RSS

記事一覧

『どこでもいっしょ』のパズルゲーム『トロとパズル~どこでもいっしょ~』発表。温泉町でポケピと戯れるかわいいパズル

01
フォワードワークスより、『どこでもいっしょ』シリーズ20周年の新作スマホゲーム『トロとパズル~どこでもいっしょ~』が2019年サービス予定であることが発表された。
『トロとパズル』は、パズルをクリアしながら、トロや仲間たちとの会話やストーリーを楽しむパズルゲームとされている。

スマホMMORPG『ラグナロクマスターズ』サービス開始。ログイン&プレイも快適でガンホー、がんばってます!

ラグナロク マスターズ (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
オンラインRPG黎明期から、現在までサービスされているMMORPG『ラグナロク オンライン』。
そのスマホ版、『ラグナロク マスターズ』がApp StoreとGooglePlay向けにサービス開始となった。
3Dにはなったが、かわいい映像は原作のイメージを踏襲しており、現在のところログイン・プレイも快適となっている。
あの頃を懐かしく思う皆さん、プレイしてみてはいかがだろうか。

ハル研究所のスマホゲーム『はたらくUFO』半額セール開始! 『わすれなオルガン』、『ICEY』などもちょっぴりセール - 6月5日の値下げゲーム

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のゲーム
はたらくUFO (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
hataraku01
UFOを操作して、クレーンゲームの要領でモノを持ち上げ、落としては決まった形に積み上げる建築ゲーム。
UFOのキャラクター、音楽の可愛さ、そしてゲーム自体の面白さ、どれをとってもいい感じ。
おすすめ。

なぜゲーム攻略サイトは激減したのか、『七つの大罪』スマホアプリが新次元の映像なので見た方がいいなど - ゲームニュース

もう昨日はほんと、最高だった。
まあ、「ゲーム攻略サイトがなければ、すべてうまくいっていた」のは間違いない。

ケムコ、壁をヒロインとするRPG『イノセントリベンジャー ~壁の乙女とミデンの塔~』を6月6日発売。思った以上にヒロインが壁。
壁。

our-1
面白い、ではなく「すごい」。
すごすぎて、遊べてしまう。面白さにたどり着くか不明だけど、遊んでみる価値がある。
原作を再現するにおいて、スマホ最高のゲームの1つ。

『ラグナロクマスターズ』、6月5日12時よりサービス開始。iOSとAndroidにサーバーが接近中!?

セガハードが、初めて勝った。こじらせたセガマニアが『メガドラミニ』の『セガテトリス』に感じたこと

歴史のIFという言葉がある。
「武田信玄が生きていたら、信長が天下を取るなんてありえなかった」
など、現実と異なる仮定をして、歴史を妄想する作業である。
僕は(おそらく他の重度セガマニアも)そういった妄想にとらわれがちで、中でも「メガドライブ版テトリスが発売されたら、セガハードに有利に働いた」とか考える向きは多い。
もちろん、歴史のIFとはあり得なかったことだから、そうならないのだけども……。
2019年6月4日、“メガドライブミニびっくり話”の放送で、セガとM2がメガドライブ版『テトリス』を発表し、歴史が変わった。そして、僕の中のハード戦争はセガの勝利に終わった。

ケムコ、壁をヒロインとするRPG『イノセントリベンジャー ~壁の乙女とミデンの塔~』を6月6日発売。思った以上にヒロインが壁。

003
ケムコより、異色のRPGがやってくる。
その名は『イノセントリベンジャー ~壁の乙女とミデンの塔~』。
本作は“少年ヴォルクと、魔法生命体ミュールの織りなす儚くも優しい復讐の物語”とされているが……なんと、ヒロインは壁。
どんなRPGなんだ、それは。

『メガドライブミニ』に完全新作のメガドライブ版『ダライアス』と、任天堂に版権を抑えられて出せなかった『テトリス』を収録。総計タイトル42本

2019-06-04_21h08_25
メガドライブの発売約30年記念となる、手のひらサイズのゲームマシン『メガドライブミニ』。
その収録タイトルが発表配信内で新たに10タイトル明かされ、最初に宣言された10タイトルが発表され……最後に、移植ではない完全新作『ダライアス』メガドライブ版が収録されることが発表された。
これはセガ、M2、タイトーの協力で作られたもので、ゲームはタイトー、音楽はZUNTATAが監修し、M2が開発。
メガドライブで実際にプレイできるものだとか。

ただ「すごい」しか言えない。『七つの大罪 光と闇の交戦 : グラクロ』がスマホゲームの常識を塗り替えるクオリティ

七つの大罪 光と闇の交戦 : グラクロ (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ou-1
Netmarbleからリリースされた『七つの大罪 光と闇の交戦 : グラクロ』のクオリティがおかしい。
一目見てわかるのは、そのグラフィック。
リリースされるまで「すごいけど、ムービーシーンだけでしょ?」と思っていたのだが……アニメそのままの3DCGがあらゆるところで動く、動く、動く!
そして、遊んでみると自由に移動できる街が用意されていたり、拠点の酒場で人と話せたり、基本システムは基本無料RPGなのに見せ方はゲーム機的。
このゲームは、スマホRPGの基準を書き換え、これからの基準になってしまうだろう。それぐらいすごいので、まずは軽く紹介しておく。

『ラグナロクマスターズ』、6月5日12時よりサービス開始。iOSとAndroidにサーバーが接近中!?

01
つい先日、日本版の正式タイトルが発表された『ラグナロクオンライン』のスマホ版こと『ラグナロクマスターズ』。
そのサービス開始が、2019年6月5日12時からになることが公式Twitterにて発表された。
思ったよりも早い。というか、急すぎる。
6月のスマホアプリラッシュはまだまだ続きそうだ。

HTML5ゲームの時代は来るのか、『ドラクエ』の位置情報ゲーム発表、iOSがPS4コントローラーなどサポート - ゲームニュース

HTML5ゲームの時代はやってくるのか? モバイル向けゲームのこれまでとこれから - ログミーTech

2019-06-03_14h27_14
ガラケー時代から日本で位置ゲーやっているコロプラなら、結構安心できる気がする。


【追記】Apple、iOS13でPS4とXBOX ONE Sのコントローラーに対応。Appleの端末は本格的にゲームを遊べる時代

今夏発売予定の『どうぶつタワーバトル』シリーズ最新作、『にんげんタワーバトル』は驚異的な面白さ! BitSummit先行体験レポート

ふり向けばセガがいる著者、我慢できずゲーム制作に踏み出す。80年代PCアドベンチャーを現代に問う『レトロゲームエイリアンズ』 #BitSummit

bits01-4
その昔、アドベンチャーゲームはゲームの花形だった。
パソコンの、ゲーム機の全性能を使って美しい1枚絵を描画する各シーンは見栄えがしたし、謎解きという仕組みも性能が低い時期のゲーム機にはマッチしていた。
そんな、懐かしの80年代アドベンチャーを“現代で遊べる意味を持って”よみがえらせるゲームが、インディーゲーム展示イベントBitSummit 7thに展示されていた。
そのゲームの名は、『レトロゲームエイリアンズ』だ。

【追記】Apple、iOS13でPS4とXBOX ONE Sのコントローラーに対応。Appleの端末は本格的にゲームを遊べる時代

2019-06-04_02h20_46
Appleの基調講演WWDC2019にて、新しいApple TV最高のコントローラーに対応する……と発表された。
そして、そのコントローラーとは……PS4、XBOX ONE S、ゲーム機のコントローラーだ。
MFi認証のコントローラーとは、いったい何だったのか。
さらに驚いたことに、iOS13の機能を示すページにアクセスしてみると……なんと、コントローラー対応はiOS13の機能として明示されていた。おそらく、iOSの全デバイスでPS4、XBOX ONE Sのコントローラーが使えるということだろう。

今夏発売予定の『どうぶつタワーバトル』シリーズ最新作、『にんげんタワーバトル』は驚異的な面白さ! BitSummit先行体験レポート

matomer-1
2人のプレイヤーが空から“どうぶつ”を落としてタワーのように積み上げていき、先にバランスを乱してタワーを崩した側が負け……そんなシンプルな内容ながら、白熱のバトルが楽しめるゲームとして空前のヒットを記録した『どうぶつタワーバトル』。

そのシリーズ新作がインディーゲーム展示会BitSummit 7thに展示され、圧倒的な面白さを見せつけていた。
その名も『にんげんタワーバトル』。
今回はプレイヤー自身が“どうぶつ”になって落ちる、イベントスペース向けの新作ゲームだ。
なお、過去に『画太郎ババァタワーバトル』が『どうぶつタワーバトル』作者の許諾を得ないで配信されていて騒ぎになったが、こちらは許諾を得た公式オマージュ作品となっているためファンの方も安心してプレイして良い。

その国は穏やかで、平和で、王様のやることは散歩だけでした。ほっこりお散歩パズル『CUBE GARDEN』 #BitSummit

01
その国は穏やかで平和で、あまりに長く平和が続いたので、王様のやることはお散歩しかなくなってしまいました……。
パズルでお散歩を手伝って、王様と国民の姿を眺める平和な散歩パズル『CUBE GARDEN』が6月26日、FUKUDANUKIよりiOSとAndroid向けにリリースされる。
それに先立ってインディーゲーム展示会BitSummit 7thにてプレイできたので、その感想をお伝えしよう。

離島でも遊べるドラクエの位置情報ゲーム『ドラゴンクエストウォーク』発表&βテスト募集開始。開発は位置ゲー経験豊富なコロプラ

2019-06-03_14h28_12
スクウェア・エニックスより、『ドラゴンクエスト』の位置情報ゲーム『ドラゴンクエスト ウォーク(以下、DQW)』が発表され、βテストの募集が始まった。
プロデューサーの柴貴正さんによれば、『Pokémon GO』を『ドラゴンクエスト』を落とし込んだような情報位置ゲームになるとのこと。
開発は位置ゲーを作ったことがあり、同時にスマホRPGを作ったことがある経験を勘案してコロプラが担当する。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント