RSS

記事一覧

サービス終了した『東方ダンマクカグラ』の後継作『東方ダンマクカグラ ファンタジア・ロスト』制作決定! 11月4日よりクラウドファンディング実施

main_visual2
サービスが終わっても、ゲームは残る。
本日2022年10月28日20時サービス終了のリズムアクションゲーム『東方ダンマクカグラ(以下、ダンカグ)』の生放送にて、後継作品『東方ダンマクカグラ ファンタジア・ロスト』がSteam向けに開発中であることが発表された。
『ダンカグ』の楽曲やイラストを受け継いで作られるが、コントローラー・マウス+キーボード音楽に合わせてリズムアクション部分が再構築される。
シナリオには『ダンカグ』と同じく株式会社ストーリーノートの藤澤仁さん、武田稚乃さんが参加し、新規書き起し。
本作はより多くのプレイヤーに届けるためのCAMPFIREでのクラウドファンディングが2022年11月4日から実施される。

脱獄囚をとらえて使役する、ダーク・監獄タワーディフェンス『無期迷途』がiOS/Android向けサービスを開始

無期迷途 (App Store 基本無料  / GooglePlay 基本無料)
FgCyzz4VIAAeIoZ
AISNO Gamesは本日2022年10月27日、罪悪都市プリズン戦略RPG『無期迷途(むきめいと)』の App Store / Google Play 向けサービスを開始した。
プレイヤーは巨大なプリズンの責任者である“ミノス危機管理局の局長”。
特殊な力を持つ犯罪者“コンビクト”を強制的に従わせる能力を持っており、脱獄したコンビクトを捕まえ、取り調べを行い、物語の謎を解き明かすことが目的になるようだ。

Steam評価「圧倒的に好評」、『Monster Train』がiOSに登場。天使を蹴散らし地獄の列車て爆走するディフェンスカードバトルゲーム

Monster Train (App Store 1,600円 / Steam 2,570円)
maxresdefault (1)
モンスターを乗せた地獄の列車で爆走だ!
Steamで「圧倒的好評」を誇る『Monster Train』が App Store にやってきた。
本作は地獄の列車で爆走し、止めに来る天使たちと戦うカードバトルゲーム。
毎プレイ最初から始まり、戦いながらランダムに出現するカード、悪魔たちのランダム強化イベントなどをこなしてデッキを構築するデッキビルド+ローグライク要素を持つ。
この手のゲームは『Slay the Spire』っぽさが先に立つが、本作は魔力を消費して4両の列車に別々の魔物を召喚したり、魔法で戦ったりするデジタルカードゲーム色が強く、独自性も高い。
価格は1,600円。追加DLCの“The Last Divinity DLC”がアプリ内購入で650円。円安のつらさを感じる……が、それでもSteam版の定価は2,570円だからスマホ版はお得にはなっている。

思ったより面白かった。10万円賞金トーナメントで宣伝している『白猫GOLF』がiOS/Android向けサービス開始

白猫GOLF (App Store 基本無料 / GooglePlay 基本無料)
ogp
コロプラは本日10月26日、『白猫シリーズ』の新作スポーツゲーム『白猫GOLF』の App Store / Google Play 向けサービスを開始した。
本作は『白猫プロジェクト NEW WORLD'S』のキャラクターがゴルファーとして活躍する別世界を描くスピンオフ作品。
ゴルフゲームに肝要なインパクトの快感や、テクニックによって変化する弾の軌道などの要素はうまくできており、さすがの出来映え。
この手のゲームが好きなら、遊んでみる価値があるゲームに仕上がっていそうだ。

無料のデッキ構築&バトルRPG『呪術迷宮 -Cursed Labyrinth-』がiOS/Android向けにリリース正式告知。先行プレイヤーの評価を受け早送り機能など実装済

呪術迷宮 -Cursed Labyrinth- (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
01_イメージタイトル画面
ゼロからのUnityゲーム制作を支援する学習サイト「Unity入門の森」は、呪術をテーマにした無料の1人用カードバトル『呪術迷宮 -Cursed Labyrinth-」』を App Store / Google Play 向けにリリースしていることを発表した。
本作は呪いが込められたカード“術札”を30~60枚選択してデッキを作って迷宮に挑み、敵と戦う1人用のカードバトルゲーム。
10月15日にリリースされていたが、早期アクセス者の意見を取り入れたアップデートを行い、自動セーブや早送り機能など快適さを向上させて正式リリース告知となっている。

AI技術で進化する少女型情報体をスマホで育てる。『MEMES/ミームズ』がiOS/Android向けにリリース

MEMES/ミームズ (App Store 基本無料 / GooglePlay 基本無料)
00_MEMES_Keyvisual_800
Preferred Networks, Inc.は、電子世界から情報を吸収する少女型情報体“ミームズ”をスマートフォンに住ませ、育てるアプリ『進化する少女型情報体 MEMES/ミームズ』を App Store / Google Play 向けにリリースした。
本作は深層学習……いわゆるAI技術によって変化する少女を育てるゲーム。
ミームズは、プレイヤーが食べさせた言葉をもとに変化していき、特別な個性を獲得するという。
また、同社がサービスしているAIによるキャラクター生成プラットフォームCrypkoの技術を利用しており、ミームズの外見はプレイヤーによって全く異なるものになるようだ。

人間のような生活をしたい! ぬいぐるみたちのクラス島を作る放置ゲー『ぬいぐるみのみる夢』がiOS/Android向けに配信開始

ぬいぐるみのみる夢 (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
title
「人間みたいな生活がしたい!」ぬいぐるみたちが住む島を大きくして、住人を増やそう。
ゲーム開発チーム Usagi Game Lab は、ぬいぐるみが人間のように暮らせる島を作る放置系島拡張ゲーム『ぬいぐるみのみる夢』を App Store / Google Play 向けにリリースした。
Usagi Game Lab は昨年にも『動物牧場 - Tap Tap Animal Farm !!』をリリースしており、本作で2作目。
前作は動物が増えるだけだったが、今回は島を拡張して家を作り、ぬいぐるみを集めて住ませるコレクション要素が加わってパワーアップしている。

クトゥルフ神話モチーフのTRPG風ゲーム『Cthulhu Mythos ADV 闇に囁く狂気』がiOS,Android,PC向けに配信開始。SAN値を削りながら狂気の漏れ出す廃病院を脱出せよ

Cthulhu Mythos ADV 闇に囁く狂気 (App Store 1,000円 / GooglePlay 1,000円 / Steam 1,200円 / DLsite 1,210円)
1_keyvisual
狂気が漏れ出すクトゥルフ神話系物語を、TRPG気分で遊ぼう。
Gotcha Gotcha Games から、TRPG感覚でクトルゥフ神話系の物語を楽しむ『Cthulhu Mythos ADV 闇に囁く狂気』が Steam、DLSite、iOS、Android 向けにリリースされた。
本作は、見知らぬ廃病院で目を覚ました主人公が、仲間と共に異形に立ち向かい、謎を解いて脱出を目指すアドベンチャーゲームだが、単に結果が決まりきった選択肢から行動を選ぶゲームとは少し違う。
行動に対してサイコロを振って成否を決定する仕組みを導入しており、プレイヤーの選んだ行動が運によって成功するときも、失敗するときもあるわけだ。
これによってプレイヤー判断だけでなく、ときにサイコロ運によって運命が決まり、分岐するエンディングを楽しめるようになっている。

Apple、M2搭載の新型iPad Pro、A14搭載のiPad、A15搭載のApple TVの予約受付開始。Apple Pencilの入力精度を高める新機能も

2022-10-19_00h57_07
Appleは10月18日、新たにM2チップを搭載する iPad Pro、A14 Bionicチップ搭載の iPad、A15 Bionicチップ搭載のApple TV 4Kの予約受付を開始した。
iPad Pro発売は10月26日を予定しており、11インチモデルは124,800円から、12.9インチモデルは172,800円から。
iPad発売は10月26日を予定で、価格は68,800円から。
Apple TV 4Kは発売は11月4日で、19,800円からとなる。

基本無料なのに、雰囲気ゲー。繊細な筆致で滅びた世界と魔女の姿を描くRPG『メメントモリ』がiOS/Android向けにサービス開始。

メメントモリ (App Store 基本無料 / GooglePlay 基本無料)
552x414bb
Bank of Innovationの約2年ぶりの新作RPGとなる『メメントモリ』が App Store / Google Play / PC(DMM)向けサービスを開始した。
本作は過酷な過去や運命を背負う『魔女』と呼ばれる少女たちが、滅びた世界を救うため、堕ちた大地を解放するRPG。
自ら「美術史で語られる、はじめてのRPG」を自称しており、どんなものアートにこだわりぬいたことが一目でわかる1作。
同社の『幻獣契約クリプトラプト』は、システムはオールドながらも美麗なアートと、TRPGを思い起こさせる語り口調でゲーム好きからも一定の評価を得ていた。
本作はそこにさらに……というか、ライバルがいない領域までアクセルを踏み込んだ雰囲気ゲーの様相を呈しており、筆者としてはかなり好感触な1作だ。

スマートフォン版『くまのレストラン』、完全版アップデートでエピローグ追加。 最大34%オフの本編・関連作品Switch/Steam版セールも実施中

くまのレストラン (itunes 無料 GooglePlay 無料)image2
生と死のレストラン、スマホでふたたび。
Odencat株式会社は本日10月18日(火)、App Store と Google Play アプリ『くまのレストラン』を無料アップデートを実施し、エピローグを追加した完全版を配信開始した。
エピローグは、Nintendo Switch版・Steam版のみに収録されていたが、ついにこれがスマートフォンで見られることになる。
エピローグは虚無編クリア後、広告視聴、もしくはアプリ内購入で見られる。

圧倒的な数のテキとブキ!サイドビューの『ヴァンサバ』系ゲーム『ORANGE SURVIVAL』がiOS/Android向けに配信開始

ORANGE SURVIVAL (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
ss1
原始的なパワーアップと破壊の面白さが、ここに。
作虚家のtdhrより、異次元からの襲い来る人工物と戦うローグライトアクションゲーム『ORANGE SURVIVAL』を iOS/Android 向けに配信された。
本作は『Magic Survival』や『Vampire Survivors』にオマージュされたゲームで、プレイするたびステージ最初からのスタートし、時間経過で強くなるテキを倒し、ランダムに提供されるスキルを選択してキャラクターを強化・ビルドして、最終的に出現するボスの討伐を目的とする。
広告付き無料ゲームだが、有料で広告削除も可能となっている。

性表現が過ぎて配信が遅れていた『ダンジョンスクワッド』、iOS版も配信開始。タイツなどで露出度は減っても、面白さはそのまま

ダンジョンスクワッド (App Store 800円 / GooglePlay 730円)
FecxllQacAAwmRp
『ダンジョンメーカー』を開発した GameCoaster の最新作『ダンジョンスクワッド』が、ようやくApp Store でも配信開始となった。
本作は魔界を破壊された魔王たちが、再起をかけて人間世界に侵攻する戦いを描いたシューティングRPG。
毎プレイ最初から、ランダムに得られる能力の組み合わせを試しながら戦うローグライク要素は健在で、今作もプレイヤーの評価は上々。
しかし、過度の性的表現のため Apple の審査で配信不能となっており、App Store に配信するための全年齢版を製作中であることが明かされていた。

ハック&スラッシュRPG『トーチライト:インフィニティ』、iOS/Android向けにオープンβテスト開始。対人戦なし、よりソシャゲっぽさを消した基本無料ディアブロ系ゲーム

トーチライト:インフィニティ (App Store 基本無料 / GooglePlay 基本無料)
ss1
ハック&スラッシュRPGの人気作『Torchlight』新作、『トーチライト:インフィニティ』が App Store / Google Play に公開され、本日10月12日11時よりオープンβテスト開始した。
本作は『ディアブロ』系のRPGとして人気を博したシリーズの最新作で、ランダム生成されるダンジョンを冒険し、ランダム生成のアイテムを手に入れるハック&スラッシュゲーム。
このジャンルでは『ディアブロイモータル』が有名だが、本作はPvPなし、強制的な他プレイヤーとの交流なし、スタミナによるプレイ制限なしと、より「ソシャゲライク」ではないプレイを売りとしている。

サービス終了する『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』、アドベンチャーゲームとして家庭用ゲーム機へ移植発表。なんと新規ストーリー追加も!

Fen2e1xUcAU7KLY
2022年10月28日(金)16:00にサービス終了を予定しているスマートフォン / PCブラウザ向け基本無料ゲーム『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』が家庭用ゲーム機に移植され、エンターグラムから発売予定であることが明らかとなった。
これは、YouTubeにて行われた生配信“『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』グランドフィナーレ ~ありがとうの花束を~”の中で発表されたもの。
ジャンルは“思い出きらめきADV(仮)”となり、ゲーム版のアドベンチャーパートを移植し、さらに新規ストーリーを収録する。
一方、アドベンチャーゲームになるため、3×6マスの盤面にキャラクターを配置して敵を迎撃するタワーディフェンスパートは省かれる。

凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント