RSS

記事一覧

Apple、Epic Gamesに「Appleでサインインする」機能提供を停止。Epic Gamesアカウントに同認証を利用するユーザーは9月10日までにアカウント情報修正が必要に

2020-09-10_11h54_28
Epic Games は、2020年9月11日以降、Epic Gamesアカウントにサインイン時に“Appleでサインインする”が使えなくなることを発表した。
これは、Apple が Epic Games に対してこの機能を削除するように求めたためとのこと。
これにより、Epic Gamesアカウントで“Appleでサインインする”を使っていたユーザーは9月11日以降はサインイン不可となる。
これを避けるためには、Epic Gamesアカウントのメールアドレスとパスワードを至急更新する必要があるとのこと。

9月9日の新作スマホゲー7本感想。もはや禅。夕日を背に一心不乱にカップインを狙うゴルフ『Golf Odyssey』ハマる

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Golf Odyssey (App Store 無料)
引っ張り操作でボールをショットするゴルフゲーム。
2打以内にボールをカップインできなければ最初から(もしくは広告を見てやり直し)。
雰囲気が良いのと、適度に難しいのとで全20コースを制覇してみたくなる。

『Re:ゼロから始める異世界生活 リゼロス』サービス開始。原作ストーリー+原作者完全監修のIFストーリーが楽しめるアドベンチャーRPG

Re:ゼロから始める異世界生活 リゼロス (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
ss1
人気ノベル『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』を原作としたアドベンチャーRPG『Re:ゼロから始める異世界生活 リゼロス』が App Store / Google Play にてサービス開始となった。
本作は『リゼロ』のキャラクターが登場し、原作のストーリーに加えて、原作と異なる選択をした場合の「もしも」のストーリーを体験できるゲーム。
ストーリーは原作者の長月達平さん完全監修とあって期待度は高い。

AppleがEpic Gamesを反訴。『フォートナイト』の決済回避を窃盗であるとして賠償を求める

2020-09-09_13h14_19
Appleは9月8日、係争中の Epic Games に反訴し、損害賠償を求める訴えを起こした。
これは人気ゲーム『フォートナイト』が独自決済を導入し、これを Apple が規約違反として削除したところ、削除が独占的地位を乱用しているものとして『フォートナイト』を運営する Epic Games が Apple を訴えた訴訟に関するもの。
Apple は『フォートナイト』の独自決済導入が Apple 決済を迂回した窃盗にあたるとして利益の返還を求め、同時に差し止め直前に Epic Game がアプリに実装した独自決済の停止を要求している。

9月8日の新作スマホゲー7本感想。クレイアニメのような映像と、環境音の作り込み。SFサスペンスミステリー『Trüberbrook』がスマホに登場

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Trüberbrook (App Store 610円 / GooglePlay 600円 / Steam 3,090円)
1960年の冷戦中。ドイツの村を舞台としたSFサスペンスミステリー。
ゲームとしては気になる場所をタッチして調べ、アイテムを集めて障害を取り除いていくポイントクリックアドベンチャー。
クレイアニメのようなグラフィックが特徴で、映像面の完成度は申し分ない。
また、音に関しても環境を感じる良い作りで、雰囲気は最高。
App Storeでは動かないというレビューが多いが、iOS13.6のiPad Proでは動作を確認できた。

昭和の香り漂う刑事ミステリー『和階堂真の事件簿 - 処刑人の楔』次回作製作決定。10月8日まで次回作への要望を受け付けるアンケートを実施中

01
昭和の香り漂う渋い刑事ミステリーとして話題になった短編アプリ『和階堂真の事件簿 - 処刑人の楔』。
くたびれたドット絵、無料アプリだが謎解きに正解すれば一切広告が表示されないミステリーマニアの心をくすぐる設計などが話題になった本作の続編製作が決定し、次回作へ向けたアンケートを開始した。
アンケートの回答期限は10月8日まで。
今のうちにゲームを遊んでアンケートを出せば、あなたの意見が次回作に反映されるかもしれない。

神秘のタングラムパズル『Finding..』無料、アイデアファクトリーの乙女ゲー10作が一斉セール - 9月8日の値下げゲーム

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

注目のセール
Finding.. (App Store 250円→無料)
ss1
飛んで行ってしまった花を追う、謎の旅人を描いたパズルアドベンチャー。
進むたびにタングラムパズル(ブロックを組み合わせ、特定の図形を作るパズル)で図形を作ることでマップに橋や建物が出現し、素朴な音楽と共に物語が描かれる。
実質ステージクリア型のパズルゲームなのだが、それを意識させない構成が光る。

iOS/Androidの定額ゲームサービス『GameClub』、事業好調につきPCゲームのスマホ移植開始を発表。まず『Tokyo 42』など3作がサービスに追加予定

GameClub - a new way to play! (App Store 無料 / GooglePlay 無料)01
iOS / Android 向けに展開している定額ゲームサービス『GameClub』は、PCゲームをスマホに移植して自身の定額サービスに追加することを明らかにした。
GameClubは、OSのアップデートや端末性能のなどについて行けず過去の名作アプリゲームを最新のスマートフォン端末向けにオーバーホールして提供する定額ゲームサービス。
Spider』を高画質化して蘇らせたり、『Super Quickhook』などスマホ黎明期の名作を復刻してコアなスマホゲーマーの人気を集めていたが、これからは完全新作やPCからの移植も手がけていくという。
Touch Arcadeによると、これはサービスがプレイヤーの支持を得られ、事業が次の段階に入ることができるようになったから……とのこと。
Apple Arcade以外の定額スマホ向けゲームサービスが軌道に乗っているとは……!

9月5日の新作スマホゲー6本感想。ネットの歴史がまた1ページ……歴史的Flashゲーム『Wonderputt』がiOS/Android向けに復刻される

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Wonderputt (App Store GameClub / GooglePlay GameClub)

スリング操作でボールを飛ばしてカップに入れるゴルフゲーム。
ゲーム自体は普通のパターゴルフだが、カップに入れた時にステージがピタゴラスイッチのように動いたり、変形する演出が秀逸。
Web上でデザイン会社が作った「遊べる広告」として話題になった歴史的ゲームの復刻で、知っておくことにネットの歴史を知るという意味もある。

なぜ未完成で出してしまったのか。今遊ぶにはもったいないApple Arcade『ワールズエンドクラブ』インプレッション

01
本文に入る前に、『ワールズエンドクラブ』をフルに楽しみたい方に向けてお知らせを書いておく。

Apple Arcadeで2020年9月4日に配信された『ワールズエンドクラブ』は、話が途中で終わる。
よって、2021年春予定のNintendo Switch版か、Apple Arcade版のアップデートを待ってプレイすべきだ。
プレイして何ヶ月もたつと、ストーリーの細部を忘れる。それは物語重視のゲームにとって致命的だから、完成版を待った方がよりゲームを楽しめるのは間違いない。

また、本文章は多くのネタバレが含まれる。
「12人の少年少女が地下水族館に連れ去られ、謎のピエロにデスゲームへの参加を強制される」以外を知ると、ゲームをプレイしたとき面白さが減じてしまうかもしれない。
よって、ゲームを心待ちにしている方はこの先を読まない方が良い。

9月4日の新作スマホゲー6本感想。TRPG風の語り口で進むデッキビルド・ローグライト『Mythic the Abyss』発売。リリースセールで370円のところ120円

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Mythic the Abyss (App Store 120円 / GooglePlay 120円)

毎ターン、デッキからカードを引いてスタミナを消費して使用し、敵と戦っていくローグライトバトルゲーム。
敵に勝てればカードが手に入り、そのカードを取捨選択することでデッキを強化していくスレイザスパイア系。というか、ゲームシステムはほぼそのまま、しかしバランスはやや違う感じ。
動作や演出がちょっと重いのが気になるが、ゲーム自体は楽しい。
リリースセールで370円のところ120円で購入可能。

くたびれたドット絵で昭和を描く刑事ミステリー『和階堂真の事件簿 – 処刑人の楔』レビュー。推理を当てれば完全無料で遊べるミステリー好きをくすぐる1作

和階堂真の事件簿 - 処刑人の楔 (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
04
あれは、悲しい昭和の事件だった……。
1981年と1982年のH県K市では、2年連続で電柱につるされた首なし死体が発見された。
そして、1983年。
3度目に首のない死体が発見されたとき、本庁の警部、和階堂が事件の解決に乗り出す。

本日紹介する『和階堂真の事件簿 – 処刑人の楔』は、携帯電話も存在しない時代に泥臭い調査で事件を解決する、昭和の香りが漂う刑事物アドベンチャー。
プレイ時間はおよそ1時間程度。1冊のミステリー小説を読むように楽しめる作品だ。

ジャンル盛りすぎなゲーム『クラフトピア』がSteamで早期アクセス版の配信を開始。 クラフト農業ハクスラ自動化建築マルチ対応オープンワールドサバイバルアクション

01
株式会社ポケットペアより、クラフト農業ハクスラ自動化建築マルチ対応オープンワールドサバイバルアクション『Craftopia (クラフトピア)』がSteamにてリリースされた。
やたらに長いジャンル名だが、本作は本当に人気・流行のゲームをすべて合わせた……恐ろしいほどのごった煮ゲーム。
マルチプレイでは1人は畑作業、1人は建築、1人は狩りと作業分担して遊ぶこともできるし、みんなで同じことをして遊ぶこともできる。
価格は定価2,570円だが、9月12日まで2,313円で購入可能となっている。

『プロジェクトセカイ feat. 初音ミク Rehersal』iOS/Android向けに配信開始。プロジェクトセカイが一足先に体験できる

プロジェクトセカイ feat. 初音ミク Rehersal (App Store 無料 / GooglePlay)
01unnamed
初音ミクも登場する新しいリズムゲーム『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』の体験版、『プロジェクトセカイ feat. 初音ミク Rehersal』が App Store / Google Play で配信開始となった。
本作は『バーチャロン』などの代表作を持つSEGA、リズムゲーム『 BanG Dream!』がヒット中のCraft Eggと参加開発スタジオColorful Paletteによる新作リズムゲーム。
3DMVとともにリズムゲームを楽しめるだけでなく、全国のプレイヤーと一緒にライブを体感できる機能を持つ新しいリズムゲームになるという。
体験版では“ヒバナ -Reloaded-”、“Tell Your World”“スイートマジック”を収録し、バーチャルライブ機能も利用できるという。

『極限脱出』打越鋼太郎×『ダンガンロンパ』小高和剛の新作『ワールズエンドクラブ』、Apple Arcadeで配信開始。12歳、12人の少年少女が1200kmの旅の中で殺し合い…?

ss3
シナリオとディレクションは『極限脱出』シリーズを手掛けた打越鋼太郎さん、クリエイティブディレクターは『ダンガンロンパ』シリーズの小高和剛さん。
そして、その題材はお得意の“デスゲーム”のようだ。
イザナギゲームズから、『World's End Club -ワールズエンドクラブ-(以下、WEC)』が、Apple Arcade向けに配信開始となった。
本作の過去に『デスマーチクラブ』として発表されていたものだが、名前を変更。
現在は Apple Arcade 限定だが、2021年春にはNintendo Switch版がリリースされる予定となっている。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント