RSS

記事一覧

『どうぶつタワーバトル』楽しい。『Twoer Fortress』と『キャラバンストーリーズ』レビューなど - ゲームニュースまとめ

カジュアルな中に理想の対戦ゲーム要素を備えた『どうぶつタワーバトル』レビュー。奥深さもランダム性も、楽しさも全部入りのジャングル
doubutu01
だまされたと思ってやってみるよろし。

ランダム生成の塔を登るローグライクアクション『Tower Fortress』レビュー。『Downwell』にインスパイアされたUpwellゲーム

人を見た目で裁く裁判ゲーム『Peace, Death!』初セール、ホラーゲーム 『Paranormal Territory 2』無料- 12月3日の値下げゲーム

スマホ版『どうぶつの森』、日本人は海外のプレイヤーに比べて16倍~50倍近い課金をしていたことが判明

ランダム生成の塔を登るローグライクアクション『Tower Fortress』レビュー。『Downwell』にインスパイアされたUpwellゲーム

tower08
ランダムに生成された中から最適解を探すゲームは楽しい。
毎回の変化を楽しめるだけでなく、ゲームシステムを理解して行動を最適化しつつ、それでも判断しきれないランダムな揺らぎをその場の判断でさばいていくプレイは多くのゲーマーを魅了し、(広義の)ローグライクというジャンルを生み出した。
そこにやってきた新しい挑戦者が、『Tower Fortress』である。

カジュアルな中に理想の対戦ゲーム要素を備えた『どうぶつタワーバトル』レビュー。奥深さもランダム性も、楽しさも全部入りのジャングル

doubutu01
2人のプレイヤーが空から動物を落としてタワーのように積み上げていき、先にバランスを乱してタワーを崩した側が負け……そんなシンプルな対戦ゲームが今、話題になっている。
その名は『どうぶつタワーバトル』。
恥ずかしながら、ゲームレビューサイトを運営しながら本作をずっと知らなかったのだが……プレイしてみると、流行っていることに納得せざるを得ない面白さがそこにあった。
1試合1分。その間に手に汗握る瞬間あり、ランダム性による予想外の展開ありで、理想的なカジュアル対戦ゲームになっていたのだ。

人を見た目で裁く裁判ゲーム『Peace, Death!』初セール、ホラーゲーム 『Paranormal Territory 2』無料- 12月3日の値下げゲーム

タイトルの通りだが、死に神になって人を裁くゲーム『Peace, Death!』は結構楽しい。
また、ホラーゲーム 『Paranormal Territory 2』も無料ならかなり怖くて良い。

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

イチオシ
Peace, Death! (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
Peace, Death!
地獄の裁判官となり、次々とやってくる人間達の罪を裁く裁判ゲーム。
なお、罪状は外見でわかるので基本的に見た目が天国と地獄をわける。
英語のみだが、読む気力さえあれば遊ぶのは簡単。
紹介記事:人は見た目が10割。地獄の法廷に立って見た目で裁く審判ゲーム『Peace, Death!』

最高に可愛くて美しいビジュアル。ドラクエV風からクラッシュ・ロワイヤルになるMMORPG『キャラバンストーリーズ』レビュー

caravanbr-2
MMORPGかと思ったら、ソシャゲRPGで、かと思ったらタワーディフェンスに変化する……王道RPGのように見えて、これほど奇妙な作りのゲームは珍しい。
とにかくビジュアルが美しい、そして可愛い。そこは疑いもなく『キャラバンストーリーズ』の真実である。
だが、そのビジュアルから受ける印象とゲーム内容は異なる。システム面については面白いと感じても、そうでなくても「こんなゲームだと思っていなかった」と困惑してしまう奇妙なゲームでもある。

日本一ソフトウェア、ホラーアドベンチャー『真 流行り神 -ブラインドマン編-』配信開始。PS3/Vitaの原作から1話をピックアップ

ss2
日本一ソフトウェアから、ホラーアドベンチャー『真 流行り神 -ブラインドマン編-』が配信された。
本作はPS3 / PS Vitaでリリースされた『真 流行神』から、ブラインドマン編のエピソードのみを切り出したもの。
全エピソードを通じてS県C村にまつわる猟奇的な殺人やオカルト事件を追っていくもので、12月中には「悪霊編」が配信され、2018年1月から4月にかけて「パンデミック編」「寄生虫編」「人形編」「秘密クラブ編」が配信される計画になっているとのこと。
ある種の怖いもの見たさであれば360円は手頃だし、気に入れば続編を買える形式なら6,000円程度を払うゲーム機版よりは気軽に試せる。ホラーゲームが好きな方はどうぞ。

アプリリンク:
真 流行り神 -ブラインドマン編- (itunes 360円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

スマホ版『どうぶつの森』、日本人は海外のプレイヤーに比べて16倍~50倍近い課金をしていたことが判明

dou08
6日間で1,500万ダウンロードを達成し、記録的なスタートを切った『どうぶつの森 ポケットキャンプ』(以下、ポケ森)。その収益を調査会社のSensorTowerが分析した結果、海外のプレイヤーに比べて、日本人が同じアプリに10倍以上ものお金を払う気前の良い客であることがわかった。

スマホ版『PUBG』は1本だけではなかった。テンセント2本目のPUBG『绝地求生:刺激战场』の動画を公開

DP7uZfoW0AApkQ5
100人のプレイヤーがパラシュートで島に降下し、廃墟からアイテムを探し出して最後の1人になるまで戦うゲーム『PlayerUnknown Battle Groud』、通称『PUBG』。
その『PUBG』のスマホ版がテンセントから発表されたことをお伝えしたが、スマホ版の『PUBG』は1つではなかったようだ。
テンセント、スマホ版『PUBG』の予告動画公開。中国で事前登録を開始
テンセントは、『绝地求生:刺激战场』という新たな『PUBG』のゲームの事前登録を開始していた。

11月の人気記事ベスト5、スマホ版PUBG予告動画公開など - ゲームニュースまとめ

スペースコンバットRPG『Subdivision Infinity』がおよそ半額 - 12月1日の値下げゲーム

テンセント、スマホ版『PUBG』の予告動画公開。中国で事前登録を開始

2017年11月の人気記事ベスト5 - 終わりの先を夢見るソーシャルゲーム、ドッカンバトルの調査などが注目を浴びる
asaIMG_3100

スペースコンバットRPG『Subdivision Infinity』がおよそ半額 - 12月1日の値下げゲーム

スペースコンバットRPG『Subdivision Infinity』が半額に。

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

イチオシ
Subdivision Infinity (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
23
40のミッション(採掘、バトル、探査など)と5つの異なるエリアを探索できる3Dスペースアドベンチャー。
ゲーム自体はオーソドックス宇宙ものに見えるが、独自のエンジンを利用しており、300MBのアプリサイズでかなりいい感じのグラフィックを実現している。

テンセント、スマホ版『PUBG』の予告動画公開。中国で事前登録を開始

d1
テンセントは、中国向けにスマホ版『PUBG』の予告動画を公開し、同時に事前登録を開始した。
制作は天美工作室群。中国でオンリーワンのトップタイトル『王者栄耀』や、コナミから魂斗羅のライセンスを受けた正式ゲームを作ってヒットさせてきた開発スタジオであり、テンセントの本気度がうかがえる。
事前登録者数は予告動画の公開から数時間で100万近くになっており、プレイヤーの期待度も高い。

2017年11月の人気記事ベスト5 - 終わりの先を夢見るソーシャルゲーム、ドッカンバトルの調査などが注目を浴びる

jpg large
2017年11月は、力を入れて書いた特集記事が普通に上位に登場した。
そして、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の暴力的なまでの強さ。
もう「どうぶつの森」って入れておけば1万以上の閲覧数が確定するんじゃないかと思ってしまうほどすごい。

テンセントがPUBGライクゲーム中国でリリース、ニコニコ動画は基本性能も向上へ - ゲームニュースまとめ

テンセント、早くも『PUBG』ライクゲームを中国でリリース

SAOのオンラインRPG『ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター』サービス開始
552x414bb
そして、ログインできないゲーとなった。

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』リリース後、3DS版『どうぶつの森』が伸びる。なんと週間セールス9位に

ドワンゴ代表の川上氏が謝罪「ユーザーの不満点に目を向けていなかった」 基本性能向上にむけた実行プランも発表 - ねとらぼ

テンセント、早くも『PUBG』ライクゲームを中国でリリース

520x293bb
『PUBG』が空前の人気を誇り、スマホでもクローンアプリが中国の大手メーカーから次々投入されいる中で、本家『PUBG』と提携してスマホ版の開発を発表したテンセントが『PUBG』ライクゲームを中国に投入した。
テンセント、『PUBG』スマホ版の開発を正式発表
その名は『光荣使命』。100人のプレイヤーがパラシュートで島に降下し、廃墟からアイテムを探し出して最後の1人になるまで戦うゲームである。

SAOのオンラインRPG『ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター』サービス開始

ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
オンラインゲームの世界を舞台とした人気小説『ソードアート・オンライン』のオンラインゲーム(不思議な響き)がスマホにてリリースされた。
本作は原作で言うところのモブの1人となり、他のプレイヤーと協力しながら100階層のクリアを目指すRPG。プレイヤーキャラクターが加わることで、物語にも微妙な変化が訪れるという。
なんにせよ、オンラインゲームを舞台にしたゲームとはいえ、小説を原作にすると「オフラインで原作を体験する」ようなゲームになりがちだ。オンラインゲームの舞台をどのように調理しているのか、非常に興味深い。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント