2
月額600円で、独占の特別なゲームが遊び放題になるゲームサービス『Apple Arcade』。
どんなゲームがあって、どれがおすすめなのか、ゲームを探している方に“Apple Arcade完全ガイド”をお届けする。
この記事では、2019年11月26日時点でリリースされているアクション・アクションアドベンチャーをまとめて38作品、おすすめと、その他、評価不能(バグなど)に分けて紹介するので、ぜひ参考にして欲しい。

Apple Arcade完全ガイド:RPG・シミュレーション・シューティング25作と特選おすすめ作品の紹介

01
月額600円で、独占の特別なゲームが遊び放題になるゲームサービス『Apple Arcade』。
どんなゲームがあって、どれがおすすめなのか、ゲームを探している方に“Apple Arcade完全ガイド”をお届けする。
この記事では、2019年11月26日時点でリリースされているRPG・戦術ゲーム・シミュレーション・シューティング25作品、おすすめと、その他、評価不能(バグなど)に分けて紹介するので、ぜひ参考にして欲しい。

受験シーズンの定番『シヴィライゼーションVI』が92%オフのセール中、最近遊んだ新作の感想など - ゲームニュース

自分の知人もいまいち反応が悪い。
最初から分かっていたけども「ゲームの世界を変えてしまう」ことはすぐに実現できなくて、時間がかかる。現在は技術マニア向けのモノに落ち着くと思う。

『ひとりぼっちわくせい』作者、絶望を感じないほのぼの新作を発表。現実時間と連動し、おじいさんと犬がスマホ内で生活する癒し系(見た目)ドット絵ゲーム

552x414bb
なぜ、毎年受験シーズンに大セールするのか。

思い出とともに曲を楽しむゲーム『猫のミュージックバー』発表。曲によって演出が変化する物語系のリズムゲーム

pix01r-1
2019年11月24日に行われたドット絵の祭典『Pixel Art Park』に出展された作品にて、『魔女の迷宮』などで知られるORANGE CUBE新作『猫のミュージックバー』が展示されていた。
ドット絵の祭典に展示されるだけあって、ゲームの見た目も曲もドット絵、チップチューン。
そして、プレイしてみるとオーソドックスながら細かい工夫があって期待できそう1作だった。

『ひとりぼっちわくせい』作者、絶望を感じないほのぼの新作を発表。現実時間と連動し、おじいさんと犬がスマホ内で生活する癒し系(見た目)ドット絵ゲーム

hito-1
『ひとりぼっち惑星』や『お別れの星』など、生きる者の絶望を描き続け、それが話題になっていた開発者ところにょりさん。
だが、次に出るゲームは癒し系になるのかもしれない。
2019年11月24日に行われたドット絵の祭典『Pixel Art Park』に出展された作品は、おじいさんが犬と戯れるドット絵アプリだったのだ。

iOS版『シヴィライゼーションVI』が定価の8%にあたる610円、拡張パック半額でセール開始、他25本ブラックフライデー前の11月24日の値下げゲーム

久々の値下げ情報、ブラックフライデー(海外の年末商戦で一斉に値下げが始まる)前に復活。このままの勢いで更新を全部復活させたい。

注目
Sid Meier's Civilization® VI (itunes 7,500円→610円 / Steam 7,000円)
552x414bb
ルーズベルトなどの歴史的な指導者になって文明を導き、技術や文化を磨きつつ、ときに戦争をして世界一の文明を目指す戦略ゲーム『シヴィライゼーション VI』。
PC版と同じく拡張パック“文明の興亡”が加わり、勢いに乗っているこのアプリがブラックフライデーセールで、 iOS 版が過去最大の値下げをしている。
アプリ版は無料で試した後完全版を購入する形式だが、完全版が定価7,500円のところ、なんと610円。
拡張パックの“文明の興亡”は3.680円のところ1,840円。安くなりすぎて、PC版を持っていてもスマホで遊ぶために購入し直していいのでは……と言う金額。腰を据えて遊べるなら、文句なしのおすすめ。

サイレントヒルに憧れて作られたホラーゲーム『Forgotten Memories: Alternate Realities』アップデートで日本語対応強化。ブラックフライデーセールで約40%値下げ中

Forgotten Memories: Alternate Realities (itunes 610円→370円 iPhone/iPad対応)
Forgotten Memories: Alternate Realities
懐中電灯の明かりだけで廃病院を探索し、囚われた少女を探す『Forgotten Memories』。
本作に関しては『サイレントヒル』に影響を受けて作られたホラーゲームとして何度も紹介してきたが、2019年のアップデートにより大幅にグラフィックや光の表現が目に見えて改良され、さらに見た目が良くなっている。
さらに、前回のアップデートで日本語の誤訳、ゲーム由来のパロディネタなど100か所程度が修正されている。
日本語については「充電」が「回復」になっていたり、女性の男言葉を修正したりと目立つものだけの修正なので期待しすぎないで欲しいが、前よりは良くなっていると思う。
もし、本作を未プレイでホラーゲームがOKなら今でも十分に楽しめると思うので、ぜひプレイしてみて欲しい。プレイ済であれば、ちょっと遊んでみて雰囲気の変化を見てみると驚くかも。

FNaFシリーズ最新作、あなたの元にピザ屋のマスコットが届く『Five Nights at Freddy's AR』サービスiOS/Android向けに開始。ついに一家に一台アニマトロクス時代へ

Five Nights at Freddy's AR (App Store 無料 / GooglePlay)
ss2
さあさあ、Fazbear Entertainmentの新しいサービス、『ファズベア・ファンタイム・サービス』に登録しよう!
これは、好きなアニマトロニクスがオンデマンドで家に届く夢のサービスだ。アニマトロクスはピザ屋のものではなく、家で会えるマスコットに……なるはずだった。
が、不運にもあなたに届けられたアニマトロクスは誤作動し、あなたの命を狙い始める。

人間をくらうアニマトロクスが徘徊するピザ屋で過ごすホラーゲーム『Five Nights at Freddy's』シリーズ最新作、『Five Nights at Freddy's AR』がついにiOS/Android向けに登場した。

11月23日の新作スマホゲー16本感想。ダンジョンメーカー以来の時間が解けるRPG『MAGICUS -マジカス-』超おすすめ

やっとApple Arcadeが終わり、これまでの新作も含めちょびちょび書いていきます。
『Bad North』は面白いけど、スマホ版を出した直後にEpic Game Storeで無料が悲しかったぜ…!
MAGICUS -マジカス-』はわかりづらさがあるけど、序盤を抜けて転職できたあたりからハマって、『ダンジョンメーカー』バリに時間を浪費してしまった…おすすめ。

注目
MAGICUS -マジカス- (App Store 370円 / GooglePlay 360円 / DLsite 330円)
 
3マッチパズル+RPG。飽きるほど遊んだジャンルだが、有料ゲームならではのバランス調整で、引き延ばしなく次々と新要素・新アイテムが出てきて飽きない。
ゲームバランスとしても工夫するほどに強敵を倒せて、強敵を倒すとそのドロップで一気にパワーアップできるのでやりがいあり。
序盤が厳しいが、1時間も遊ぶとハマってやめられなくなる。

見慣れた3マッチパズル+RPGのはずが、時間が消し飛ぶほどハマる『MAGICUS -マジカス-』レビュー

mag05
3マッチパズル+RPG。
『パズドラ』や『パズルクエスト』時代からヒット作を生み出してきたこの組み合わせに、新たなハマりゲーが出現した。
魔王を倒す勇者となり、ランダムイベントが発生する難所を踏破し、宝を集めて自宅を豪華にしたり、最終的に魔王を倒す『MAGICUS -マジカス-(以下、MAGICUS)』だ。

3マッチバトルなんてやり飽きたという方も多いだろう。私もそうだった。
しかし、『MAGICUS』はヤバい。遊び始めこそ「なるほど、いつものアレね」なのだが、続けているとゲームが変化していき気づくとハマって時間が消し飛んでいる。
『ダンジョンメーカー』を遊んでいると「なんとなく時間が立っていた」なんてことが起きるが、同質の面白さ。有料で面白いゲームを探しているなら、これはチェックすべき1作だ。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント