RSS

記事一覧

すべての画面が生きている絵本『Wander in Wonder』。子供向けを超え、全人類向けと思えた不思議絵本アプリ #TokyoSandbox

2019-04-09_06h59_51
ベルサール秋葉原で開催されたインディーゲーム展示会『Tokyo Sandbox』。
その展示の中で私の心を1番に揺さぶったのは、迷子のうさぎが家に帰る様子を描いた“動く絵本”、『Wander in Wander』だった。
簡単な謎解きしかなく、プレイ時間もたった15分程度。
しかし、うさぎが家まで帰る15分の体験は、素晴らしく濃密だった。

ゲームイベントにて展示予定の『寿司がはしるやつ』に納得いかず、占いアプリに寿司が走る処理を追加して展示→意味不明すぎて「ユニークゲーム賞」獲得 #TokyoSandbox

tsb01-1
ベルサール秋葉原で開催されたインディーゲーム展示会『Tokyo Sandbox』。
その中で、本来展示される予定ではなかった作品がイベント内の投票で勝利し、“ユニークゲーム賞”を獲得してしまった。

TVニュースの再現CGを手軽に作れる『再現CGメーカー』リリース。あの名シーンをCG再現しよう

再現CGメーカー (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
02
ニュースなどでおなじみの「現場再現CG」。
マネキン風のキャラクターが現場を再現する、シュールなCGを、スマホで作れるアプリ『再現CGメーカー』が登場した。
単なるネタアプリかと思いきや、本当に再現能力が高すぎてネット上ではアニメやゲームの名シーンが次々と再現され、ちょっとしたお祭りになっている。

爽快・制御難しすぎな超高速フックアクション『SKYARM』。完成度50%ながら尖りまくりの魅力を紹介する #TokyoSandbox

WS000062
ベルサール秋葉原で開催されたインディーゲーム展示会『Tokyo Sandbox』。
その中でも「粗いが面白い可能性を秘めている」と感じられたインディーゲーム、超高速バトルフックアクション、『SKYARM(スカイアーム)』を紹介しよう。
本作はビル群にフックをひっかけ、その反動で空を飛びながらひたすらに戦うアクションゲームだ。

インディーゲーム展示会『Tokyo Sandbox』で遊んで欲しい、楽しかったゲームリスト(※1日目で遊べた分から抜粋)

2019年4月6日(土)~7日(日)まで、ベルサール秋葉原で開催されているインディーゲーム展示会『Tokyo Sandbox』。
大量のインディーゲームが並ぶ本イベントの個別ゲームレポートは後ほど行うが、思った以上に楽しいゲームが多いあたりイベントだった。
1日では遊びきれないイベントでもあるので、本日参加する方のために気になったゲームを一通り紹介しておく。

日本最大級の同人・インディーゲーム展示即売会、デジゲー博2019、11月17日開催決定。開催を手伝うゲーム好きスタッフも募集中

01
日本最大規模の同人・インディーゲームの展示・即売会『デジゲー博2019』の開催が11月17日(日)、秋葉原UDXの2F・AKIBA_SQUAREと4F・UDXギャラリーで行われることが発表された。
募集要項は5月~6月に発表し、7月から申し込み開始予定となっている。
このイベントは、同人・フリーゲーム・インディーをひとくくりにまとめたイベントで「粗すぎる意欲作」から「上質のインディー」まで、企業製品とは一味違うゲームの魅力がマルっと味わえる。
(過去の取材記事はこちらから→デジゲー博主催、江崎望さんインタビュー「同人・インディーゲームに上も下もない。全ての開発者がフラットに参加できる場所を作りたい」

また、イベントではボランティアスタッフの募集も開始しており、こちらはイベント実施経験を積み、ゲーム好きの仲間を作る場にもなっている。慢性人手不足らしいので、気になったらぜひ応募してみて欲しい。

奇妙なネコを操る『ネコノイア』、スマホの名門作『Rolando』の新作など、4月5日の新作ゲーム12本紹介

本日から新作一覧を再開。
また、皆さんよろしく。

注目のゲーム
Neconoia (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
スライド操作で空飛ぶ猫を自由に移動させ、後ろから迫ってくる壁から逃げ続けるアクションゲーム。
猫は敵を射程圏内にとらえると自動で攻撃を開始し、一定数の敵を破壊すると次のステージへの道が開かれ、進化していく成長ゲーのようだ。
独特の空気感と、へんてこな字幕演出が良い。

Google、限られたアプリにしか許可しなかった事前登録機能を一般リリース。全アプリがGoogle Play公式事前登録可能に

2019-04-05_07h08_00
ストアから発売前のアプリを予約する“事前登録”。
App Storeではストア公式の事前登録機能を誰でも利用できたが、これまでGoogle Playでは『マリオラン』など限られたアプリだけに公式事前登録を解放していた。
ところが、GoogleはGDC2019開幕の3月18日、この機能を一般向けに開放した。
今、GooglePlayコンソールをひらき、対象のアプリを開いて[リリース管理] > [アプリのリリース]を選べば、[事前登録]のメニューがあることに気づくはずだ。
すでに『フィッシング・パラダイス』など国産のインディーゲームもこの機能を利用し始めており、少しずつ利用が広がっているようだ。

【訂正あり】『ディスティニーチャイルド』のSHIFT-UP、キムヒョンテさんキャラクターデザインの新作ゲーム2本を発表

03
日本でもコアなファンを持つ韓国絵師、キムヒョンテさん。
彼がキャラクターデザインを行う新規ゲーム2本が発表され、その予告動画が公開された。
開発は『ディスティニーチャイルド』を開発したSHIFT-UP。
そのうち1本はスマホゲームで、『NIKKE THE GODDESS OF VICTORY』というカバーシューティングのようだ。

60秒で世界を探索する探索アクション『MINIT』スマホ版、近日リリース。

01
今からおよそ1年前、言い換えると525,600MINITES(秒)前に登場し、瞬く間に話題となった探索アクション『MINIT』が、スマホにやってくる。
本日、Devolver Degitalは「MINITが間もなく(Soon)にスマホにやってくる」ことをTwitterで発表した。
本作の特徴は、1プレイが60秒で終わること。
白黒な世界を60秒だけ歩き回って探索し、そこで手に入れたものや情報を引き継いでまた60秒プレイし……次々と発見を繰り返すアクションゲームだ。

初代『Monument Valley』5周年アップデート実施。お祭りエフェクトと衣装替え機能追加

IMG_8878
だまし絵の世界を旅するパズルとしてヒットし、多くのフォロワーを生んだゲーム『Monument Valley』が5周年を祝うアップデートを実施した。
5周年記念アップデートは5月1日までのお祭りとなっており、花火が上がる記念タイトル画面と衣装チェンジの新機能が追加されている。

メガドライブミニ、予約開始。Wバージョンは売り切れて価格が高騰するも、コントローラー単品予約も決定

03
メガドライブの発売約30年を記念し、手のひらサイズでハードを再現した『メガドライブミニ』の予約がAmazonで予約開始となった。
出力はHDMI、シン内にはメガドライブタイトル40タイトルを収録し、6,980円(税別)の『メガドライブミニ』と、コントロールパッドふたつを同梱した8,980円(税別)の『メガドライブミニ W』が9月19日に同時発売される。
が……もう、記事を執筆している16時時点でWは売り切れて値段が高騰中となっている。

スマホの中でハムスターを飼う『なまはむ』リリース。初期はゴールデン、キンクマ、アルビノ、パンダの4種から選んで飼育可能

01
かわいいハムスターをスマホの中で飼育するアプリ、『なまはむ』がリリースされた。
本作はひたすらハムスターをめでるだけのアプリで、プレイヤーは餌と水さえ与えていれば、ハムスターの健康を保つことができる。
あとはハムスターを観察し、たまに見せるかわいいしぐさを集め、「なまはむビデオ」で再度見返す……そんなアプリになっている。

カルト教団を経営・拡大する『Cultist Simulator』iOS/Android版発売。リリースセールも実施中


ss2
迷信と科学が入り混じる1920年を舞台に、カルト教団を興して拡大するローグライクカードゲーム『Cultist Simulator』が、iOS と Android 向けにリリースされた。
本作は『Sunless Sea』などクトゥルフ神話ものゲームを製作した Weather Factory の作品。
本作は世間の弾圧をやり過ごし、敵対宗教を出し抜き、資金を集めて教団を経営するゲーム。
先行するPC版では、断片的な情報をつなぎ合わせてクトゥルフ神話の物語を想像するストーリーと、経営者の悲哀を味わえるカルト教団経営部分などが好評を集めているようだ。

シミュレーションRPG『ラングリッサー モバイル』予定通りサービス開始。歴代キャラだけでなく、シナリオも収録した新作

ラングリッサー モバイル (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
往年の人気シミュレーションRPGのスマホ最新作、『ラングリッサー モバイル』の日本サービスが開始となった。
本作は歴代ストーリーの流れを引き継いだ物語が展開されるだけではなく、原作シリーズのシナリオや人気キャラクターも収録されており、シリーズ初めてのプレイヤーも、過去作のプレイヤーも楽しめるものになっているとのこと。
最近は開始と同時にトラブルが発生する注目作も多いが、本作は無事遊べている模様。

少し始めてみて、「魔剣アルハザード」がオープニングに出てきてちょっと懐かしかった。
ああ、メガドライブに『ファイアーエムブレム』はないが、『ラングリッサー』はある……なんて語っていた日が懐かしい……。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント