RSS

記事一覧

核シェルターの管理人になるRPG。『Fallout Shelter Online』iOS/Android向けにサービス開始。

2020-03-10_20h11_29
核で荒廃した世界を扱うSFゲーム『Fallout』シリーズのなかでも、核シェルターの管理人として人々を守るスピンオフ『Fallout Shelter』の最新作、『Fallout Shelter Online』が App Store / Google Play 向けにサービスを開始した。
過去作の『Fallout Shelter』はシェルターを管理する管理ゲームだったが、今回はそれに加えてストーリーやダンジョン要素、他のプレイヤーと戦うオンライン要素による拡張がなされている。

『ハーレム伝説2』PR記事付録。ネット上のハーレム伝説の質問を集めて聞いたみた編 -PR

前回までのあらすじ
あの『蒼穹のミストアーク』を『ハーレム伝説 ZERO』に改編してリリースし、話題になったITO GAMESが、『ハーレム伝説2』の宣伝もかねて質問に回答してくれるという。
そのため、はてなブックマークにつけられたコメント、Twitterのコメント、他サイトに寄せられていたコメント、さらにはソシャゲ系同人誌のコメントまで確認して「気になる」と書かれていた質問を全力で集めて送った。
2020-05-28_10h56_12
結果……。

「秘密保持にまつわる部分でお答えできないものや外部企業様にも影響が出てしまう可能性のあるものもあり、社会通念上で回答することが難しい質問が多いです...(汗)」

あまりになんでも送りすぎて怒られてしまった。
いままであまりに赤裸々な回答をもらえていたので、ゲームキャストのバランス感覚がくるってしまっていたようだ。
だが、それでも質問の半分は回答をいただけたのでここに書いておく。

スマホ版LoLこと『リーグ・オブ・レジェンド ワイルドリフト』紹介動画公開。かなりPC寄りの本格派で、グラフィックはPC版以上に

01
スマホ版の『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』こと、『リーグ・オブ・レジェンド ワイルドリフト』のゲーム動画が公開され、6月よりフィリピンとブラジルでαテストが始まることも発表された。
『LoL』はeスポーツの代名詞とも言われる人気ゲームで、プレイヤーがそれぞれ1人のチャンピオンを操作して5人でチームを組み、チーム同士で対戦する戦術要素の高いオンライン対戦ゲームだ。
複雑なゲームをどこまでスマホに落とし込めるか注目が集まっていたが……ふたを開けてみると、かなり本格的なものに仕上がっていると思われた。

終わる世界を2人で生きるサバイバルゲーム『終わる世界とキミとぼく』βテスターを2020年5月30日13時より募集開始。『幻走スカイドリフト』のEIKIさん最新作

01
その日がくることを、僕はうっすら予感していた。
核の爆発によって崩壊した世界を、キミとぼくの2人だけで生きるサバイバルゲーム『終わる世界とキミとぼく』βテスターの募集が2020年5月30日13時より始まる。
本作は『はむころりん』・『 幻走スカイドリフト』のEIKIさんによる最新作で、β募集開始時点ではPC・Android対応だが、iOSも対応予定。
これまでデジゲー博などのインディーゲームイベントでこっそり、裏メニューのように展示され続けてきたが、ついにβテストの段階に入った。

まだ、終わりたくない。やさしい余韻の絵本系ゲーム『ジラフとアンニカ』レビュー

ジラアンキーアート2019_withLogo
幼いころ、絵本を読み終えるのときに感じる寂しさが好きだった。
もう少しだけ絵本の世界を見ていたい。
だけど、絵本の世界でおきた事件は解決したし、そこに出てきた人たちは私が絵本を読み終えてもきっと幸せに暮らしている。
世界を愛して、それと別れる寂しさが好きだったのかもしれない。

『ジラフとアンニカ』は、大人になった私にそんな気持ちを思い出させた。
いつもスマホゲームを紹介しているが、今回はPCで遊んだゲームが好みだったので紹介してしまう。好きな何でも紹介してOK、それが個人ブログ。

『テラバトル』2020年6月30日サービス終了を告知。野心的な試みが多かったインディー系ソシャゲをちょっと振り返る

01
MISTWALKERは、『テラバトル』のサービスが2020年6月30日に終了となることを告知した。
2018年10月10日には最終アップデートが行われてサービスを縮小(1人用に修正)していたが、ついにくるべきときがきた、というところか。
『FF』生みの親である坂口さんのソシャゲとして注目を浴び、2014年10月9日のサービス開始からおよそ6年。スマホゲームとしてはかなりの長寿ゲームで、成功した作品と言えるだろう。

『パズドラ』アプリ内のゲーム『パズドラW』が6月以降にサービス終了。理由は最新の環境への対応が難しいため

アプリ『パズル&ドラゴンズ』内に収録されていたパズルゲーム『パズドラW』が6月以降のアップデート時にサービス終了となることが発表された。
終了の理由は「今後のアップデートを進めていくにあたり、最新の環境への対応が難しい」ため。ことが挙げられている。
本編ともいえる『パズル&ドラゴンズ』のサービスは継続し、『パズドラW』内で手に入れた魔法石も引き続き『パズル&ドラゴンズ』内で使用可能。

『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』8月27日に発売決定。クリスタルケージのオブジェが当たるキャンペーンも開始

2019-09-09_12h41_58
スクウェア・エニックスは『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』を2020年8月27日に発売することを告知した。
Nintendo Switch、PlayStation 4版は4800円(税別)、iOSとAndroid版は2820円(税込)。
本作は4人でのオンラインマルチプレイを売りとしているが、クロスプレイでハードに関係なく楽しめるとのこと。

好きなヒロインと心中できるゲーム『永遠の七日』のサービス終了と、その最後が決まった日にやってきた脱出(エクソダス)請負人の話

10
ゲームのサービス終了時、プレイヤーの前にエクソダス(脱出)請負人が現れ、サービス終了からプレイヤーを救うという。

「キングゲイナーかよって思うけど、本当にいるんだよね」

3年ぐらい前だったか、そんな話をゲーム系会社にいたときに聞いたことがあった。
『キングゲイナー』とは、極寒のシベリアから新天地への脱出(エクソダス)する旅を描いた富野監督のアニメだ。
そのなかで、外の世界を知らない人々を導き、脱出を手引きする仕事人として“エクソダス請負人”が登場する。
そんな存在が、ソシャゲにもいるという。

話を聞いたときは与太話と思っていたが……『永遠の七日』のサービスが終わるとき、エクソダス請負人は確かに姿をみせた。
今日は、『永遠の七日』サービス終了直前の1日に見たものを記事として残しておく。

Epic Games、最新ゲームエンジン『Unreal Engine 5』を利用し、PlayStation 5で動かすデモを公開。エンジンはPC・Mac・ゲーム機・スマホなど各ハードに対応

01
Epic Gamesより、ゲームエンジン『Unreal Engine』の最新版『Unreal Engine 5』の最新デモ映像が公開された。
これはオンラインで行われるゲームイベント Summer Game Fest で公開されたもの。
動画の名前は『Lumen in the Land of Nanite』。
PlayStation 5で動作しており、遺跡を探索する様子とともに『Unreal Engine 5』の機能を紹介するものとなっている。

ある⽇、ゲームの開発・運営ができなくなったので続編を作った。『ハーレム伝説2』リリースまでの経緯を聞く -PR

01
あのゲームにまさかの続編がやってきた。
『蒼穹のミストアーク』の世界観を改変し、同じイラストを使い回してハーレム放置RPGにして良くも悪くも話題になった『ハーレム伝説』シリーズ最新作『ハーレム伝説2』である。
しかし、『ハーレム伝説』シリーズはすでに3作品も出ているが、『ハーレム伝説2』リリースに併せて全部がサービス終了(※3作品とも進⾏に応じてプレイヤーに引き継ぎ特典あり)するという。
これはまた何か裏にきな臭い話があるのでは……と、突撃して話を聞こうと
思ったらPR案件として依頼をいただいたので真⾯⽬にインタビューしてきた。

世界に浸るインディゲームを配信するレーベル『ヨカゼ』設立。初期ラインナップは『アンリアルライフ』や『ghostpia』など4作

01
room6より、世界に浸るインディーゲームをリリースするレーベル『ヨカゼ』の設立が発表された。
room6と言えば、お嬢様がおびんたで戦うおゲェム『薔薇と椿』をスマホに向けて提供しているが、ヨカゼはそういったお上品な世界とはまた異なる、世界観に浸る静かなゲームをコンセプトとしているようだ。

現在、4作品が告知されているが、どれも静かな夜に遊ぶゲームと言った雰囲気たっぷりだ。

サービス終了してから書く、コロプラの大作1人用RPG『最果てのバベル』の感想 - 終わったゲームを振り返る

eden-1
コロプラのRPG『最果てのバベル』が、2020年4月30日にサービス終了となった。プレイできたのは約11カ月。
シナリオは『FF7』の野島一成さん、音楽は『オウガバトル』の崎本仁さん、コンセプトアートにINNEIと、ゲーム界の有名どころ採用した1人用RPGとして期待を集めていたが、あまりにも短命だったし、リリース後は悪い話題が多かった。

セールスランキングを不正操作し、悪いことしたゲーム。
なんだか『アナザーエデン』に似たゲーム。

そんなイメージしか持っていない方が多いのではないだろうか。
実際、ネットを見ても不正操作事件以降は記事での言及も少なくなり、あまり実態がよくわからない。そこで、一応ちゃんと遊んだプレイヤーとしてこのゲームの紹介記事を残しておこうと思う。

『リーグ・オブ・レジェンド』の対戦カードゲーム『レジェンド・オブ・ルーンテラ』がiOS/Android向けにもサービス開始。敵の攻撃ターンにもユニット召喚可能な作品

レジェンド・オブ・ルーンテラ (itunes 無料 / GooglePlay 無料)
ss3
世界で最も遊ばれているeスポーツ系ゲームの1つ、『League of Legends』の世界観を利用した対戦カードゲーム『レジェンド・オブ・ルーンテラ』がiOS/Android向けにサービス開始となった。
『League of Legends』はPC向けの対戦ゲームで、プレイ人口はテニスプレイヤー人口とほぼ同等という化け物ゲーム。
そして、その人気を背景にしたカードゲームも……豪華だし、面白いものになっている。

オンラインで遊べるマーダーミステリー『独り身ユニオン』、5月2日20時より追加シナリオのβテスター募集実施。初心者から熟練者まで興味あるプレイヤーきたれ

01
複数のプレイヤーが、別々のミステリ小説の登場人物を演じながらルールに従って会話し、殺人事件の犯人を探すアナログゲーム『マーダーミステリー』。
これをオンラインで遊ぶ本格アプリ『独り身ユニオン 裏切りのシンデレラ』のβテスター募集が2020年5月2日(土)20時より実施される。
『独り身ユニオン 裏切りのシンデレラ』は現在1つのシナリオだけを提供するアプリだが、アプリ内でシナリオを追加して増やせる。
今回はその追加シナリオのテスターの募集だ。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント