RSS

記事一覧

でたな『ツインビー!』。『ときめきアイドル』に新規楽曲として追加

DfJ601zUwAAhKLg.jpg large
アイドルゲーム『ときめきアイドル』に、往年の人気作『ツインビー』から『Twinbee's Home Town Song』が実装され、6月14日から遊べるようになった。
編曲はKonami Amusement(Sota Fujimori)が担当。いつもの通り、コナミ好き向けを堅実にひた走っているので、ぜひ遊んでみて欲しい。
また、今回は「肉フェス」イベントのアンケートも行っており、運営がプレイヤーの意見を聞いて改善しようとしている兆候も見られる。現役プレイヤー(もしくは肉フェスに飽きていったん止めた方も)はアンケートに答えゲームを改善していこう!

アプリリンク:
ときめきアイドル (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

PCゲームをスマホで遊べる『Steam Link』iOS版、リリースに向けて作業中か。ValveがAppleのルールに適合する新バージョンテスト中

IMG_6009-768x355
スマホでPCゲームを遊べるアプリ『Steam Link』がとうとう iOS にくるかもしれない。
先日、AppleとValveが対話して配信に協力していると書いたが、TouchArcadeの記事にて iOS版の『Steam Link』アプリのテスト版から、ゲームの購入ボタンが削除されたことが報告されたのだ。
これは、Appleが指摘していた「アプリから外部サービスでの購入は不可」という条項への対応となる。つまり、Valveは『Steam Link』を iOS で出すために努力を続けているわけだ。

見た目地味だけど面白い『天空のバルスミラス』発表、『Bloons TD 6』リリースなど - ゲームニュース

ten02
どうやらガチャはないシステムのようだ。

『ゴートシミュレーター Payday』、ボドゲ『Keltis』や『ローゼンケーニッヒ』など120円セール開始 - 6月14日の値下げゲーム

猿の風船わりTD最新作『Bloons TD 6』リリース。今度は猿知恵でパワーアップ

『サカつく』の辰野英志さん新作、『天空のバルスミラス』発表。知る人ぞ知る2009年の名作『空中要塞ラピュータ』の系譜

ten06
2009年、独創的で面白くて、でも売れなかった『空中要塞ラピュータ』というゲームがあった。
セガで初代『サカつく』でディレクターを務めた辰野英志さんの作品で、カップ型ミサイルを素早く組み立てて発射し、空中に浮かぶ要塞を狙い撃つパズルゲームで、ミサイルの速度(大きいと強いが遅い)と余剰パーツ処理の計算が楽しく、ミサイル命中時の爽快感もあってすごく面白かったのだが‥‥見た目の地味さもあってイマイチ人気が出なかった。
2010年ゲーム大賞でマイナーゲーム部門1位になってしまったのが「面白いけど売れてない」を象徴している。
当時、お会いしたときに「絶対ゲームが面白いと思っているので、ちゃんとした形で世に出したい」という意味のことをおっしゃっていて、自分も「続編が出たら絶対やりたい!」と思っていたのだが、ついに9年越しで『天空のバルスミラス』が発表されたので、ここに紹介する。

『ゴートシミュレーター Payday』、ボドゲ『Keltis』や『ローゼンケーニッヒ』など120円セール開始 - 6月14日の値下げゲーム

『Wars of the Roses』や『Keltis』が通常セールよりさらに一段お安くなって120円に。あと、ヤギゲー2本も120円。

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のゲーム
Wars of the Roses - Rosenkönig (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Wars of the Roses - Rosenkönig
交互にコマを動かして陣地を取り合うボードゲーム ローゼンケーニッヒの移植。
日本語に対応し、ゲームセンターを利用したオンライン対戦もできるようになっていた。
ボードゲーマーにおすすめ。
詳しいルールなどはiPhoneACさんの紹介を参考にどうぞ。

猿の風船わりTD最新作『Bloons TD 6』リリース。今度は猿知恵でパワーアップ

Bloons TD 6 (itunes 600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x4142bb
猿がガンガン風船を割る人気タワーディフェンスシリーズ『Bloons』の新作が『Bloons TD 6』がやってきた!
1人用TDとして久々の新作となる本作では、グラフィックや演出が3Dにパワーアップ。さらに“猿の知恵”と名付けられたスキルツリーシステムも採用され、奥深い戦術を楽しめるようになったという。
先日も『The Creeps! 2』が出たばかりだが、ここに来てタワーディフェンス復活の波が来ているのだろうか。

ドットのすべてが動くアクション『Noita』が派手すぎてやりたい、新作に注目が8作もあるので確認を - ゲームニュース

これはもうドット絵ゲーというべきか……?すごい。
WS000032
アフィリエイトを確認して書いたつもりが、普通にかなり面白そうで楽しみになった。

良い新作多め。

ブラック企業でプログラミング学習するパズル『Human Resource Machine』60%オフのセール中 - 6月13日の値下げゲーム
そして、セールも良い。

まとめサイト「保守速報」から広告バナーが完全消滅 広告主に問い合わせる“広告剥がし”の動きが加速か - ねとらぼ
あるまとめに対して記事盗用で訴える準備をしているけど、こっちの流れの方がいいな……。

本の世界から脱出する『Rime』、ミニチュア世界をドライブする『Pine Racer』など注目8作 - 6月13日までの新作ゲーム感想

たくさんのゲームを少し遊んで、ざーっと紹介するコーナー。
6月13日までに遊んだゲーム一覧。

注目のゲーム
Rime (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
本の世界から脱出ゲーム。
普通の脱出ゲームだが、雰囲気を出すためにかなり頑張っている印象。
音楽のおかげで変な部屋に閉じ込められたというより、閉塞感のある世界に行った感がある。
前作のrainからこの作者さんのゲームが個人的に好きなので、トップで紹介。

ブラック企業でプログラミング学習するパズル『Human Resource Machine』60%オフのセール中 - 6月13日の値下げゲーム

地味に『Lost Echo』もいいんだな。

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のゲーム
Human Resource Machine (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Human Resource Machine
プログラミングをゲーム化したパズルゲーム。
様々な命令を使用し、出されたお題の解を出すプログラムを作成する。
人を選ぶが、雰囲気は良く、プログラマーの素養を測る目的や、プログラマーが楽しむパズルとして良い感じに出来ている。

巨大な異形“ギガント”と戦うド迫力アクション『ギガントショック』事前登録受付中。映像演出、システムともにチャレンジした期待作

巨大生物“ギガント”の侵攻によって、人類が滅亡の危機にある世界で、ハンターとなってギガントと戦うゲーム『ギガントショック』がまた面白そうだ。
『ベルセルク』などの影響も感じるダークファンタジーな空気のギガントたちのデザインもよいし、超巨大なギガントの描写もド迫力。
そして、スマホアクションとしてみても新たな操作と戦い方を模索しており、かなり期待度が高い。

『ウォーキング・デッド:ノーマンズ・ランド』日本語対応でリリース。生存者を集め、ターン制バトルを指揮して生きる戦術ゲーム

ウォーキング・デッド:ノーマンズ・ランド (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
ゾンビが発生し、人間文明が荒廃した世界を生き延びる人気ドラマ『ウォーキングデッド』の公式ゲーム、『ウォーキング・デッド:ノーマンズ・ランド』がついに日本でリリースされた。
本作はキャンプ地を作り、生存者を指揮してゾンビと戦い、生活物資を集めるターン制戦術ゲーム。
『ウォーキングデッド』の無料ゲームは多いが、ライトなターン制戦術ゲームと物語を楽しめ、ついでにやり込みたければPvP(AIの操作する他のプレイヤーの集落と戦う模様)を遊ぶゲームになっているようだ。
何より嬉しいのは、日本語対応で物語がきっちり楽しめるところ。ファンの方はどうぞ。

『大神』ライクな映像のプラチナゲームズ新作『World of Demons』先行配信版が面白かった! あと『フレームグライド』プロデューサーのロボゲーが任天堂から出る - ゲームニュース

面白い、動作軽快、妖怪がカッコいい。プラチナゲームズ初のスマホゲー『World of Demons』先行配信版インプレッション
world-3
また期待のゲームができてしまった。

『Icewind Dale』が1200円→480円の最安値へ、脱出ゲーム『魔法の本』が無料セール開始 - 6月12日の値下げゲーム

映像素敵すぎて何も言えねぇ。『パンツァードラグーン』や『ナウシカ』をこんな感じで遊びたい。

メカアクションゲームの歴史に新たな1ページを刻む完全新作。『DAEMON X MACHINA』がNintendo Switchで発売。 | トピックス | Nintendo

アーマードコア2と3で指揮を執った佃健一郎さん、デザインに河森正治さんで、実質任天堂のアーマードコア。
あと、『フレームグライド』も忘れてないよ……!

面白い、動作軽快、妖怪がカッコいい。プラチナゲームズのスマホアクション『World of Demons』先行配信版インプレッション

world-5
『ニーア』や『ベヨネッタ』など、数々の人気アクションゲームを手掛けるプラチナゲームズが開発し、DeNAが販売するアクションRPG『World of Demons』(以下、WoD)がついにフィリピンの App Store で先行配信を開始した。
プラチナゲームズ初のスマホゲーで、しかもアクション。これは気になる。
同じ思いの読者の方も多いと思うので、今回は先行配信版を触ってみた感想を皆さんにお伝えする。ちなみに、楽しいので期待して待っていていい。

『Icewind Dale』が1200円→480円の最安値へ、脱出ゲーム『魔法の本』が無料セール開始 - 6月12日の値下げゲーム

出たばかりのRTS『The Ancients AR』が半額以下になっていてちょっと悲しいけど、ARでゲームしたい方はどうぞ。
『アニムス - アイア番外編』がセールを継続中なので、これが一番のおすすめ。

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のゲーム
Icewind Dale: Enhanced Edition (itunes 1,200円→480円 iPhone/iPad対応)
icewind
ダンジョンズ&ドラゴンズ(以下D&D)をベースにしたRPG、『Icewind Dale』の拡張版移植作品。
『バルダーズ・ゲート』で冒険した地よりもはるか北方の「ノース」を冒険するRPGで、プレイヤーは種族やクラスを選択し、6人のキャラクターを作成して冒険の旅に出ることとなる。
高難易度で、かつ壮大なRPGを楽しみたいなら。
ただし、英語のみ。

砂漠の惑星を旅するオープンワールドアドベンチャー『Sable』発表。メビウスのコミックのような映像が動く他にない作品

Dfc9MSMW0AAUYhp
E3のPCゲームが集結するカンファレンス『PC Gaming Show』にて、少女が砂漠を旅するオープンワールドアドベンチャー『Sable』が Raw Fury からパブリッシュされることが発表された。
これは、ゲームキャストで1年以上前にお伝えしたShedworksが砂漠を舞台とした名もなきゲームを開発している記事の続報となる。
2019年発売予定で、対応ハードはPS4 / Xbox One / Steam / Switchで、日本語も対応予定となっているが、Raw Furyはスマホ移植に積極的であり、かつ『Sable』開発者の直近の作品がスマホゲームだったことを考えると、将来的に移植はあるかもしれない。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント