RSS

記事一覧

年末・年始一斉セールまとめ、パズルゲーム編。静謐なるパズル『Starman』、プレイグラウンドパズル『flocks』、奇妙なパズル『Million Onion Hotel』など

年末年始のゲームセールまとめ、パズルゲーム編。
Starman、Hidden Folks、Ordia、Million Onion Hotelあたりはかなり、おすすめ。
※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

キュビ (App Store 610円→370円 / GooglePlay 520円)

次元をつなぐポータルを利用し、ワープしながらゴールを目指すポータルパズルゲーム。
バーチャルスティックで移動し、魔法の筆を振り回すボタンでポータルの起動・閉鎖、ブロックを押し引きなどを行う。
時限の均衡を保つストーリーと、主人公の着せ替えなども楽しめてなかなか良くできている印象。

AnnapurnaとDevolverの年末・年始一斉セールまとめ。『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』から『Downwell』までAndroid/iOSで一斉セール中

年末年始のゲームセールまとめ、Annapurna InteractiveとDevolver Digital編。
この手のセールでは珍しく、Android版も安くなっている。
ジャンル別2021年末・2020年始セールまとめは以下で。
 / アドベンチャー・脱出ゲーム / RPG・戦術ゲーム / 経営・シミュレーター / パズルゲーム / アクション・STG

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

Annapurna Interactive
Gorogoa (App Store 610円→250円 / GooglePlay 540円→230円)
gorogoargr
水彩画タッチで描かれた仕掛け絵本のページをつなぎ合わせ、ストーリー的な繋がりを持つページを作って物語を進める仕掛け絵本パズル。
4枚のイラストを分解しては組み合わせ、ときにつなぎ合わせて1つのイラストのようにして、イラスト内の人物を助けて怪物Gorogoaに立ち向かうゲームは、物語を読むように進んでいく。
映像、物語の演出が素晴らしく、かつパズルも面白い。おすすめ。
紹介記事:物語を読み進める“仕掛け絵本パズル”『Gorogoa』レビュー。読むように進むゲームという新しい体験

タイトーの年末・年始一斉セール開始。『たけしの挑戦状』や『タイムギャル』などが370円、『ダライアスバーストSP』やレイシリーズなどSTGも豊富

年末年始のゲームセールまとめ、タイトー編。
2021年12月23日(木) ~ 2022年1月19日(水)まで。
ジャンル別2021年末・2022年始セールまとめは以下で。
 / アドベンチャー・脱出ゲーム / RPG・戦術ゲーム / 経営・シミュレーター / パズルゲーム / アクション・STG

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

たけしの挑戦状 (App Store 860円→370円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 860円→370円)
sc552x414
1986年にファミコンで発売されたアクションアドベンチャーで、当時のゲーム機の性能などを考えずにビートたけしさんが要望を入れ込み、結果として多くのプレイヤーがクリアできず、伝説のクソゲーなどと呼ばれるようになってしまった作品。
今やってもやっぱり……うん、微妙。でも伝説のゲームを見たいならやる価値あり。

洞窟物語の開発室Pixelによるアクション『ケロブラスター』Android版がついに配信開始! 関連作『PINK HOUR』と『Pink Heaven』も無料で同時配信開始

ケロブラスター (itunes 730円 / Google Play 730円)
001 (14)
インディーパブリッシャー PLAYISM は、サラリーマンのカエルが「バグ取り」のお仕事に励むアクションゲーム『ケロブラスター』 を Google Play で配信開始した。
本作は『洞窟物語』で有名な開発室Pixel が手掛けたアクションゲームで、スマートフォン……つまり、タッチパネルで初めてアクションを遊ぶ人を念頭に作られた操作性と、昔ながらの動いて楽しい横スクロールアクション。
関連作『Pink Hour』と『Pink Heaven』も無料で配信開始され、Android ユーザーには嬉しいクリスマスプレゼント、と言ったところだろうか。
すでに配信されている iOS 版とあわせて、やっと主要なスマートフォンでこれらの作品が遊べる。

『DEEMO II』リリース日が1月13日に決定。濡れたものが消失する「虚無の雨」が降る世界を探索するリズムゲーム+謎解きアドベンチャー

DEEMO II (App Store 事前登録  / GooglePlay 事前登録)
001 (13)

台湾 Rayarkは、本日12月24日、『DEEMO II』のリリース日が2022年1月13日になることを発表し、あらたにキービジュアル、キャラクター情報などを公開した。
ゲームの舞台は雨で濡れた物に白い花びらが咲き、そのまま消失してしまう“虚空の雨”が降る世界。
『DEEMO II』は、この世界で主人公のエコーを操作し、楽曲演奏やフィールド探索、多くのNPCとの会話を通じて虚空の雨と白い花びらの秘密を探す謎解きとリズムゲームを組み合わせたアドベンチャーゲームとなっているという。
ゲーム内には50名を超える NPC がおり、その願いを叶えたり依頼をこなしたりすることで、ストーリーを進める重要な手がかりが得られる。

ケムコ、2021年末・年始セールで一挙17作品セール。ハック&スラッシュな鍛冶屋RPG『砂の国の宮廷鍛冶屋』、プレイヤーの裁定が物語を決める『モノクロームオーダー』など

年末年始のゲームセールまとめ、ケムコ編。アクトレイザー、聖剣伝説3など、2021年に出たゲームもセールの終了日時はタイトルによって異なるので、詳細はケムコゲームセール一覧をどうぞ。
砂の国の宮廷鍛冶屋と、モノクロームオーダーは大きく外さないと思うのでスクエニ系と異なるRPGを探していたらどうぞ。

その他、メーカー・ジャンル別の2021年末・2022年始セールは以下で。
 / アドベンチャー・脱出ゲーム / RPG・戦術ゲーム / 経営・シミュレーター / パズルゲーム / アクション・STG

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

RPG 砂の国の宮廷鍛冶屋 (itunes 860円→610円/ GooglePlay 860円→610円)

ジョブ・性別・信仰を選んでキャラクターを作り、5人パーティーで冒険して素材を集め、鍛冶で品物を作って販売し、成長していく鍛冶屋RPG。
ジョブを集め、育成してキャラクターにサブジョブを取らせることでカスタマイズしていく楽しさも。
ど定番の作りではあるが、操作しやすく、わかりやすく、素直に楽しめる。

スクウェア・エニックス、2021年末・年始セールまとめ。『アクトレイザー・ルネサンス』やリメイク版『聖剣伝説3』など新作含む一斉セール中

年末年始のゲームセールまとめ、スクウェア・エニックス編。
ドラクエをのぞき、2021年12月22日~2022年1月4日まで(ドラクエは不明)
アクトレイザー、聖剣伝説3など、2021年に出たゲームもセール価格に。

その他、メーカー・ジャンル別の2021年末・2022年始セールは以下で。
 / アドベンチャー・脱出ゲーム / RPG・戦術ゲーム / 経営・シミュレーター / パズルゲーム / アクション・STG

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

アクトレイザー・ルネサンス (App Store 2,440円→1,960円 / GooglePlay 2,440円→1,960円 / Steam 3,520円→2,992円)

1990年にスーパーファミコンで発売された同名ゲームのリメイク作。
神となって魔物が支配する大地に降り立ち、戦いながら人々を導くアクション+経営SLG。
魔物と戦う横スクロールアクションパートと、魔物が消えた土地で人々の生活を助け、人間たちの文明を発展させる経営パートの2パートを繰り返し、人間たちの発展を助けるゲームとなっている。
経営パートは原作より簡略化されているが、その代わりに魔物の軍勢を人間たちを操作して迎撃する戦術ゲームパートが追加(その部分の出来がイマイチなのが問題だが)。
ストーリーも英雄と神を中心とした物に変化しており、原作のテイストとかなり違う部分もあるが、まあ楽しめる。
紹介記事:
 神となって魔物の住む大地に降り立つアクション、弱い人間を導くSLGの2つが一体となって生み出す物語ゲーム『アクトレイザー・ルネサンス』。原作と比較せず、新作としてレビュー

2021年、年末ボードゲームセールまとめ。『Onirim』無料、『One Deck Dungeon』120円など30作以上が一斉セール

年末のボードゲームセールまとめ。
メーカー・ジャンル別の2021年末・2022年始セールは以下で。
 / アドベンチャー・脱出ゲーム / RPG・戦術ゲーム / 経営・シミュレーター / パズルゲーム / アクション・STG

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

2021.12.25追加
Neuroshima Convoy card game (App Store 610円→250円 / GooglePlay 540円→130円)
ss1
ニューロシマの世界観を利用した対戦カードゲームをアプリ移植したもの。

DMMブックス スーパーセール 2021-22 冬開始。『呪術廻戦』、『葬送のフリーレン』、『王様ランキング』などほぼ全男性コミックが50%お得に

Collage_Fotor
電子書籍サービス『DMMブックス』にて、電子書籍の購入に対して30%~50%のポイント還元を行う「DMMブックス スーパーセール 2021-22 冬」が始まった。
本キャンペーンは、対象の電子書籍の購入時に税抜額の最大50%のDMMポイントを還元するもので、付与上限は無制限。
期間は2022年1月20日15時まで、ポイントの有効期限は90日となっている。
なんと、今回は2021年12月16日以前に配信された作品は、ほぼ全品が還元対象。
ジャンルごとのポイント還元率は以下の通り。

50%ポイント還元
男性コミック / 女性コミック / ビジネス実用 / ボーイズラブ

30%ポイント還元
文芸 / ラノベ / ティーンズラブ / 写真集

ドイツ連邦教育研究省が、有名インディー開発者と共同で制作した学習脱出ゲーム『Kitty Q』レビュー。子供の好奇心を刺激し、勉強とゲームは両立させる取り組み

Kitty Q (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
csm_33KatzeQ-www_d380f82f6a
「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」
四国新聞で展開されたメッセージ広告が、ネット・ゲーム依存症対策条例を定めてゲームを制限する香川県への挑戦として日本では話題になった。
が、ドイツでは「そもそもゲームと勉強は両立する」とばかりに、子供の好奇心を刺激すいる量子物理学学習ゲーム『Kitty Q』が開発され、スマホ向けにリリースされた。
しかも、ドイツ連邦教育研究省(国)の出資で制作されているため、無料で広告一切なしなので、誰でも手軽に手を出せる。

開発は数々のヒット作・受賞作を制作し、直近でも『Song of Bloom』でApple Design Award を受賞したドイツ・インディーゲームの鬼才 Philipp Stollenmayer。
それでいて研究組織 Cluster of Excellence ct.qmat の協力で科学的な解説・考証もバッチリ。
面白さでも、学習への取り組みでも妥協のない1作となっている。

アーチャー伝説のHabby新作ブロック崩しRPG『ポンボール』がまた面白い!、など12月22日の新作ゲーム27本感想

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
ポンボール (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

ボールを好きな角度で発射し、ブロック崩しの要領でブロック形の敵に当てて倒していくバトルシューティング。
1回ボールを発射するたびにブロックが降りてきて、一番下に到達するとプレイヤーがダメージを受け、HPが0になると終了。
毎プレイ初期状態から始まり、プレイ中にランダムに出てくるパワーアップを取得していくため、毎回少し違うプレイが楽しめる。演出も気持ちよく、後を引くプレイ感になっている。
アーチャー伝説メーカーの新作。




コンビニ経営で全国を制覇せよ。カイロソフト『開店コンビニ日記』をiOS/Android向けに配信開始

開店コンビニ日記 (App Store 730円 / GooglePlay 730円)
top
地域に根ざしたコンビニから、日本を代表する全国コンビニチェーンへ!
カイロソフトより、コンビニを経営するシミュレーションゲーム『開店コンビニ日記』が App Store / Google Play 向けにリリースされた。
本作は商品を開発し、棚に品を並べて魅力的な品揃えを実現し、来店者が欲しいものを提供して常連化し、店員を育てて売上げ拡大を目指す経営ゲーム。
地域の客の要望をかなえる草の根的な経営に始まり、複数の店舗を経営し、最終的にライバルテンポと競う要素もあり、カイロソフト系ゲームとしては結構入り組んでいるが、やり応えもありそうな1作だ。

『ファイナルファンタジーVIピクセルリマスター』は2022年2月リリース予定へ。デバッグ・バランス調整を入念に行うため、開発期間延長

header (8)
『ファイナルファンタジー』をスクウェアでドットキャラクターを生み出してきた渋谷員子さん監修のドット絵で、音楽は作曲者・植松伸夫さんの監修で新しく作り直す『ピクセルリマスター』シリーズ。
その最後の作品、『ファイナルファンタジーVI ピクセルリマスター』リリースが2022年2月予定になることが発表された。
発表には、理由について以下のように記されている。
イベント、バトルともに慎重に調整を行い、入念なデバッグを行うため、これまで以上に開発期間をいただくことになりました。(中略)
『FF6』のファンの方にも、初めてプレイされる方にも楽しんでいただけるタイトルとなるよう開発を進めてまいりますので、もうしばらくお待ちいただけますと幸いです。

縦スクロールシューティングに、毎プレイことなる自機を組み上げるローグライク要素。『LinearShooter Remixed』レビュー

LinearShooter Remixed (App Store 250円 / GooglePlay 240円 / Steam 310円)
LinearShooter Rimixed Main Visual
死んだら最初から、毎プレイ違った冒険を楽しめる。
『Slay the Spire』などで人気のローグライク要素を、シューティングに盛り込んだゲームが登場した。
シューティングゲームを作り続ける学生ゲーム開発者の Annulus Games 新作、『LinearShooter Remixed』だ。
ステージクリア型の縦スクロールシューティングに、毎プレイ異なるパワーアップアイテムを組み合わせて自機の性能をカスタマイズし、プレイするたびに変化するステージを組み合わせ、長く遊べるゲームに仕立てている。



究極の遊戯王ゲーム『遊戯王マスターデュエル』最新PV公開。10,000以上のカードを収録し、PC、スマホ、各ゲーム機向けにクロスプレイ対応で今冬リリース予定

2021-12-19_15h04_52
コナミは、究極の遊戯王ゲームと称する『遊戯王マスターデュエル』の最新 PV を公開した。
これまでもスマートフォン向けなどで『遊戯王』関連のゲームは登場しているが、本作は現行の遊戯王カードのゲームが楽しめる本家ゲームの移植に当たる。
PV によれば、本作の収録カードは10,000種以上、多数のレギュレーション、フォーマットに対応し、大会開催機能も備えるという。
基本無料で、Steam、App Store、Google Play、Nintendo Switch、PS4、PS5、Xbox One、Xbox sx間でクロスプレイに対応。
カードイラストに込められた物語を体験できるソロモードも用意され、1人用も充実しているようだ。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント